« 合格! | トップページ | 柔らかな手 »

2015年6月 4日 (木)

明日への一歩

日が西に傾きかける頃、いつものジョギングスタイルにお着替え。

軽い準備体操をして、いざ、出発。

 

夫を亡くし、持って行き所のないどうしようもない感情をぶつける為に始めた

ウォーキング。

それが一年ほどしてから、スロージョギングへ。

無心に歩く(無心と言ってもなかなかそうもいかず、何かを考え続けているけど)、

呼吸を整えることにだけ集中して走る。

体を動かし、汗を流すと心のもやもやが消える。

走りきった達成感が 前向き思考を呼び起こす。

それがもう7年も続いていると思うと 我ながら感心する。

 

初めの数年は 流れる涙を包み込むかのように汗が流れた。

負けないぞ!> と 自分に檄を飛ばしながら走った時も。

いろんな汗を流してきたけど、

たくさんの涙と汗が 私の悲しみを明日への活力に変えてきてくれた気がする。

走りに行けない日が続くと 立ち直りが遅い。

結構、単細胞な私なのかもしれないcoldsweats01

 

今は 一人生きていく為には体が基本と 体力作りの為に走る。

夢に向かって生きる為の一歩、一歩はたとえ疲れても、その足取りは軽い。

 

今日も頑張りました!scissors

と 声を上げ、玄関の扉を開け、帰宅の挨拶。

誰の返事も無いけど、私の心の中には

[お帰り~!] と 笑顔で迎えてくれている夫の声が聞こえる。

 

« 合格! | トップページ | 柔らかな手 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

四年前に夫が亡くなり、おめめさんのブログを泣きながら読んでいた者です。

その間、おめめさんはお仕事、オペラ、ジョギングと色々挑戦なさって、良い生き方をしていらっしゃいましたね。

私もそれなりに頑張ってきたのですが1年半前に鬱病になり、去年五ヶ月も入院してしまいました。
今は家事も出来なくなり、ヘルパーさんと看護師さんに家に来てもらってどうやらこうやら暮らしています。

ところが先日我が家に来てくれていたヘルパーさんが三ヶ月に渡り、お金を盗んでいることが発覚して、ただでさえ弱い心がずたずたになってしまいました。
信頼していたヘルパーさんだったのでまだ立ち直れないでいます。

おめめさんは今までも日記を読ませて頂きましたが、本当に立派です。
私も一日も早く立ち直れるように頑張りたいと思います。

香さん、コメントありがとうございます。
人の弱みに付け込んで、
ひどいことをする方がいらっしゃるものですね。

いろいろ大変な事が重なってしまい、
本当にお辛いご様子、お見舞い申し上げます。

配偶者の死がこれほどキツイとは 私も経験するまで、思ってもみなかったです。
香さんのように体調を崩される方も多くいらっしゃるとか。
あまりご無理をなさらないでくださいね。
夫が逝ってしまってから、迷い道をさ迷い歩くがごとく生きてきた私、
こんな私がアドバイスするのもおかしいかもしれませんが、
いつまでに立ち直れたらいいとか、
遅いからダメだとか言う問題ではないと思いますので、
ご自分のペースでゆったりと歩いていってくださいね。
いっぱい頑張ちゃった時は、自分を褒めてあげてゆっくり休んで、
時には立ち止まって、大泣きしたりも有りじゃないですか。
一呼吸置くって、とっても大切なことだと思います。
香さん流の一歩、一歩。
「Low から スタート」で!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/61695078

この記事へのトラックバック一覧です: 明日への一歩:

« 合格! | トップページ | 柔らかな手 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ