« 素敵な春の一日 | トップページ | Come sta? »

2013年4月12日 (金)

撃沈

昨日の歌の個人レッスンは最悪weep

発声が上手く出来なくて、ワンフレーズ歌うごとに

「違う!」と言われる。

また一音声を出せば、

「力で押してはダメ!」

自分なりに<こうかな>と声を出せば、

「眉間にしわが寄るよってる、もっと自然に」

一音発声すれば、またダメだしされる。

機関銃のように先生の口から注意の言葉が容赦なく飛んでくる。

・・・もう何が何だか分からなくなって来る私。

思うようにというか、先生の言うように出来ない自分が

だんだん情けなくなってきて、

泣けてきた。

 

「もうダメです、出来ません。

 今日はレッスンこれで終わりにしてください」

と言って、帰りたいところだったけど、

ここで逃げてしまったら、自分には何も無くなってしまう気がした。

せっかく手に入れた私の居場所が無くなってしまうかもと思うと

また、泣けてくる。

<歌も私を見離したかのように、私を拒絶するのか> と

頭の中は完全に大パニック。 

こんな雑念だらけでは、先生の言うようになど出来るはずもない。

<頑張れ、泣いてる場合じゃないゾ!>

<逃げるな! 大きなおめめ>

と 心の中で自分に檄を飛ばした。

そんな私だったにもかかわらず、先生は変わらず時間終わりまで、

きっちり御指導してくださった。

だけど、ホントに、

初めて味わう自分にとってキツイレッスンだった。

 

オペラの会に入会した去年は こんなに厳しく注意されることはなかった。

良く考えれば、もっといい声が出せる見込みがあるから、

先生も徹底的に御指導して下さっているのだろう。

上手くなる為に越えなければならない関所みたいなものかも知れないと思えば、

また頑張れるかなthink

でも、さすがに昨日は凹みから抜け出せず、

今日もまだ引きずっている。

・・・もちろん声を出すことさえ出来ないでいる。

 

こんな時は一休みに限るっていう事なのかな。

変に自分で練習すると、発声がもっと変に固まってしまうかもしれないから、

取り合えず来週の個人レッスンまで、

歌の事は忘れて、気持ちが前向きになることだけを待とうと思う。

« 素敵な春の一日 | トップページ | Come sta? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

おおきなおめめさん、一休みしましょ。

友人が常々言っていたこと。「生きた証を残そう」、誰しもが思い浮かべる目に見えるものとしては「子供」。でもそれ以外にもたくさんありますよね。一生懸命何かに励めば結果として「証」になると思うのです。ある友人(歯科医)は今度ボランティアで海外で活動をすると言ってました。それも「生きた証」。

私は人生最大の大仕事を終え、何をすればいいのだろう...、この先私に何かできることがあるのだろうか...、と思っていました。

おめめさんがオペラに励んでいることは、私に目標を持たせてくれました。以前から目標としていたことをいつかまた頑張ろうと。それは趣味としているペーパークラフト。作品を販売するとか、教室を開くという夢。その夢の実現に向けて、少しずつ準備をしていた。12月からは教室も休んでいるし、今だって道具にも触れるどころではない。でもいつかまたやりたい、そして夢を叶えたい。色使いをアドバイスしてくれる主人の姿は見えないけれど、私にだけ伝わるようにアドバイスをくれるはず。

おめめさんも頑張り過ぎないで、時には休みましょ。好きな飲み物と、食べ物と、音楽と。温かい日差しの中でまったりとした時を過ごすのもたまにはいいと思いますよ!

大切なことを書き忘れました。

おめめさんのこのブログは、おめめさんの「生きた証」の一つだと思っています。何人の、何十人の、何百人の人が励まされ、元気をもらっていることか。

だから頑張り過ぎない、思いつめないでくださいね。ブログの更新がないと、いかがされているのかな...と気になったりします。心配になったりします。顔も知らない、声も知らない、活字だけのやり取りだけですが、おめめさんのことを想っています。

mandamさん こんばんは。
励ましのコメント ありがとうございます。

成功を手に入れる事がすべてではなくて、
それに挑戦する心が大切と思えば、
もう少し頑張れるはずなんだけど、
あれもダメ、これもダメと八方ふさがりのように注意され、
気力もすっかり萎えてしまいました。
そうすると自分のすべてが否定されたような気分になってきて、
もう、その後は凹みの一途。
〆は
<やっぱり、一人なのか> というところまで。
考えなくてもいいところまで、行っちゃって。

・・・疲れてたのかなー。
ちょっと一呼吸ですね。
別のことをして、気分転換をします。

mandamさんの励ましに 元気を頂きましたgood

少しでも元気が出たなら嬉しいです。

人は人に支えられている。独りぼっち、と思う時もたくさんありますが、でも決して一人ではないんだと思いますよ。時には人に甘えてもいいのではないでしょうか。「ちょっと頼られると嬉しい」と思っている人がおめめさんの周りにもいるはずです。それに、おめめさんのダーリンだってすぐそばに居て、見守ってくれています。おめめさんだってそれを感じているはずです!姿こそ見えないけれど、心はつながっているのです!

おっしゃる通りですね。

傍に居なくたって、何処かで誰かが支えてくれているから、
今、私はここに立っていられる。
心の繋がりを信じて、生きる事が心歪みを無くしてくれるかもですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/57158537

この記事へのトラックバック一覧です: 撃沈:

« 素敵な春の一日 | トップページ | Come sta? »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ