« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

もう少しだね

会社の友達と桜並木の近くにあるお店でランチをした。

川のほとりにある山小屋風の小さなお店。

木枠の窓からみえる桜並木は うっすらピンク色になっていて、

今はまだ、ほのかな春の訪れといったところだった。

玄米コーヒーや豆料理といった自然食のお店のランチの後は、

桜の並木道をお散歩。

桜の木の下を歩いていくと、陽だまりの桜は2分咲きぐらい、

そのほかのはまだ、数個しか花が咲いていなかったけど、

つぼみは大きく膨らんで、温かい風を待っているようだった。

”満開の桜まで、もう少しだね”

   cherryblossom・・・confident

でも、桜の並木の歩道にレンギョウや雪柳が満開。

無造作にしだれる黄色と白のえだが 風に揺れて、とってもきれい。

3月ももう終わり、暦も、もう春です。

 

帰り道はまさに今満開の白モクレン木の街路樹通りを通って帰った。

 

”久しぶりに美しいものに感動する時間が持てた気がする” って、

一緒に行った友達が運転をしながら言ってたけど、

お花は 心を癒してくれますね。

満開の桜を見ての感動は後一週間ぐらい先かな。

2012年3月30日 (金)

風邪じゃなかったみたい

今日も声が出ない状態が続いている。

もしかして、変な病気が隠れていて、楽しみの一つの歌が歌えなくなったらと

ふと不安を感じたので、病院に行って来た。

 

喉を見て、鼻からマイクロスコープの付いた細い管を入れて声帯を診てくれた。

”声帯が赤く炎症を起こしていますね”

ということだった。

熱もないし、鼻水も出ない所からすると、喉の使い過ぎらしいとのこと。

ここのところ、歌の練習結構たくさんしたし、移動が多かったし、

季節の変わり目で気温の変化も大きくてと、体も疲れていたのかもしれません。

しばらくは、極力声を出さないようにということなので、

歌の練習もお預けですshock

 

2012年3月29日 (木)

やはり風邪みたいです

先日からちょっと体の調子が悪かったけど、

昨日昼位から、声が出なくなった。

ささやくような声はかろうじて出るものの、相手から言わせると、

”声出てないよ!”

(無声)ショックshock

熱もないし、喉が痛い訳ではないのにね。

少し咳き込むことと、鼻水が少し出る程度なんだけど、

やはり風邪みたいです。

 

で、今日のオペラの個人レッスンは残念ながら休まざるを得ないです。

練習の成果を聞いて頂いて、直すところを指摘して欲しかったのにな。

この声じゃ、無理。

でも、先生のメールアドレスしらないし、電話じゃ、声が出ないから話せないし、

困ったなcoldsweats02

 

しかし、こんなの初めて。

どれ位で良くなるかな?

まあ、しばらくは おとなしくしていよう。

2012年3月26日 (月)

もしかして風邪?

ここ数日朝起きると喉が少しむずがゆいような、痛いような。

もしかして、風邪?

ヤバイっスcoldsweats02

 

今度の木曜日は歌の個人レッスンがあるのに・・・。

昨日、一昨日と仕事で帰りが23時近くと夜遅いのが続き、

昨日の帰りの車の中では、少々咳が出た。

ここで風邪をひいてはイケないと思い、昨日は家に着くとすぐうがいをして、

お風呂に入って、寝た。

軽いうちに良く寝ておけば、風邪も退散してくれると思い、

仕事がお休みの今日は3時頃一旦目が覚めたけど、8時過ぎまで寝ていた。

最近は、熟睡できるので有難い。

喉がおかしいのはなくなったから、これでスッキリしてくれるといいのだが。

 

今日はスポーツジムもお休みだから、ゆっくり体調を整えよう。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

健康は大事だもんね!!

2012年3月24日 (土)

やっぱり、「頑張る!」だよね

彼岸の入りから彼岸明けの昨日まで、私事の予定が詰まっていたけど、

何とかやるべき事はすべて終了出来た。

 

彼岸一足前、夫のお墓参りから始まって、

コーラスのコンクールに別に所属しているコーラスの発表会、

兄のお墓参りに、関東大会に向けてのコーラスの練習、オペラを楽しむ会の練習。

〆の昨日は、彼岸明けの夫の墓参りに、叔父さんのお見舞い。

 

結構あちこちと動き回ったので、体も少々お疲れ。

体が疲れてくると、精神的にも些細なことで滅入りがちになるのか、

週半ばでは、ちょっと鬱のような感じとでもいうのか、

移動のバスの中で、一生懸命に生きているのに、空回りしている感じがして、

自分自身が妙に虚しく、悲しくて、泣けて、困った。

気分転換にスポーツジムでスタッフとバカ話をしながら、汗を流して帰った。

こういう時は嫌な事を忘れて、眠るのが一番!

睡眠はよく取れて、今は<生きていればおもしろくないこともあるさ!> 位の気分に。

 

また今日からは、仕事が待っている生活に戻る。

昨日までのはっきりしないお天気とは違い、朝からお日様が顔を出して来た。

それに伴いスッキリしない気分も少しづつ晴れて、ちょっとやる気が出てきた。

 

さあ、頑張ろう!

どんな状況にあろうとも、幸せはきっと私の周りにいつもあるに違いない。

それに気が付いて、扉を開けられるかどうかという事だけなんだ。

2012年3月18日 (日)

結果は?

22時近く、やっと家にたどり着いた。

ホント、「たどり着いた」という言葉がぴったりの疲れ具合。

 

今日はコーラスのコンクール。

結果は一応次の大会に出場できる権利を獲得。

まずは、一安心です。

でも、自分自身の反省すべき点がちょっとだけありで、

やり遂げた感が今一味わえなかったので、疲れがどっと出たのかも。

 

帰りの電車の中で、

<そういえば、夫は私が舞台で歌ってるところを一度も見ていないなー>

と 思った。

仕事の関係でいつも休みが取れず、

”行ってらっしゃい! 頑張ってきてね!” だったもんね。

夫が今日の演奏を見たら、どんな感想をくれたのだろう?

ちょっと、夫の声が欲しい帰り道だった。

2012年3月16日 (金)

明日天気になーれ!

てるてる坊主でも作ろうかな(笑)。

明日の天気予報はrain大雨なんだってweep

 

残念!

なんでって、明日はJリーグのホーム開幕戦を友達と見に行くことになってるから。

初めて、スタジアムでサッカーを観戦出来るというのに、雨の予報は惨い。

せめて、夕方からでも雨上がってくれないかなー。

楽しみにしてるのに。

 

熱烈なファンだったら、雨でも出かけるのかもしれないけど、

そこまでの気力は無いし。

一緒に行くお友達も、きっとそうだろうな。

 

てるてる坊主、てる坊主、あーした天気sunに しておくれー!note

この美声も天までは 届かないかなーcoldsweats01

2012年3月15日 (木)

昼寝

疲れていたのかな。

今日は昼ごはんを済ませて、コタツに入ってテレビを見ていたら、

お昼ごはんの食べ過ぎ(?)か、お疲れが溜まってたのか、

急に睡魔が襲ってきて、お昼寝。

気が付いたら、テレビがついいたまま、2時間も寝てしまっていた。

    sleepy

コタツで昼寝なんて、久しぶり。

でもここち良かったなー。

足がぽかぽかして。

 

午後やろうと思ってた仕事が出来なかったから、

明日ガンバロー!

2012年3月14日 (水)

迫る合唱コンクール

今度の日曜日が合唱コンクール県大会。

今日はコンクール前の最後の練習に行って来た。

 

とりあえずの目標は「県大会突破!」

大丈夫かな?

 

今日は曲の仕上げというか、発声の基本の確認が主の練習になった。

「みんな曲を間違いなく歌うことに気を取られ、歌声が小さくまとまってしまっているよ!」

指揮の先生の御指摘。

腹筋、背筋、体側筋をもっと意識して使って、安定のある深い声を出す事によって、

響く声が生まれてくる。

意識して歌うのと、そうでないのとでは声の張りに大きな差がある。

あと数日間の個人練習は、その点に重点を置いてやってくることを言い渡されて、

今日の練習は終わった。

 

今度のコンクール会場はいつもより大きなホールなので、

人数が20人弱と少ない我が団体には不利だけど、

noteよ~し、先生に言われたことをしっかり守って、下支えのある響く声で頑張るぞ!!

 

2012年3月11日 (日)

春が来て

庭のクロッカスが黄色い花を咲かせて、クリスマスローズにピンクの花が咲き、

チューリップの葉が土の中から顔を出し、我が家の庭にも春が少しづつやってきた。

 

あれから一年が過ぎた。

信じられない光景に日本中の人達が震えた東北関東大震災は、

いまだに余震が絶えない大惨事となってしまった。

 

それでも、あらたな春が来て、花が咲く。

 

大切な人を亡くした方々には ここであらためて故人の御冥福をお祈りするとともに、

心穏やかに過ごせる日を少しでも多く送ることが出来ることをお祈りします。

大切な人だけでなく、大切な思い出、住み慣れた故郷、家を失くされた方々の

喪失感が少しでも癒されることをお祈りします。

 

 

 

2012年3月 8日 (木)

鼻母音?

9月のコンサートで歌う曲が変更になったということで、早速楽譜を買ってきた。

フランス語の曲は初めてなので、

楽譜はフランス語の発音記号付きのものにした。

 

曲の練習の前に、今は発音と悪戦苦闘中。

・・・時折、あちこで変な声を出しているのは、私で~すcoldsweats01

でも結構面白いhappy01

 

フランス語は母音の種類が多い(16個もあるcoldsweats02)。

「オ」を一つ取っても、

 ・深く暗い「オ」(驚いた時のオー!が近い)

 ・深い「オ」の口の形で、浅い「エ」の下の位置

 ・日本語にある「王」のオの口の形で、同じく「枝」のえの位置

 ・オの鼻母音。唇をよく閉じて、鼻腔から天に声を投げ上げる

と いろいろある。

この微妙な差をどう表現したらいいんだろう。

実際に発音してみると、言葉で書いてあるようには上手くいかない。

 

鼻母音?

これは難しいぞー!

「声が鼻腔を通り越し、天に響き渡った時初めて鼻母音となる」とあるけど、

風邪を引いた時の鼻声とも違うし、

寝ぼけていたり、甘えて鼻声になった時とも全く違うらしい。

かなり力強く発音しないと出来ないみたい。

下腹の腹筋をグッと引いて、息を一気に腹から鼻に向けて吐き出すと

それらしいものになるけど、それでいいのかな?

今度、フランス語の得意な友達に聞いてこようっと。

2012年3月 5日 (月)

チームワーク

たとえ夫婦二人での生活であろうとも、互いに出来ない所をカバーする、

チームワークのようなものが生まれていた。

けど、夫が逝ってしまい一人になると、何でも自分一人でやることになり、

初めのうちは <どうしよう?>とか<一人じゃ出来ない!>と嘆いていたものも、

何とかそれなりにこなしていくうちに、

いつしか、自分一人で何でも出来るような錯覚さえ覚えてくる。

何でも出来ると言えば聞こえはいいけど、

「自分流に何でもやってしまう」というちょっと我がままな展開になりかねない。

<自分のやり方が一番いい> と 思い込むのもちょっと危険。

 

この間、会社の仕事が立て込んで、限られた時間の中での処理に、

逃げ出したいほどの気持ちになった時、

ペアを組んでいた普段から自分のペースを崩さない(ちょっとおっとり型)人の行動に

助けられた。

こっちが次々に追われる処理に焦っていた時、その人を見たら、

いつもと同じペースで対処している。

最初はそんな行動に<もっとテキパキこなしてよ!!impact>と

いらつきも感じたけど、その落ち着いた行動を横目で見ているうちに、

ちょっと考え方が変わった。

<こういうときこそ、あのような落ち着いた動きが必要なのかもしれない>

その人の行動が 私に冷静になることを教えてくれた。

おかげさまで、パニックになりそうな私の心は治まり、

職場の雰囲気も壊すことなく、

無事ノルマ達成scissors

・・・後で聞いたら、その人も”あの時は逃げ出したいほどだったよ!coldsweats02”と 語っていた。

 

あまりの忙しさを見かねた別の担当の方も応援に駆け付けてくれ、

大いに助けられた。

 

いいチームワークでピンチを乗り越えられ、夜遅くまでかかった仕事も

楽しく終了する事が出来た。

    ”今日は疲れてbeerビールが美味しい!”って、感じ。

自分一人では決して出来なかった仕事である。

あそこで、”もっと、テキパキ動いて!!”と 怒ってしまったら、

その場の雰囲気も悪くなり

自分もイライラして余計に仕事がはかどらなかったことだろう。

注意するまえに、他人の振り見てなんとやら、

自分の行動を見直すのも必要な事を教えられた一日だった。

 

こうして、チームワークが出来あがっていくんだなー!!good

周りの人に感謝です。

2012年3月 4日 (日)

やっと終わった

先月から、山と抱えたアトリエの仕事。

やっと、預かり物すべて仕上がりましたhappy01

久々の解放感です。

 

それにしても・・・今回はキツカッター!!

後半は、ちょうど、お勤めの会社の方も忙しい時期と重なってしまい、

週2・3回の出社が先月末から4っ日連日出勤が続いたので、

「二足のわらじ」・・・疲れました。

  (いつもはこんなに仕事が重ならないのにcoldsweats02・・・だいたいそんなものなんですよね)

でも、こういう時こそパワー作りと、

スポーツジムでの一時間トレーニングは週5日キッチリ休まず続けてましたよscissors

おかげで、夜遅くまでのハードな仕事にも耐えられた気がします。

 

という訳で、今はホッと一息。

しばらくは趣味の歌に集中したいです。

オペラのアリアの新曲もマスターしなければいけないし、

2週間後にはコーラスのnoteコンクール、そしてその二日後には

別の所属コーラスのnote発表会がありますからね。

4月に入ったら、オペラを歌う会に勢力を集中したいので、

発表会のコーラスの方を辞めて、コーラスの所属を一つにするつもりです。

2012年3月 3日 (土)

明るくいこう!

9月のコンサートで歌う曲が変更になったこと、

あれから考えたら、これも夫の導きのように思えてきた。

    confident

死を悼んで、切々と

♪私はどうしたら、何処へ向かえばいい?

  愛しい人無しにどうすればいいのだ!♪

歌うオルフェオとエウリディーチェの「エウリディーチェを失って」よりも、

恋する心を歌う今度の歌を 夫は聞きたかったのではないか。

歌の中では、叶わぬ恋に終わるものだけど、

「恋する心」、その心自体はいいものだ。

夫はそんな明るく、弾むような恋する気持ちを私に望んでいるような気がした。

 

コンサートホールに私の声が響き渡ることを夢に抱きながら、

今から数カ月、練習頑張りま~す!!

 

2012年3月 1日 (木)

えー、そんな―!・・・ガッカリ

今日はオペラの個人レッスン日。

先月、毎日しっかり練習して今日はその成果を聞いてもらおうと思ったのに・・・。

レッスン室に入るや否や、先生からこんな発言があった。

”おめめさん、今度のコンサートの曲を変更して欲しいんだけど”

”○○さんにおめめさんの歌う予定の曲を譲ってあげてくれないかしら”

<えー、そんなー!>心の中でそう呟いてた私ではあるけど、

なんせ、オペラを楽しむ会では新参者の私。

先輩が歌うというとなれば譲らざるを得ない。

  ・・・

  でも、がっかりthink

オルフェオとエウリディーチェの「エウリディーチェを失って」は詩の内容が、

夫を失った今の私にはピッタリの曲だったんだけどなー。

一生懸命練習したのになー。

 

気を取り直して、先生の選んでくれた曲2曲のどちらかに決めようと、譜読みをして、

一応一曲を選んで、再度練習開始することになった。

    ♪ ♪ ♪

今度の曲はオペラファウストの3幕の初めに歌われる「花の歌」。

テンポは速いし、語り歌部分もあるので前の曲よりも演技性も要求されるし、

イタリア語ではなく、フランス語だし・・・大丈夫かな?

 

「新たな曲へのチャレンジ」

これも一つの試練かな。

前の曲を一生懸命練習したこと事態は無駄にはなっていないと思うし、

出来ると思ったから、先生も私に変更を依頼してきたということで、

前向きに捉えて、頑張りましょう!!good

まだ、時間はたっぷりある。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ