« 11月22日 | トップページ | 何だか今日は・・・ »

2011年11月24日 (木)

告白

”大きなおめめさんは何人暮らし?”

  sweat01やっぱり来た、その質問。

先月入会したオペラを楽しむ会の練習後、お茶の席で飛んできた質問なの。

この手の質問にはいまだに、一瞬引くshock私。

 

<どうしようかな?> と 思ったけど、すぐさま、

”実は、私、3年前に夫が急死して、今一人暮らしなの”

・・・そして、その後に来る質問はやはり、

”お子さまはいらっしゃらないの?”

・・・はたまた、ドキッ!の質問。

<まっ、ここでウソを言ってもしょうがないかな> と 動揺しながらも、

”子供はいなくて、夫婦二人だけだったから、いつまでも新婚気分だったのね。

 突然夫が逝ってしまって、一年ぐらいは立ち上がれなかったのよ!”

と 言った私。

これだけのことを言うのに私がどれ位エネルギーを使ったった事か。

        ・・・think

でも、少し成長したかなgood

本当の事を言えたのだから。

 

しかしこうして、他人に本当の事を告白する度に、

ひしひしと「これから先もずっと一人で生きるんだよ」 という

人生の重みを感じ、切なさがちらっと過る。

それと同時に<頑張って、人生楽しむんだからね!> と

心の中で自分を励ましている私がそこに居る。

 

作り頬笑みであれ、

明るい顔で 事実を告白出来た私を自分で褒めてあげた。

考えてみれば、夫の死も夫の生きた証なんだもんね。

隠す事もウソを言うことも無いのよね。

 ・・・言う切なさ(これが非常に大きいのだけど)と、

   一人暮らしを伝えることによる防犯上の問題を除いては。

« 11月22日 | トップページ | 何だか今日は・・・ »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
おめめさん、また一歩前に進んだようですね。
一人暮らしのお話をするということはその経緯を話すことになる。
その話をするということはご主人の話になる。
辛いかも知れないけど、話すたびにご主人との
楽しかった思い出も話せるんですよね。
「故人と呼ばれる人は忘れられるのが寂しいんだよ」と
幼い時に言われました。
作り微笑みもいつか微笑みに変わる時が。。。
今日もいい一日になりますように(*^_^*)

toranosukeさん こんばんは。
新しい仲間への告白は、やはりためらいも有りましたが、
言って良かったと思います。
仲間も私と一緒に亡き夫の事を迎え入れてくれた感じがしました。
特別な言葉は無かったけれど、
告白で、仲間から見えない励ましを頂けたような気がしました。
その場の雰囲気に優しさを感じました。

大切な事は過去にどんなことがあったとか、今何を抱えているかではなくて、
そう言う事があっても 私が今どう生きているかということなんだと気付きました。
まずは自分で自分が好きになれる、魅力ある生き方が出来たらいいなと思います。

おはようございます(o^-^o)

喪中のはがきを先日出しました。

それからかな、いろいろ思い出して凹んでいます。

知らせていなかった人たちにお知らせする、一種の”告白”ですよね。
なんかドキドキして、どう想うんだろうとか、忘れないでほしいとか、
そんなことが頭の中をグルグルまわっている。
そして寒さもあって、「逢いたいよ、逢いたいよ」って心の中で叫んでいる。
でも逢えない事は一番わかっている自分がいる、それが辛い。

こんな時の回復方法は、なにかありますか。
じっと我慢かな。

ka-koさん こんにちは。
喪中のはがきも辛いものがありますね。
知らせていなかった方へ夫の死を伝える作業は、神経を使います。
再びいろいろな事も思い出されますしね。

ある人に喪中のはがきを書いている時に、夫がその方にその年書いた
年賀状の文面を思い出しました。
”定年まであと○○年、仕事頑張ります”
悔し涙が止まりませんでした。
あの文面を書いた2週間後に、すべてが終わってしまうとは・・・。
この時期になると毎年のようにあの年賀状が目に浮かびますthink

回復法?・・・やっぱり、じっと我慢かな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/53320202

この記事へのトラックバック一覧です: 告白:

« 11月22日 | トップページ | 何だか今日は・・・ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ