無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

感謝

今日はオペラを楽しむ会のコンサートを前に伴奏ピアニストとの最後の音合わせ。

そして、レッスン後は先生とお食事会で楽しい時間を過ごして来た。

歌の出来は例によって、決して褒められたものではないけど、

お食事会で先生といろいろなお話が出来て、本当にいい時間を過ごせた。

 

何の話からそこに行ったかは忘れたけど、夫の話になった。

最近はこうして夫のことを話しても、冷静にしていられる。

それだけ心が静まってきたというか、自分自身いい時間が持てるようになってきたらしい。

 

音楽を通して、知り合えた素敵な先生に素晴らしい仲間。

歌うことを続けてきて、良かった。

何かを変えようと昨年10月に飛び込んだ「オペラを楽しむ会」が、私に

こんな素敵な人々と時間を与えてくれた。

この一年は、夫を亡くしてから初めて心から素敵な時間と思える

いい時間が たくさん得られた。

 

ここへの導きをしてくれているのは、亡き夫のような気がしている。

「ありがとう! 感謝いたします」

 

女同士のお食事をしながらの語らいは時間知らず。

気が付いたら、3時間近く過ぎていた。

 

”この感謝の気持ちは、

 コンサートの舞台でお返しします。

          待っていてください。”

今日お食事を共にしてくださった先生と(心の中の夫)に 

こう告げ、お別れしてきた。

2012年8月26日 (日)

招待状

今度のコンサートの招待状、一か月ほど前に一人20枚ほど分けられた。

みんなに聴いて欲しい気持ちも少しはあるけど、

初めてのソロでどんな失態をしでかすか分からないのでcoldsweats01

これまで誰にも配らず、手元に置いたままだった。

 

今朝、初めの一枚をお仏壇に供えた。

夫が聴きに来たいって言ったような気がしたからだ。

”おふくろとおやじとみんなで行くよ!” って言ってたような・・・confident

 

<後一カ月、最後の追い込みで頑張って練習するけど、

                上手くいくように見守っててね!>

仏様にお願い事しちゃダメって言うけど、

ちょっと夫に甘えてお願いしちゃったwink

何だか強い味方がついたような気持になった。

2012年8月24日 (金)

半分っこ

いよいよ一ヶ月後となったオペラを楽しむ会のコンサート。

まだまだ先だと思っていたのに、個人レッスンもあと2回だけになっちゃった。

不安coldsweats02

発声方法のコツはだいぶ掴めてきたけど、

何と言っても、初めての独唱だからね。

<本当に大丈夫か?> って感じsweat01

 

今日の個人レッスンは先輩が半分の時間を譲ってほしいというので、

来週の先輩のレッスンの時間を半分もらう約束で50分のレッスン時間を半分っこ。

そうすれば、2週続けてレッスンを受けられるって訳。

レッスン室には2人で入室して、互いのレッスンを見学。

誰かに見られているというのもいい練習になるし、

上手な先輩のレッスンの様子も見られて、私には 大いに勉強になる。

ただ下手な私のレッスンを聴いている先輩にはちょっと気の毒だけど、

向こうが言いだした事だから、まあいいんだろうね。

 

ということで先輩に見られながらのレッスン。

特別、緊張は無かったけど、

<ちょっといい所を見せよう!> などと、何処かで思ってしまって、

変な力が入る。

地に足のついていないような歌い方を先生にも指摘されたcoldsweats01。 

レッスンが終わって、録音を聴いてみたら、

確かにおっしゃる通りで、

浮いた感じの声になってしまっていて、下への引っ張りが足りない感じ。

まだまだ、ですね!

課題がまた一つ浮き彫りになった。

 

来週は伴奏ピアニストとの音合わせレッスン、

9月に入って、1週目2週目と続けて、先輩と半分っこの個人レッスンが2回。

後は、本当に家での個人レッスンだけ。

こうして、レッスン日を追っていくだけで、

もうコンサートのゲネプロの日に。

・・・本当にもうすぐだ。

   一ヶ月間であとどれ位仕上げられるかな。

 当日悔いをな越さない歌を歌えるように、練習積んでおかなくてはgood

2012年8月21日 (火)

気ままに

夏も後半に入り、少々夏の疲れが出始めたのか、気力が今一。

午前中の会社勤めの後、そのままスポーツジムで一時間ほど汗を流し、遅い昼食を摂り、

<さあ、アトリエの仕事を!> と 思ったけど腰が上がらず、

<じゃあ、走りに!> と いつもなら出かけるところだけど、

残暑厳しい青空を見たら、その気も失せた。

TVを見ながら、リクライニングソファーでうたた寝。

   sleepy

・・・まあ、これもありかconfident

 

先日化粧品売り場の催事でメイクアップアーテストにいろいろ教えてもらった

お顔のお手入れをした。

気分をリラックスさせる為には、こんなことも効果的。

時間を気にしながら動き回っている時はなかなか出来ないけど、

「今日は気ままに」ということで、いつもとは違う時間を過ごした。

 

「気ままに」か。

 

夫が生きていた時も、子供がいる訳でもないし、夫の両親も先立っていたので、

「二人で気ままに」だったけど、

今は私一人、ホントに「気ままに」に生きている。

食べたい時に好きなものを食べ、寝たい時に寝る。

時間で決められた仕事以外の仕事も自由業の特権で自由気ままに。

好きな時に掃除をして、好きな時間に掃除洗濯をする。

収入が減ってしまった分、贅沢は出来ないけど、その中でやりたいことをする。

 

一人暮らしは感動を分かち合える人もいなく、寂しくもあり、つまらなくもあるけど、

やりたいことがあって、こうして気ままに動き回ることが出来るのは、

その代わり?

それでも、ご夫婦で歩く姿を見れば、

・・・夫と二人で歩いていた頃を想ってちょっと羨ましいし、

夏の家族旅行の話を聞けば、

・・・<家族かーthink 私には無いなー> と ふと寂しいものを感じる。

 

 

夫が残してくれた気ままな生活も、ひとりの人間としてはいいけど、

社会の中で考えるとちょっと居場所を見失うような寂しさがあるかな。

2012年8月19日 (日)

立ち稽古

今日は9月のコンサートのオペラの合唱部分の立ち稽古。

コンサートまでに、全体練習できるのは、今日を含め、あと3回。

まだまだ、先だと思っていたのにね。

 

立ち位置決め、動きをつけながらの歌に 気持ちも入る。

今日の練習には当日の伴奏をしてくれるピアニストも来てくれた。

みんなの気持ちがひとつになっている感じが心地よく、

13時から16時までの練習時間はあっという間に過ぎた。

 

衣装をつけての本番が楽しみだなーconfident

2012年8月18日 (土)

また、やっちゃった

今、右手人差し指に包帯が巻かれている。

また、やっちゃった!

 

包丁を洗う際に、スポンジでこするはずがスポンジがずれて、

指を刃にあててスーっと引いてしまった。

切れてる感じがよく分かった。

血がぽたぽたcoldsweats02

見る見るうちにティッシュが真っ赤に染まった。

 

最近やたらとこの手のケガが多い。

アツアツのオーブンの鉄板を素手で持ってしまったり、

千切りをしていて、親指の爪を切ったり、

皿を割ってしまって、後片付けをしている時に

とがったかけらに手のひらが触れて切ってしまったりと、

すべて、ここ数週間での出来事。

そういえば、皿も立て続けに何枚か割ってるかもcoldsweats02

・・・その度ごとに<厄落とし、厄落とし!>って、慰めていたけど。

 

慌て過ぎなのかな。

もっと落ち着きを持って行動しなくちゃダメってことなんだろうね。

この程度のケガで済んでいるうちはいいけど、大事になったら大変だ。

 

「何事も、焦らず、ゆとりを持って」

きっと、夫がそう言っているんだろうconfident

2012年8月14日 (火)

涙のツボ

9月のコンサートに向けて練習しているオペラ「ファウスト」のアリアの伴奏の中に、私の

涙のツボを刺激するメロディーがある。

歌うことに一生懸命だった時は気がつかなかったけど、

先日伴奏をしてくれるピアニストとの練習の際に見つけた。

      note 

丁度テンポが変わるところで、歌とのタイミングが上手く合わなかった為、

ピアニストの先生が”こんな感じのテンポでいいですか?” と

その部分の伴奏を弾いて下さった時のことだった。

単純な音だけど、あまりにも美しいメロディーに突然夫の姿が浮かび、涙腺が刺激された。

      confident

<この歌にこんなにも美しいメロディーが隠れていたなんて・・・confident

 

何度聴いても、その旋律は私にとって切なくも愛おしい夫の存在そのものに感じる。

聴く度に涙が出そうに心が熱くなる。

 

その部分、先生から、

”思い切り、いい声で歌ってください!” と 言われているところ。

夫のテーマメロディーのような清らかな音の重なりの伴奏部分、

とびっきりのいい声で歌えるように一生懸命練習中ですgood

2012年8月13日 (月)

二人分の涙

お盆休み前の会社での仕事を午前中で片付け、

その足で、お墓参りに出かけた。

 

途中のコンビニで買ったおにぎりをほおばりながら、

夫と共によくドライブした湾岸沿いの道を運転。

<そうだ、あの頃よく立ち寄ったドライブインの地場産品売り場で

   お供えのお花を買っていこう>

 

朝方降っていた雨も上がり、薄日が射して来た。

絶好のドライブ日和とはいかなかったけど、

気持ちの良いドライブ。

1時間半ほど車を走らせて、寺に到着。

我が家の菩提寺ではほとんどの檀家さんが7月にお盆を済ませているので、

お墓参りをしているのは私だけ。

ゆっくりお墓参りが出来た。

 

家に帰って、一時間ほどジョギングをして、お風呂に入って、夕食。

お盆と言っても、いつもとあまり変わらない過ごし方。

 

だけど、今日は夕食後、急に涙が溢れて来た。

ワ~ン、ワ~ン声を出しながら泣いた。

しばらく涙が止まらなかった。

・・・sweat02

同じ想いの夫も ここで一緒に泣いていたのか、

二人分の涙が流れたような気がする。

 

やっぱり、まだまだ一緒にいたかったよね。

2012年8月12日 (日)

お盆

初盆の時と違って、一人で迎えるお盆だから、

何があるって訳ではないけど、心を落ち着かせる為に やはり大切な行事だ。

和尚様のお盆の供養は先に済ませたけど、

お仏壇にはお盆のお供えと飾り付けがしてある。

今日は庭に咲いたゆりの花をお供えした。

 

お盆ということで、夫のことを考える時間が増えたせいか、

いつもよりも夫に会って話したい、夫の声がもう一度聞けたらと思う事も多い。

夫の声がまだ耳に残っているとはいっても、

最近は少しづつ薄れてきているような気もする。

寂しい話だけど、しょうがないことなのかなと思う。

 

昨夜は会社の仕事が残業で帰宅時間が22時半。

家に着くと、もうクタクタ。

やっと解放された気分でお茶を飲みながら、ふとこんなことを思った。

<今はこうしてクタクタになるまで、元気に働いていられるからいいけど、

  歳をとって、自由に動き回れなくなった時の

         一人暮らしってどうなってしまうんだろう?> と 

いろんな意味で 不安がよぎる。

 

これまでもそんなことを時々考えたけど、

その度ごとに、

<先のことは考えないようにしよう!> と 

成り行きに任せればいいぐらいの気持ちに自分を持っていくようにしてきた。

考えてもここから先何が起こるか分からないし、

状況がどう変化していくか分からない。

予測もつかないことだ。

 

<・・・なるようになるさ!>

取り合えず、今日を!

取り合えず、明日を良い日にしていこう!

余計な心配は無用

夫がよく言ってたなー・・・confident

2012年8月11日 (土)

「こうあれ!」って言うことね

良くも悪くも自分に所に来た波には乗るのが、

自然体の生き方なのかな。

 

昨日は午前中の会社での仕事の後、

オペラアリアのレッスン(ピアニストとの伴奏合わせ)、

その後、続けてスポーツジムで一時間ほど汗をながして帰宅予定うだった。

 

ところが午前中の仕事がいつもより忙しくて、時間の読みをオーバーcoldsweats02

レッスン会場までの移動時間を入れて、予約時間ギリギリでの終業。

ついてないよね、いつもだったら楽勝で予定時間に仕事終えているのに・・・。

車を飛ばしたけど、お盆前ということなのか、車が多い。

しかも、何故か遅い車の後ろに付くことが多く、

気持ちが焦る、焦る!sweat01

結局、レッスン会場に到着したのは10分遅れ。

 

”大きなおめめさん、時間間違えちゃったの?”

ちょっと、責められるような言い方でレッスンの進行を担当していた役員さんに

言われてしまった。

ちょっと、悔しかった。

<時間を間違えた訳でもないし、忘れた訳でもない。

         ・・・朝早くから、本当に一生懸命頑張ってきたのになー>

でも、何を言ってもいい訳になるから、何も語らず、

”スミマセン、レッスンお願いします!” と 一言。

ということで、ピアニストとの伴奏合わせ練習が出来たのは5,6分だけだった。

 

レッスンがあっという間に終わってしまって、車に戻ると、

<あーあ、高いレッスン代になっちゃったなー!>

時計を見ながらフル回転で行動してきたストレスも一気に噴き出てきて、

何だかととっても気分が凹んだ。

涙が出そうに何やらとても悔しかった。

その後、スポーツジムで思いっきりそれを打ち消すように汗を流して来た。

 

<すべては、こうなるようになっていたのかなー>

レッスン時間を遅くしてと頼んでおいたけど、中途半端な時間になっていたのも、、

新入りだからと遠慮して、もっと遅くにと修正しなかった自分も悪かったのも、

今日に限って、会社の仕事が超忙しかったのも、

交通渋滞に巻き込まれたのも、

〆に悔しいこと言われちゃたのも・・・think

この事が、きっと、私に何かを教えたかったんだ。

今は、それが何なのか分からないけど・・・think

 

<・・・そうだよきっと!>

短いレッスンだったけど、曲の感を掴むポイントは少しつかめた様な気もするしね。

 

一生懸命頑張っている私を、夫が何処かで見ていてくれれば、

それでいいか!confident

   嫌な事はもう忘れ、めげずにガンバロgood

2012年8月 8日 (水)

余分な力を抜いて・・・その後

必要以上な力を抜いて、歌うといい声が出る。

先日、歌のレッスンで注意されてから、歌の練習の時だけでなく、

肩の力を抜いて毎日を過ごすことに心がけている。

無駄な力が毎日のストレスを生み出しているように思ったからだ。

 

忙し過ぎる時は、肩を一回廻して、”フー!” と 一呼吸置き、あえてゆっくり行動する。

ちょっと、力みが抜ける。

すると山と溜まった仕事も ゆったりした気分で出来る。

ゆっくり行動しているのに、効率が上がる。

実践している、ここ数日、精神的にもだいぶ軽い。

 

・・・やっぱり、最近、力みが入り過ぎていたのかな。

2012年8月 6日 (月)

あれっ?

昨日のこと。

寝ようとして、テレビのスイッチを切ろうとした時、

<あれっ? 何で私、一人なの?>

 

来週のお盆を前に、お盆のお経を上げてくださる為に、

昼間、和尚様が来てくださった。

・・・久しぶりに夫とゆっくり向かい合ったからだろうか。

 

夫が逝って4年半が過ぎ、最近はもう一人で居ることに何の違和感も感じないぐらい、

この生活に慣れてきたはずなのに。

・・・少々早いけど、お盆で帰って来た夫が私の肩をたたいたのだろうか。

2012年8月 4日 (土)

余分な力を抜いて

声楽のレッスンでの今の課題は、余分な力を抜いて、

リラックスして声を出す事。

声を押すことをせず、息に乗せてのびやかに歌うこと。

これが簡単なようでなかなか難しい。

でも、この歌い方が出来た時は、高音域も無理なく出せる。

歌っていてとても気持ちが良いconfident

 

人生も一緒なのかもしれないと思った。

2012年8月 2日 (木)

パワーつけなきゃ!

今日はオペラの個人レッスンだった。

2カ月後に迫ったコンサートではソロデビュー。

アリアも少しづつ聴くに耐えうるcoldsweats01ものになってきたようなwink

だけど、毎回レッスン終了近くになるとパワー切れで声に伸びが無くなってしまう私。

     sweat01

という訳で、パワーつけなきゃ!good

一昨日はステーキ。

スパーで半額になっていた黒毛和牛のステーキ肉を買ってきて調理。

ガッツリdelicious頂いた。

そして昨日は鰻。

久しぶりの豪華版の連続技。

これでバッチリ!

 

・・・のつもりだったけど、今日のレッスンは16時20分からだったので(言い訳(笑))、

一日の疲れが出て、やはり50分のレッスンの最後まで持たなかった。

まだまだ、歌う時に変な力が入り過ぎて、

余分なエネルギーを消費してしまうようだ。

余計な力を抜いて、いい声を出すのがこれからの課題となりました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30