« 昼寝 | トップページ | 結果は? »

2012年3月16日 (金)

明日天気になーれ!

てるてる坊主でも作ろうかな(笑)。

明日の天気予報はrain大雨なんだってweep

 

残念!

なんでって、明日はJリーグのホーム開幕戦を友達と見に行くことになってるから。

初めて、スタジアムでサッカーを観戦出来るというのに、雨の予報は惨い。

せめて、夕方からでも雨上がってくれないかなー。

楽しみにしてるのに。

 

熱烈なファンだったら、雨でも出かけるのかもしれないけど、

そこまでの気力は無いし。

一緒に行くお友達も、きっとそうだろうな。

 

てるてる坊主、てる坊主、あーした天気sunに しておくれー!note

この美声も天までは 届かないかなーcoldsweats01

« 昼寝 | トップページ | 結果は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!

サッカー観戦いいですね~shine
自分もいつかは行ってみたいですhappy01

でも、雨とはsweat01西から確実に雨ですよねrain

お彼岸期間中の土日の雨は花業界にも痛いですbearing

是非、てるてる坊主を~sign01

おめめさん、おはようです(^^)/
rainは残念だね。座ってるだけだと寒いし~bearing
スライディングは面白くなるけど、やる方もホントはイヤかもしれない。
今日はチビが合唱部退団式で朝からschoolへ行っているし
私も午後から隣の市で自由参加の研修があるの。
思いっきりサボっちゃおうか気分で~すcoldsweats01

あいにくの雨で残念ですね。私はおめめさんと同じく、パート社員と自営の掛け持ちなんですが、今日は自分の事務所でビール飲んでいますbeer最近、いない相手に語りかける独り言が多くなりました。電車の中とかだと怪しいですよね(笑)

こっしーさん こんばんは。
やっぱり天気予報通り、朝から本降りの雨でした。
という訳で、今はサッカー場じゃなくて家です・・・あーあ!

今日は彼岸の入りだけど、午前中の仕事の後、サッカー観戦の予定だったし、
お彼岸の前半はコンクールにコンサートと私用で忙しいので、
先日、春のお花を持って、早々とお墓参りを済ませてきました。

瀬津喩さん こんばんは。
初めてのサッカー観戦、楽しみにしていたけど、
雨の中で観戦するほど、熱いファンでもないし、明日の合唱のコンクールもあるし、
観戦中止は妥当な選択かもね。

お天気の悪日は、いろいろやる気が失せるのはみんな同じかな。
晴れるとあれもこれもと結構頑張れるのにねhappy01

HIROさん こんばんは。
同じく、お仕事掛け持ちなんですか。
あっち、こっちと大変だけど、頑張りましょうね。

独り言と言えば、夫と死別したばかりの頃、
本屋さんに行った時に、傍にいた年配の女性が
一人で(誰かと話しているような感じで)ブツブツ言いながら
本を探していました。
<この人も一人なのかな? 私もこうなるの(独り言を言うようになる)のかな?>
なんて私は、勝手に、その人を夫と死別したひとり者にして、
変な不安を覚えたのを思い出します。
あれから数年、実際、口に出して独り言を言う事はあまりないですが、
心の中では結構いつも夫と会話している私です。

はじめまして。インターネット上であなたのブログに出逢いました。私も大好きだった最愛の夫を見送りもうすぐ1年がこようとしています。突然の別れにあれから1年近くになろうとしている今も涙が枯れたことは1日もありませんでした。彼に何も言えず、ただ見えない強引な力で私たちの幸せが打ち砕かれてしまいました。今も私が彼の死を悼むのは、彼も同様私と二度と逢えなくなってしまった哀しみをどれだけ感じているだろう、ここに帰ってきたいだろう、私といっぱいいろんな話をしたかっただろうって・・・そう思うことが私の哀しみと同じだけ、倍の哀しみとなって毎日あふれ出します。私たちにも子どもはいません。彼は私の全てでした。今を生きることがどれだけ辛く、苦しいことかをかみしめながの日々です。日にちが薬・・・だと世間では言います。でも私にとっては日が経つにつれ、彼との幸せだった日々が、一緒に生きてきた日々が遠く、遠くへ流されていってしまうようで哀しみが増すばかりです。3年を経て大きなおめめさんはご主人のためにも、今のご自分を大切に前を向いて生きておられますね。そんな日が・・・来るのですかね、私にも・・。

kazuさん はじめまして。
コメントありがとうございます。
kazuさんのご主人様を想う気持ちが切々と伝わってきます。
月日が経つごとに、夫との距離が遠のいていくようで、切ない気持ち、私もそうでした。
夫の時間はそこで止まって、私の時間だけが引き続き流れて行く。
二人の楽しく幸せだった時間はもう二度とやってくることはない。
なんて、無情で惨いことなんだろう。
どうやってその苦しさを耐えていったらいいのだろう。
ホントそんな感じの毎日を過ごしました。
そんな事を考えながらも、日々は過ぎて行くのですね。

でも、私に夫との人生があった様に、私には私の人生もある。
そんな私の人生までも、夫の死と共に葬ってしまっていいのだろうかという気持ちも、
いつの頃からか、何処かで感じるようになりました。
夫は私を幸せにしてくれる為にいろんなことをしてくれました。
kazuさんの御主人さまもきっとそうだったと思います。
そうだとしたら、夫たちはきっと私たちにこれからも幸せを味わってほしいと
願ってくれるはずだと思うのです。
”僕たちの事を想ってくれるのも嬉しいけど、自分の人生も大切に生きてネ。
 僕らは、君が幸せそうな顔を見せてくれるのが一番幸せなんだ!”
こんなことを言ってくれていると思うのです。
 (自分だけが楽しむことへの申し訳なさを感じたり、夫が逝ってしまった今、
  何処に幸せが存在するんだ、そんなのもう何処にも有りはしないという、
  嘆きも同時に感じるところも有りましたが)
そんな事を思ったら、
ひとりになって、何をするにも味気ないけど、
自分の人生だけは大事にしようと考えるようになりました。
夫の分までとは、言えませんが、
夫の願いに近づけるよう、私のこれからの人生を過ごしたいと思っています。

お互いくじけずに、日々を過ごしていきましょう。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/54236443

この記事へのトラックバック一覧です: 明日天気になーれ!:

« 昼寝 | トップページ | 結果は? »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ