« 八つ頭 | トップページ | 明日からまた一歩 »

2012年1月 8日 (日)

時は過ぎていく

今日は夫と同い年だった私のすぐ上の兄の5年祭がある。

兄が肺がんの宣告を受けたのち、一年半の闘病生活ののちこの世を去ってから、

もう5年が経った。

兄の亡くなる7カ月前に生まれた姪の子供はもう5歳のお兄ちゃんになった。

初孫を嬉しそうに抱く、おじいちゃんと呼ぶにはまだ若い兄の笑顔は、

今も忘れないが、その孫も元気に走り回り、よくおしゃべりするお兄ちゃんだ。

その姿に 過ぎゆく時を感ずるconfident

 

兄の一年祭の納骨に二人で出席するはずだった夫。

兄の墓の前に立つ度に、夫の突然の旅立ちで心も体も打ちひしがれて、

ここに二人で手を合わせる事が出来なかった悲しいあの時の私の姿を想う。

・・・あの時から、私も時は過ぎた。

<今は何とかやってるからねconfident、もう、心配しなくていいよ!>

いつも、そう声をかけて帰ってくる。

 

今日は寒の真っただ中で晴天ながらも寒い一日なりそうだけど、

この青空ときりっとした澄んだ空気が、

心と体を清めてくれるような気がする。

    心静かにお参りしてこよう。

          confident

« 八つ頭 | トップページ | 明日からまた一歩 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/53683733

この記事へのトラックバック一覧です: 時は過ぎていく:

« 八つ頭 | トップページ | 明日からまた一歩 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ