無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年1月 1日 (月)

新年あけましておめでとうございます

穏やかな晴天の幕開けとなった新年です。

初日の出は お寝坊して見られなかったのですが、

LINEで友達が送ってくれた「初日の出」と「朝焼けの美しい富士山」を拝みまして、

とりあえず goodっていう感じで!

           fuji

ご先祖様と亡き夫へのおせちをミニ重箱につめてお仏壇にお供えし、

豆乳甘酒とバナナヨーグルトの朝食(お正月らしくないけど毎日の習慣で外せない)後、

元旦恒例行事、初詣に行ってきました。

車は渋滞が予測されるので、運動を兼ねて歩きです。

大正解でした。

神社から2キロほど全く動かない車の列を横目にスタスタと神社に向かうと、

入口の鳥居前から今度は人の列、毎年のこととはいえ、賑わってました。

神社に到着してから、本殿前でお参りするまでに40分もかかってしまいました。

それプラス往復2時間のウォーキングで元旦の行事終了。

     happy01

お昼にお雑煮と頑張って作ったおせち料理をいただいて、

まっ!平和なお正月です。

2017年12月31日 (日)

大晦日

しとしと雨が降って、住宅街の通りには人が影もなく、

たまに車が通り抜けるだけの静かな大晦日です。

おせち料理もほぼ作り終えたので、

今日は大晦日の街の雰囲気に浸りに行こうかなと思ったけど、

冷たい雨に出ばなをくじかれ、家でゆったり過ごすこととしました。

     confident

伊達巻、錦卵、栗きんとん、豆きんとん、田作りに鶏の照り焼き、

海老芋とレンコン・人参・ごぼう・こんにゃくのお煮しめを取り合えづ作りました。

お雑煮用のお餅は実家近くの産直のお店で

親戚の農家の杵つきのを偶然見つけたので購入。

元旦のお雑煮は懐かしいふるさとの味を楽しめそうですdelicious

 

 

2017年12月30日 (土)

思うこと

歳末のスーパーマーケットは多くの家族連れで賑わっている。

惣菜売り場は大皿のオードブル盛り合わせ、お魚売り場ではお刺身の大皿盛り、

お肉売り場に行けば、大きな塊肉や大皿のすき焼き用の肉等々。

どの売り場も家族で囲む為の食材が並ぶ。

<食卓を家族で囲む> そんなことは もう私には 無縁なこと。

若干の疎外感を持ったりする。

だからと言って、

 「寂しいのか?」 と 問われれば、

 「別に・・・、そんなことはないよ」 と 多分私は答えるだろう。

正直言えば、全く寂しくないわけではないけど、

特別寂しさは感じていないのも事実。

でも、大体そんなことを考えること自体が、やっぱり、寂しいからな。

しかし、それを認めてしまうと 悲しすぎると思うから 

防衛本能みたいなものが働いて、寂しさをどこかに追いやっているのかも。

           think

などと 愚にもつかないことを考えたりしながら、スーパーの売り場を回る。

この一年を振り返ってみれば、だれか助けてと思うこともあったけど、

楽しいこともいっぱいあったし、幸せを感じることもいっぱいあった。

寂しさや悲しさを思うことのほうが圧倒的に少なかった。

夫も 夫亡き後、お正月を共に過ごしてくれた母も逝ってしまい

昨年から私は一人でのお正月を過ごしている。

世間一般でいう、「盆と正月は家族で過ごすもの」というものが、私には重いが、

一人で迎えるお正月にも、それなりの幸せを感じて過ごしている。

         confident

最近は一人用のおせち料理も売れ行きが良いとか。

どういう状況で一人なのかは人それぞれ違うのだろうけど、

<ひとりのお正月も気楽でいいよ!> って 思う。

2017年12月26日 (火)

♪も~、い~くつ寝ると お正月

昨日は夫の、今日は母と兄のお墓参りに行って来た。

母と兄は同じ墓地に墓があるので、いつも一緒にお参りしてくる。

この一年間無事に終わりましたと報告し、見守っていてくれた事に感謝の意を添えて、

手を合わせた。健康で一年過ごせたことは何よりありがたいです。

お墓参りが終わると身が清められたのか、すがすがしい気持ちになる。

                confident

お墓参り帰りにおせち料理の材料とお正月のお飾りを買ってきた。

一人の年越しとお正月だから、特別用意することもないといえばないのだが、

やはりそれなりに過ごしたいと思う。

やっぱり、玄関に正月飾りを飾って、

お正月のお花を活けて、

おせち料理とお雑煮を食べないとお正月気分になれないものね。

明日からは少しずつおせち料理の準備をしていくつもり。

伊達巻と錦卵、ごまめときんとんと黒豆、煮物、焼き物・・・

今年は何品出来るかなーhappy01

2017年12月17日 (日)

クリスマスコンサート

今日は老人介護施設にてクリスマスコンサートでした。

10月に行った私たちのコンサートを見た介護スタッフの方からの依頼で

今日のコンサートとなりました。

普段はオペラの演奏ですが 今回はお年寄りの皆様に喜んで頂けるよう、

「たき火」や「ペチカ」「雪やこんこん」他の冬の歌メドレーや

xmasきよしこの夜」「荒野の果てに」といったクリスマス曲、

勿論、私たちの勉強しているオペラも。

皆様なじみの曲「カルメンのハバネラ」を合唱付きで・・・ソロは私、歌ってきました。

最後は会場の皆様と一緒に「手のひらを太陽に」「しあわせなら手を叩こう」などなど。

    (^^♪

皆さんとても楽しそうにいっしょに歌ってくれたり、体を動かしてくださり、

こちらも幸せを頂きましたconfident

音楽を通じて、会場の皆様と一つになれたことがうれしかったです。

明日への活力を頂いた一日となりましたgood

2017年11月20日 (月)

寒いです

いつの間にか、冬か。

衣替えでタンスの中身を入れ替えてはあるものの、

その時はまだ日中暑いぐらいだったので、

まだセーター類は出してない。

なのにこの寒さ・・・ブルブル。

仕事をしていても 気が付くと寒くて肩に力が入っている。

今日の仕事は、いつもの倍疲れた気がする。

       ふ~!

さすがに寒さに耐えられず、

夕食時には今年初、ホットカーペットの電源を入れた。

いつまでも暖かかったから、油断してた。

風邪引かないように 明日、朝一にニット類の準備しなくては。

考えてみれば、もう11月も後半だものね。

寒くなって当たり前。

だけど、年ごとに季節感が無くなってくるような気がするな。

2017年11月 6日 (月)

気持ち新たに!

やっとパソコンを」買い換えました。

前のは7年も使っていたので、新機種には浦島太郎状態coldsweats01

機能の変化についていけず、何をするにも四苦八苦。

以前買った時には 分厚いマニュアルがついていたけど、

今回のは何もない。

ただでさえ、PC慣れしていない私にとっては、メールの開設だけでも一苦労。

脳の活性化には、良かったかもgood

      pc

前のPCから新しいPCへのセキュリティ設定も無事に移動出来たし、

でも、これでやっとサクサク仕事が出来そう。

shine

やっぱり、新しいのはいいね!

なんとなく気分も軽やかにwink

再スタートです!

2017年9月29日 (金)

気を取り直して

昨日は 仕事で思うような評価が得られなくて、

心が折れそうになって やる気も失せてしまったけど、

一晩明けて、スカッとした朝の空気に触れたら ちょっと気分が変わった。

   upconfident

以前、ある歌舞伎役者が語っていた事を思い出す。

舞台では誰もが主役をはれる訳ではない。

主役が居て、脇役が居て舞台は成り立っている。片隅のどんなどんな小さな役でも、

舞台にとっては大事な役どころ。

だから、僕はいつも全力でぶつかる。与えられた役の中で精一杯の仕事をする。

     good

公演後、彼は主役の役者から「いい演技だったよ!」 と 褒められ、

その後、練習の舞台ではあるけど、主役の代役の仕事を与えられたという。

・・・

そうなんだよね、忘れてた。

まずは 今出来る自分の仕事をしっかりやろう。

2017年9月28日 (木)

明日はどっちだ

一生懸命やっているのになー。

なかなか報われないというか、思うようにいかない。

方向がまちがっているのかなー。

3っ日前からかなり気合を入れて準備し、プレゼンしたのに、   

さらっと流されて、撃沈された気分。

夢を見過ぎか?

高望し過ぎか?

それとも期待し過ぎなの?

   think

そうか、<それよりも、もっとやらなければならないことがあるだろう> ということなのね。

でも、<ショックは隠しきれないぞ>っと。

今は やけ酒飲んでる。

・・・

気を取り直して、やるしかないかup

 

それにしても最近、逆風ばかりだなー。

逆風ばかりだと 向かう方向が分からなくなるよ。

明日はどっちだ!

2017年9月20日 (水)

少し早いけど

最近、よく目に留まるのが「終活」の文字。

・・・まだ早い気もするけど。

   confident

母が逝ってしまった時、

<あー!お母さんが元気なうちに実家を処分出来て良かった>と思った。

押し入れから出てくる懐かしいものを見つけ出しては、

母とあれこれ思い出話に はなを咲かせた。

ひとつひとつ、「これは いる?」「処分する?」と 母に確認しながらの作業は、

何日も実家に通って、行った。

毎回たくさんのゴミ袋がいっぱいになるこの作業は、

大変だったけど、母のこれまでの人生を見ることが出来たような気がした。

今思えば、いろんな話が出来て、楽しかったな~。

  confident

それに比べ、亡くなった後の片付けは切なさだけが残った。

母が大事にしていたものを処分しなければならないのは、何とも辛い作業。

どうしても捨てられなくて、私の家に持ってきてしまったものもたくさんある。

困ったものだ・・・夫のそれもまだ抱えているというのに

  think

実家の処分の時、思ったのは、私にはこうして片付けを手伝ってくれる子供がいないから、

元気なうちに身軽にしておかないと、大変な事になるということ。

この片付け作業は 肉体労働でもある。

 

思い出の品を捨てられない私の家には、

見方を変えれば、不要なものばかりだ。

元気に動ける今のうちに身軽になっておかないと・・・。

   think

ここらで本当に心を切り替えて、少しづつ処分しなければと実行に移している。

ゴミの日に洋服一枚、本1冊などと、実に少しづつだけど、

<思い出は心の中だけで いいんだ。うん・・・それでいい!> と

心の中で呟きながら・・・coldsweats01

  笑っちゃうけど、これが私のささやかな終活。

昨日より、今日は少し身軽ですgood

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31