« 気分が今一 | トップページ | コップの水 »

2013年2月18日 (月)

これが私の道だから

ふ~!やっと、着いたsweat01

ミニコンサート、打ち上げを終えバス停へ行くと、

バスは出たばかり。

次のバスはと時刻表を見ると、一時間後。

郊外の住宅地の我が家行きのバスは夜になると極端にバスの本数が少ない。

<空タクシーは来ないし・・・歩くしかないか>

てくてくと歩き始めた。

 

<一人暮らしの私には、誰が迎えに来てくれる訳でもないから、

     これしかないなんだよな~>

そういえば、昨年のこのコンサートの後もこうして歩いて帰ったような・・・。

暗い道を一人でとぼとぼと歩いていると、

これが私の人生そのものみたいな気がしてきた。

何があってもそれしか選択肢が無いのならば、やるしかないんだよな~。

 

夫や子供の話しに花が咲く席、

・・・夫は死んじゃったし、子供はいないし、話す事ないな~。

でもそれを愚痴っても何も変わらないし・・・。

家族との茶の間の話題、

・・・家族居ないしな~。

一人暮らしだから、しょうがないし・・・。

家に帰っても、一人で ”コンサート、どうだった?”って、聞いてくれる相手も居ないくて、

何とも虚しいものがあるけど、それを嘆いても何も変わらないしな~。

祭りの後の寂しさは 少々堪えるけど、

何かで気を紛らわさすしかないかー。

会話に入れなくて、微笑みを浮かべて聞き役に徹するしかなくても、

どんなに寂しくたっても、

これが私の道だから今日のように歩くしかないんだよね。

 

疲れてて、ホントは歩きたくないけど、

一歩一歩進んでいたら、少しづつ我が家に近づいている。

寒くて、いつものウォーキングシューズじゃないから足も痛くなってきたけど、

<我が家までもう少しだ、頑張ろう!>

って、何度も自分を励まして、無事家に着いた。

     ・ 

     ・

     ・

これが私の道だから、その道を歩く。

 

  私の人生、悲しくたって、凹んだって、

     この道しか私にはないんだから、歩く。

       嘆きはここだけ。

    いい事だって、いっぱい待っているんだから、

         自分で見つけなきゃ!

« 気分が今一 | トップページ | コップの水 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

家族がいてもお互い会話がなくて寂しいもんよぉ、とかつての
職場の先輩が愚痴っていました。
大きくなると友達の事ばかり。
夫とはすれ違いや今更話す事もなかったり…なんだそうで。
そういう事を聞いてしまうと『家族ってなんだろう?』と思いますね。
一緒にいなくても、傍にいなくても、ダーリンさんは見守っているから…
お仏壇に思いっきりぶっちゃけたら、夢に出て来てくれるかしら?

とにかく、お疲れ様でしたnote

おめめさん、お久しぶりです。

一年半くらい前にコメントを書かせてもらったものです。
あれ以来、いつもおめめさんのブログを拝見して勇気づけられてきました。

今日のブログを読ませて頂き、涙が溢れてきました。
夫を亡くした悲しみは何年経っても癒えることがないのかも知れませんね。

でも、この道しかないのですから、そして良いことも沢山あるのですから、トボトボとでも進みましょうね。

もうすぐ春ですからね(^_^)

がんばりましょう!!

皆それぞれの道を、これが私の歩く道!と、とぼとぼ歩いていますからね!!

上を向いて歩こうよnote

おおきなおめめさん、はじめまして。
こちらのブログ、気になって、時々拝見しています。
私も主人が入院しておりまして、毎日、病院と仕事の往復です。
昨年9月以降、命のともし火が、消えそうになったり、またともったり。
いつまでこの綱渡りがつづくんだろうと、日々、生きた心地がしません。
夜道を、一人で自転車をこいでいると、大波のような不安と、
悲しみが押し寄せます。
「これが私の道なんだ、これが私の人生なんだ。目を覚ませ」と、
自分に言い聞かせています。

瀬津喩さん こんばんは。
>家族がいても・・・
会話は無くとも、家に自分以外の 人の気配があるっていうのはいいものです。
家族のあり方もいろいろあるとは思いますが、
家族を持つことが叶わなかった今、それが我が道だと思っても、
やはり家族に対する想いはより募りますね。
結婚したばかりの頃、夫が
”二人だけでも家族だから”って 言った事を最近よく思い出します。

香さん こんばんは。
ブログを読んでくださり、嬉しく思います。

もしかしたら、夫と歩んだ道のりよりも長い道のりが私には
待っているかもしれません。
そう考えると今は正直ゾッとする部分もありますが、
<大丈夫、きっと何か得られる>と信じて、やって行こうと思います。

笛吹さん こんばんは。
やっぱり、自分が頑張るしかないですね。
誰が助けてくれる訳ないし、隣の芝生を羨んでも始まらない。
自分で歩いて 自分で何かを見つけていくしかない。

時にふと、虚しさに支配されそうになりますが、
そんな時こそ、”これは私の道なのよ!”って、
空元気でもいいから元気に歩いて吹き飛ばしたいものです。

ミミさん 初めまして。
大変な毎日の中、訪問して下さりありがとうございます。

人生、本当に山あり谷ありで、
時には頑張りに疲れ、くじけそうにそうになる時もありますが、
それまで頑張った自分がそれを支えて、
また新たな明日に導いてくれるような気がします。

病院通いとお仕事とで 精神、体力共にキツイ時もあるかと思いますが、
どうぞ、お体大切にお過ごしください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/56790239

この記事へのトラックバック一覧です: これが私の道だから:

« 気分が今一 | トップページ | コップの水 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ