無料ブログはココログ

« イベント終了 | トップページ | 寒くなりました »

2013年11月 9日 (土)

過ぎ去りし日々

今年のカレンダーも残り少なくなってきた。

年が明ければ、夫の七回忌。

あれから、丸六年が過ぎようとしているのかと思うと 

<過ぎ去り日々は早いものだな> と 思う。

 

松の内に法要というのも慌ただしいので、七回忌も年内に行うことにした。

(三回忌の時も年内に行った)

今年は12月に亡くなった夫の母の二十三回忌もあるので、

和尚様と相談して、夫と義母の法要を12月の初めに一緒にということになった。

本来なら七回忌までは法要を単独で、というのがいいのかもしれないけど、

母思いの夫だったから、「僕もそれでいいよ」 と 言ってくれていることだろうと思う。

 

7年を迎えようとするのに 夫のことを思い出さない日は無い。

日常のちょっとした場面で夫が思い出される。

さすがに涙に明け暮れることは無くなったけど、

<あー、夫が傍に居てくれたらなー!> と 思う事は、よくある。

何気ない話が心を和ませてくれた夫と一緒に居た日々は、

今私の心の中だけのものになってしまった。

一人で起きて、

一人で食事をとり、

一人で買い物に行き、

一人で庭の手入れをし、

仕事が休みの時も一人で過ごす。

感動を分かち合うことも無く、家の中で笑うことも無くなった。

それでも毎日、夜寝る時にはクタクタでベッドになだれ込むような状態まで体を動かし、

夫のいない味気なさを埋めるがごとく、仕事に趣味に運動にと時間を埋めている。

 

楽しいことが無い訳ではないが、

気分が盛り上がらない日も多い。

いろんな事をして、心の隙間を埋めようとしてもそう簡単ではないようだ。

「何かを求めて、空回り」 今年後半の6ヶ月はこんな感じだったかな。

 

そんなこんなの日々だけど、夫を亡くした後の数年間に比べれば、

ここ数年間は どんなにか人生を楽しめるようになったことかと思う。

<でも、ここに夫が一緒だったら・・・>って つい思っちゃうんだよね。

 

まあ、ここから先、楽しめても楽しめなくても、

自分で「これでいい!」 と 思える日々を送っていきたいね。

« イベント終了 | トップページ | 寒くなりました »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

おめめさん、こんばんは。今日はグンと寒くなりましたね。
もうすぐご主人の七回忌とのこと。時が経っても思いや思想が引き継がれていることが、その人が生きているっていうことだ、と思っています。これからもおめめさんのように、繰り返し繰り返し、夫のことを思い出していきたいです。
それでも、どうしていいか分からない位、辛い時もありますよね。私は死別後、話して大丈夫な人とダメな人が分かれるようになりました。
そして、大丈夫な人にさえ、依存心や甘えをを感知されるかもしれないと、警戒しながら接しています。
そんなふうに気負って生きてると、疲れちゃいますねcoldsweats01
でも、辛い気持ちを抱えながら前を向いて歩く人が他にもいること、おめめさんに教えてもらっているし、虚しさにとらわれる時にはおめめさんにも思い出してもらえたらな、って。
長くなってすみません。少しでも元気出してほしくて、うまく表現できませんがまたコメントさせていただきました。

tomcatさん こんばんは。
励ましのお言葉ありがとうございます。
めげずに頑張ります!
happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/58507786

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎ去りし日々:

« イベント終了 | トップページ | 寒くなりました »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30