無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

変な夢から

2013年大晦日の朝は 変な夢を見て目覚めた。

<今年〆日に こんな夢を見るなんて、一体何なのだろう?>

目が覚めたあとしばらく考えてしまった。

 

夢の舞台は 亡くなった夫の実家。

夫の両親が亡くなり、住む人のいなくなったこの家を

夫が亡くなるまでは夫と二人で仕事の休みの度ごとに行って、

庭の手入れをしたり、畑の草刈りをしたり、

家のお掃除をしたりして管理してきた家だ。

夫の両親との思い出もさることながら、

亡き夫との楽しい思い出がいっぱい詰まっている。

しかし、夫の死後、この家を 一人で管理維持していくのは到底無理。

不本意なところも無かった訳ではないけれども、

これが一番いい選択だと、私は泣く泣く、この家を手放した。

 

夢の中で私は 夫の両親にこの事を伝えたら、叱られるのではないかとびくびくしている。

何かあるとストレートに怒りをあらわにする両親だったので、

気が気ではなかった。

そのうち、何も知らない両親は眠りたいというので、私はお布団の用意をした。

しかし、パジャマがない。

両親が亡くなってから、何年かのちに着るものは、

夫と二人ですべて処分してしまったからだ。

義父は ”あそこにしまってあるはずだ” という。

<これまた困った!> と ドキドキの私。

<何も無い事が分かったら、また怒鳴られるだろうな?>

 

何とか夫に連絡をしようとするのだが、

どうしても夫の携帯の番号を押すことが出来ない。

何度やっても、上手くいかないのだ。

次第に焦りが増してくる。

<どうしよう?>

 

昨夜セットした目覚まし時計が鳴る30分前に 

目が覚めた。

寝起きの気分は最悪。

<何だろうこの夢は?>

<まっ! これは夢だから気にしないでおこう。

    昨夜寝る前に ネットでファッション通販のページをいろいろ見ていたから、

     着る物の夢を見たんだろう。

    幸いにもあの怒りっぽい夫の両親も 何も言わなかったことだし・・・>

 と 自分を慰める私。

それにしても、どうしてあの時なぜ、夫に連絡が取れなかったのだろうか。

やっぱり、夫はもういないということなんだろう、

何があっても、 

自分で考えて自分でやっていかなくてはいけないということなんだろうね。

     ・

     ・

     ・

 

でも、今こうしてブログを書きながら頭に浮かんだのは、

お正月を前に 家族みんなでお正月を迎えたかった夫の両親が

今度は我が家に 来たのではないかということ。

     confident

夫と結婚して、二年後に相次いで亡くした夫の両親だったので、

たった二回しか、夫の家族とお正月を過ごした事は無かったけど、

みんな揃って、新年のあいさつをして、

おとそを頂き、

手作りおせちをつまみに お酒を飲み、

義母の作ったお雑煮を頂き、

みんなでゲームを楽しんで、

これぞ、日本のお正月みたいな時を過ごした。

夫の実家ということで 嫁となったばかりの私としては ちょっと、緊張だったけど、

<そんな時も あったなconfident

と 今としては懐かしい。

 

仕事から帰った今日は、少しだけだけど、

頑張って、おせち料理を作った。

伊達巻きに錦玉子、ごまめに黒豆、そして紅白なます。

それと鶏の照り焼き。

 

・・・心の中だけになっちゃったけど、

      明日は みんなで新年を迎えようねconfident

2013年12月26日 (木)

ラストスパート準備OK!

いよいよ年末!

仕事のラストスパートに向けて、

今日は私的な用事を済ませてきた。

 

朝一番でお墓参り。

この一年いろんな事があったけど、

取り合えず病気もせず、無事過ごせたことに感謝を伝えてきた。

帰りに農協の直産市場で玄関に飾るお正月用〆飾りと年末年始のお野菜を購入。

お飾りは28日か、30日に飾りつけようと 

帰宅後、玄関周りの大掃除を。

 

午後は、

いつも行っているスポーツクラブでお世話になっているインストラクターが

今日退職の日を迎えるので、クラブに顔を出す。

トレーニングの後、

仲良しのメンバーたちとインストラクターの来年からの新たなスタート成功を祈って、

一本締め!

”よ~ぉ!パン” 

このスポーツクラブは 一人暮らしの私にとって体を鍛える場だけでなく、

インストラクターや仲間との何気ない会話が癒しを与えてくれる憩いの場でもある。

このインストラクターの素敵な笑顔に何度救われたことか。

<ありがとう! これからも素敵な人生を送って欲しいな> と 心から思う。

 

今日の〆は リラクゼーションルームでのマッサージ。

体調を整えて、明日から仕事納めに向けて

”いざ出陣!” で~す。

2013年12月25日 (水)

あと六日ね!

師走の名の通り、本当に12月はあっという間に走り抜けていくかのように、

日が過ぎて行き、残すところはあと六日。

今年も31日までというか、元旦のお昼まで仕事。

特に30日から元旦までの3日間の仕事がチョー!キツそうなので、

仕事から解放されるお正月が 今から待ち遠しいconfidentです。

・・・しかし、このスケジュールって、一人者ならではですよね。

 

まあ、健康で歳の瀬まで目一杯働けるという事は幸せということで、

良しgoodとしましょう。

2013年12月19日 (木)

いい事いっぱい

昨夜は声楽の先生のスタジオのちょっぴり早いxmasクリスマスパーティー。

一部はコンサート、二部はディナーを楽しみながらのミニコンサート。

幸せをいっぱいもらって帰ってきましたconfident

   ♪

ホテルのチャペルで♪きよしこの夜♪を歌いながら登場する

真っ白なエンジェル衣装の子供たち。

パイプオルガンの伴奏にのった透き通った歌声に感動です。

続いて先生の心温まる歌に引きつけられました。

いつしかとっても幸せな気分に包まれている私がいました。

心が洗われたようなひと時を与えてもらえたことに感謝の気持ちを覚えました。

   ♪

続いてお待ちかねのdeliciousフルコースディナーです。

まずは乾杯wine

美味しいお酒と共に素敵な仲間たちとの語らいながらのお食事。

ステージではまたまたエンジェル達の歌にダンス。

自然と微笑みがこぼれます。

最後にお楽しみ抽選会です。

いい事いっぱいの本日の〆は、

アマ~イdeliciousドルチェが当たりましたgood

   ♪

冷たい雨の降る昨夜でしたが、

身も心もホットにしてもらい、

素敵なお土産までついた幸せな一日になりましたheart04

 

2013年12月12日 (木)

ミニコンサートに向けて

2月にオペラを楽しむ会のミニコンサートがある。

当初は前回10月にあったコンサートでの不出来な自分に嫌気がさして、

どうも歌う気になれなく、歌いたい曲も見つからなかったので、

今回はパスするつもりだった。

   あれから、個人レッスンも受けていないし・・・think

 

しかし、歌に関してはかなり凹んでいたそんな時、

ネット検索でいろいろな歌を聞いていた時に「これぞ!」というのが見つかった。

       ♪

その曲を聞いていたら、グイグイっと引き込まれるものがあって、

自分も歌ってみたくなった。

「よーし! これだ!good

久しぶりにやる気が湧いてきた曲だった。

音域も自分に合っている。

偶然にも、持っている歌曲集の中にあった。

<どうして今までこんないい曲を見落としていたんだろうconfident

   それにしても、歌の力ってすごいなー!

          ・・・こんなに気分が明るくなり、力が湧きでてくるなんて!>

      ♪

早速、練習を開始して、

昨日、個人レッスンでみてもらった。

少々リズム音痴の私の為、リズムの直しを指摘されたけど、

十分直せる範囲good

何とか行けそうな手ごたえを感じるいいレッスンが出来たので、

今後、その辺を克服するレッスンをしてミニコンサートに臨む事にする。

     ♪

来年の10月のコンサートは、ヴェルディ―特集。

ヴェルディーオペラのガラコンと

歌曲集からのソロなど、盛りだくさんの企画がされている。

来年度はコンサート運営役員なので、

仕事以外の日々は、

またまた歌に振り回される一年になりそうだ。

2013年12月 7日 (土)

また新たなスタートだね

数日前まで天気予報では傘マークついていたにもかかわらず、

今日は澄み渡る青空のいいお天気sunとなり、

無事、夫の七回忌法要を済ませてきました。

      confident

昨日まで肩に重くのしかかっていたおもりが取り除かれような気分です。

やはり、こういうことを施主として取り仕切るのは、気分的に重圧ですね。

今はひと仕事終えたような、安堵の気持ちです。

      confident

夫亡き後、また一つの区切りを迎え、

ここからまた何度目かの「新たなスタート」を感じています。

 ”思い出を大切にしながらも、

 後ろを振り返ることなく、

 過ぎ去った事に振り回されることなく、

 心の安定を保ちながら、「私のこれから」を行く。

 

 行く先の不安を考え始めたらきりがない。

 不安になったら足元を見て歩こう。

 足元の一歩が明日に繋がっていくんだ。

 一人を恐れるな。

 人は何処かで誰かと繋がっている。

 安心して!

 そして、何よりも私には何処かでいつも見守ってくれている

 強い味方がついている。

 

 「明日はどっちだ!今、私はどうしたらいいんだろう?」と

 心迷い、自分の歩むべき道が見えなく、

 下半期は逃げ道を必死に探し続け、全然進む事が出来なかった今年だったけど、

 今日を機にまた新しいスタート切ろう!”

 

などと 心の中に今の想いが湧きあがりました。

今日の法要で、夫や義父母たちに「生きる勇気」をもらったようです。

 

 

2013年12月 6日 (金)

気がつけば12月

あれこれと忙しくしていて、ブログの更新も後回し。

気がつけば、もう12月も一週間が過ぎようとしている。

明日は夫の七回忌の法要。

      confident

お寺さんへ法事の出席者人数の電話を入れ、

お供えのお花を買って、

お供えのお菓子を買って、

先に手配して置いた、法事のお返しの品の確認。

法事後のお食事のお店の確認。

お布施の用意とお寺に納める七回忌の記念品の確認。

お墓参り用のろうそくとお線香。

そうだ!  

着ていくもの準備もしておかなくちゃ・・・。

お数珠に靴もバックもね。

あー! ここまで少しづつ進めてきたとはいえ、

   何もかも一人でやるのはやっぱり精神的に疲れる。

       sweat01

明日は朝一の法要。

3人分(義父母の二十三回忌も一緒に行う為)のお位牌と写真は

明日の朝、ふくさに包もう。

今から準備したら、息苦しそうだから。

 

明日はお寺に行く前に駅に遠くから列席してくれる甥を迎えに行き、

そのままお寺に向かう。

無事、法要を終えられることを祈っている。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31