無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

自分に投資

春から迷っていた電子ピアノを買うことにした。

ちょっと奮発していい物を買うことにしたけど、これからの自分への投資だ。

大げさな表現だけど、今の私にとっては大きな買い物なので、

自分を納得させる為には、いろいろと理屈が必要なのだ(笑)。

 

やりたい事があって、それに必要なものであれば、

多少無理をしてでも、将来の自分への投資だと買い物をする。

将来の自分をそこに置く事が出来るようになったのは、

今を上手く生きられるようになったのかなと思う。

夫が亡くなって、先の事を何も考えられなくなったというか、

考えるのが怖かったあの頃から比べれば、大きな進歩だなと自分でも思う。

 

物を買うことひとつにしても、

<こんなもの買ったって、いつ死ぬか分からないし>なんて、すぐに思って、

結局何も買う事が出来ず、ストレスばかりが溜まった。

いつ死ぬか分からないからこそ、今やりたい事をするって、思えるまでには、

だいぶ時間がかかったね。

 

今も、死というものは私の中で、大きく存在するけど、

前のような恐怖感は少しづつ無くなってきて、

「そこに行くまでは、思い切り生きていこう!」

という気持ちが強くなったのかもしれない。

だから、やりたいことする。

 

やりたい事をする為に、頑張って働く。

自分の稼いだお金で好きなものを買う。

自分への投資をする。

せっかく投資したんだからと、自分が満足出来る自分になる為にまた頑張る。

そうやって、<いつかやってくる結末まで走り抜けていこう!>って、今は思ってる。

2011年11月27日 (日)

何だか今日は・・・

数日間時間に追われる忙しい日々を送り、

やっと今、解放された。

安堵の気持ちといきたいところなんだけれど、

何だか今日はちょっと寂しい。

 

日曜日の昼。

窓の外を除いても、誰ひとり歩いていない。

車もたまに通るだけ。

「気が付いたら、自分一人 世の中から取り残された」ような変な感覚に陥った。

 

仕事を終えて、お昼ごはんを食べて、

<あ~、満腹!> 

でも、心が今ひとつ満たされていない。

 

いつも元気に張り切ってとはいかないから、

こんな気持ちの時があっても、しかたないのかな。

妙に人恋しいな。

 

このまま家に居ると、凹みそうだから、

ちょっと気分転換に街中へでもウォーキングに行ってこよう。

幸い今日は、風も無くて、いいウォーキング日和だ。

2011年11月24日 (木)

告白

”大きなおめめさんは何人暮らし?”

  sweat01やっぱり来た、その質問。

先月入会したオペラを楽しむ会の練習後、お茶の席で飛んできた質問なの。

この手の質問にはいまだに、一瞬引くshock私。

 

<どうしようかな?> と 思ったけど、すぐさま、

”実は、私、3年前に夫が急死して、今一人暮らしなの”

・・・そして、その後に来る質問はやはり、

”お子さまはいらっしゃらないの?”

・・・はたまた、ドキッ!の質問。

<まっ、ここでウソを言ってもしょうがないかな> と 動揺しながらも、

”子供はいなくて、夫婦二人だけだったから、いつまでも新婚気分だったのね。

 突然夫が逝ってしまって、一年ぐらいは立ち上がれなかったのよ!”

と 言った私。

これだけのことを言うのに私がどれ位エネルギーを使ったった事か。

        ・・・think

でも、少し成長したかなgood

本当の事を言えたのだから。

 

しかしこうして、他人に本当の事を告白する度に、

ひしひしと「これから先もずっと一人で生きるんだよ」 という

人生の重みを感じ、切なさがちらっと過る。

それと同時に<頑張って、人生楽しむんだからね!> と

心の中で自分を励ましている私がそこに居る。

 

作り頬笑みであれ、

明るい顔で 事実を告白出来た私を自分で褒めてあげた。

考えてみれば、夫の死も夫の生きた証なんだもんね。

隠す事もウソを言うことも無いのよね。

 ・・・言う切なさ(これが非常に大きいのだけど)と、

   一人暮らしを伝えることによる防犯上の問題を除いては。

2011年11月22日 (火)

11月22日

なんか嫌な日だなthink

いいふうふの日」なんだと。

へェーンだ! 私たちだって誰にも負けないぐらい「いいふうふ」だったんだぞー!だ。

 

TVで「いいふうふの日」の話題が出ると、さっとチャンネルを変える。

スポーツジムで「いいふうふの日」の話題が出ると、スーッとその場を去る。

やっぱり触れてもらいたくない話題だし、語りたくないなー。

 

”私たちはもう30年も一緒に居るんだよ。嫌になっちゃうよ、もー!!”

<そうかい、そうかい、一緒に居られるのは幸せな事なんだよ>

背中の向こうの方でこんな罰当たりな事を呟く人に、私は心の中で言ってあげた。

もっとも、こんなことを言いながらも幸せ噛みしめているんだろうけどね。

 

こんな日はどう過ごせばいいというのだ。

いい夫婦だった彼と私の日」とでもしようか。 

過去形なのが悔しいな。

 

けどね、自分で言うのもなんだけど、

  ・・・彼と私、

    ホントにいい夫婦だったな~!

2011年11月21日 (月)

北風か?

昨夜は本格的な冷え込みがやってきたと思ったら、

今日の風は北風かな、とっても冷たい。

冬場の強い風。

 

昨夜早く寝たので、今朝は4時に目覚めた。

軽く朝食をとり、5時ちょっと過ぎから、早朝ジョギングに出かけた。

日の出もだいぶ遅くなったので辺りはまだ暗く、空には星が輝いている。

こんな時間に走る人もいないかと思ったけど、何人かの人に出会った。

みんな朝から元気だ。

 

暗い道は危ないので、交通事故に遭わないように、

白っぽい服装で、反射板の付いたものを見に着ける。私はランニングシューズと

ウインドブレーカーに反射板がついている。

ちょっと前までは、こんな暗い時間に走る人の気が知れないと思った私だが、

この時間に走ると、陽が昇ってからの時間が有効に使えていいのだ。

朝からの仕事のノリも良い。

 

でも、これから寒くなると、

早朝ランニングも出来なくなるかな。

北風は寒いものね。

2011年11月20日 (日)

こんな日は早く寝よう

昼間は日射しが暖かかったけど、夜はだいぶ冷えてきた。

暖房をつけるほどでもないと、エアコンもホットカーペットもまだ使用していないが、

じっとしていると寒い。

こんな日は部屋が広く感じる。

そう思うのは気温のせいだけでもないのかもしれない。

 

昼間、ちょっと買い物に出た。

ショッピングセンターは日曜日で家族連れでにぎわっていた。

最近は家族連れやカップルを見ても特別、凹む事は無いけど、

クリスマスの音楽が流れる店内を歩いていたら、無性に夫に会いたくなった。

<そう言ってもねー!どうしようもないよね>

心の中で呟いている。 

 

家に帰って、久しぶりに夫と良く見たビデオを見た。

別に夫に会える訳ではないけど、少しでも気配を感じたかった。

 

夜になると一人の部屋はいっそう寒い。

こんな日は心まで冷え込まないうちに早く寝よう。

  お休みなさい!明日がいい日でありますようにconfident

2011年11月18日 (金)

ミニコンサートに向けて

ミニコンサートの曲も決まったところで、

今は毎日1時間以上は歌の練習をしている。

防音室は無いから、夜雨戸とサッシを閉めて大きな声で練習。

先日、友人のピアニストに練習用に伴奏をCDに納めてもらうように依頼してきた。

本来はピアニストにその場で弾いてもらうのがいいのでしょうけど、

それほどの予算も無いですからね。

      ♪ ♪ ♪

ミニコンサートで2曲(約5分)歌うだけだけど、

人前で歌うデビュー戦になる訳だから、気合が入っている。

新入りの私だから、ベテランの皆様のようには歌えないと思うけど、

自分の中で納得出来る歌に仕上げて、成果を発表出来たらいいなと思う。

 

喉を壊してもいけないから、発声練習も念入りにやって、曲の練習に入る。

先日、個人レッスンで注意された事、アドバイスを受けたところはキッチリ出来るように

特に念入りに練習。

ほんの少しではあるが、いい感じで喉が開いてきているように思う。

この調子で 後2カ月弱頑張ってみますgood

2011年11月17日 (木)

ヒップホップに挑戦

スポーツクラブのイベントでヒップホップのレッスンがあったので参加してきた。

こんな機会でもない限り、ヒップホップなどに触れる事など絶対にない私。

50分のレッスンだったが、十分汗をかいて思い切り楽しんできた。

 

リズムに合わせて体を動かすのって本当に楽しいのよhappy01

これまでダンスの経験のない人は?

   ”は~いpaper

エアロビクスの経験のない人は?

   ”は~いpaper

”経験がなくても楽しめるものを考えてきましたから、一緒に楽しみましょう!!”

 

まずはストレッチで体をほぐして、

ヒップホップの基本ステップのレッスン。

足だけでなく、腕も動かしていくから、全身運動だ。

だんだん気持ちがハイupになっていく。

何パターンかのステップを教わり、いよいよ音楽に乗せてステップを踏んで行く。

いつものスポーツジムでの運動より、運動量が多いぐらいでいい汗が出る。

所々、手足がバラバラになりそうになったけど、なんとかついていけた。

いい調子sign03

 

”それでは顔の表情も付けて、身ぶりも大きめにしてみましょう!”

「それなりに」しか出来なかったけど、

思い切り手足を動かし、音楽に乗って体を動かす楽しさを表現。

もう夢中になってやった。

終わりに、半分ずつのグループに分かれて、発表会。

見られていると思うと、少し照れるけど、

こういう時はそんな事考えずに思い切りやった方がいいと、

年齢も忘れて、ステップを踏んだ。

 

レッスン終了後の爽快感は言うまでも無いhappy01

また、こんなイベントがあったら、積極的に参加したいなと思う。

2011年11月16日 (水)

思った事

実家のある所で入っているコーラスは、ちょっと離れている為、

コーラスのコンクールの後、しばらくお休みしているのだが、

ミニコンサートをやるので、見に来ないかと誘われたので、行って来た。

 

舞台の上では 自分がいる場所に私がいない。

変な感じがした。

練習に参加していないのだから仕方ないことだけど、

自分がいなくなっても、こうして事は進んで行くことに少し寂しさを感じた。

<もし、この世から私が消えても、同じ事なんだろうな> と 思った。

 

ミニコンサートに遠くから練習に来る私を誘っては

申し訳ないと思ってくれたのかもしれないけど、

”見に来ない?” と誘ってくれる前に、

今度こんなのをやるんだけど、練習に出てこないかと

誘ってくれても良かったのになどと思ったから、ちょっと寂しかったからかな、

こんな変な見方をしてしまったのは。

・・・

まあ、別にいいんだけどね。

こっちはこっちでいろいろ楽しんでいるからね。

負け惜しみじゃないよ、本当に充実の毎日を送っているんだから。

 

でも、帰りの車の中で、

これをきっかけに、過去を引きずるものは

  少しづつ切り離していくことを神様は望んでいるのかな?

と思った。

 

2011年11月14日 (月)

リフレッシュオープン

買い物好きな夫とよく出かけたデパートが一週間ほど前にリフレッシュオープンをした。

何も無かったら、すぐに出かけていったと思うけど、

あまりにも大きく変わってしまったので、あの頃の思い出が消えてしまうようで、

何となく足が遠のいていた。

 

しかし、そのデパートで売っている、いつも使っている化粧品が切れてしまったので、

今日は仕事を終えてから、思い切って出かけた。

まるで違うお店に来ているような感覚に陥るほど、大きく様変わり。

あまり変わってしまっていたので、思い出などと感傷に浸るどころではなく、

まるで違う場所にきているようだ。

逆に、気分がリフレッシュされて、新たな世界に飛び込んだ感じで気持ちも軽くなった。

 

この軽くなった気持ちがキケン。

案の定、衝動買いcoldsweats01

新しいブランドもたくさん入って、見ていても楽しい。

化粧品以外は特別必要なものは無かったけど、バックとニットジャケットを買ってしまった。

<たまにはいいかな!>とか、

<夫が一緒だったら、”きっと買ってあげる!”って言ってくれるだろう>なんて、

一人二役の会話を心の中でしながら、

買い物をhappy01エンジョイしてしまった。

2011年11月13日 (日)

それはまだ・・・

昨日ヘアーサロンに行って来た。

帰りがけに店長から、

”おおきなおめめさん、今度はバッサリ切りましょうよ!

           その方がもっと髪がきれいに見えるよ!”

って、言われてしまいました。

 

夫が亡くなってから、ずっと今のヘアースタイル。

ヘアーサロンに行ってもいつも現状維持。

どうしても、バッサリ切れないでいる私。

他の事では、変わっていく私は歓迎だけど、

これだけは、どうしても出来ない。

ロングヘアーは、ジョギングで汗になって、毎日のシャンプーもブローも大変だけど、

夫と暮らした頃のヘアースタイルを変えられないでいる。

そんなこと、店長さんは知らないしね。

 

店長に言われて 私は

”エー! バッサリですか?

 4年近くずっと、ロングにしてたからそう簡単にはね。

  考えて置きますけど・・・” 

と 笑いながら返したものの、

心の中では、

<それだけはどうも(・・・出来ない)> と つぶやいていた。

 

確かに いつまでも今のスタイルが似合うとも思わないし、

他のスタイルにした方がいいのかもと自分でも思う時も 有ったけど、

このスタイルを変える事は出来なかった。

 

自分から「髪を切ろう」と思う日が来るのは、いつだろう。

 

その時が来る日まで、やっぱりこのままかな。

2011年11月12日 (土)

初めからこの時の為に

最近、毎日が充実している。

歌の練習を中心に毎日が動いているほど、しっかり練習している。

歌う事が本当に楽しい。

正直、今までやってきたコーラスよりもずっとずっと、楽しんで練習している。

体から湧き出てくるものを感じている。

のめり込むほど、理屈なく、心から楽しい。

 

体全体で歌う。

声が少しずつ膨らんでくるような気がする。

先日の個人レッスンで先生に ”まだまだ伸びる要素が有って楽しみ!” と

言われて、練習が楽しい。

すっかり先生に乗せられた状態でもあるがcoldsweats01

       ♪ ♪ ♪

 

体全体で歌う為には、体力もいる。

腹筋も背筋もいる。

そんな事を考えていたら、これまで私がやってきたジョギングも

スポーツジムでのトレーニングも すべてこの為にやってきたように思えてきた。

夫が逝ってしまってどうしようもない、持って行き場の無い気持ちをぶつける為に

始めたものが この為に。

あの時始めたウォーキングやジョギングが舞台で歌えるようになる為の体力をつくり、

ちょっと前に始めたスポーツジムでのトレーニングも歌う為の腹筋、背筋作りに。

 

自分では、全くそんな事を思って始めた訳ではないのに、

今、オペラを楽しむ会で歌う私の為に そのすべてが大いに役立っている。

何となくここへの道が最初から出来ていたような、不思議な感覚を覚えた。

夫の最期の別れの時、病室で何時間も歌い続けたその続きを、

夫は待っているのかと思える・・・confident

2011年11月10日 (木)

本気モードへ

オペラの先生に個人レッスンをして頂いた。

初めての個人レッスンで待ち時間には 若干の緊張が有ったけれど、

思ったより上がることも無く自分自身の声を 聞いて頂けたかなと思う。

 

これまでコーラスでしか歌った事がないので、

独唱にむけて、自分の声質も知りたかったし、

来年一月のオペラを楽しむ会の身内だけで開催されるミニコンサートの曲を

先生に観てもらい歌う曲を決定したかったので、個人レッスンを受けた。

 

一人で歌うには「響く声」というか「鳴る声」が要求される。

”もっと、もっと!” と 先生の檄が飛ぶ。

体を上下に引っ張ったり、胸を広げたり、

立ったままの姿勢で思い切り重心を下げるイメージで

体の中を真直ぐ抜けて声が出るように、腹筋を使って声を押しだす。

先生の声に乗せられて、体全体を使って思い切り歌った。

今までも体を使って歌ってきたつもりだけど、半分ぐらいしか使っていなかったみたいだ。

歌い終わって、こういう歌い方は今までしてなかったと思った。

歌のレッスンなのにスポーツをした後のような汗が出た。

・・・爽快な汗だ。

ちょっと頑張って練習してみたら、

もっと音楽が楽しめる歌い方が出来るかもしれないから、ちょっと頑張ってみようと思う。

 

コンサートで歌う曲は私が持って行った

♪シューマンの「女の愛と生涯」からの2曲

「あなたを知って」 と 「この世の誰より」 に決定した。

先生に観て頂いた個人レッスンは30分の練習だったけど、

とっても有意義で、私を本気モードにさせてくれたgood

今後、自分の歌声がどう変わっていくか自分でも楽しみだから、練習頑張ります。

2011年11月 9日 (水)

心が癒される

♪「運命の力」「ナブッコの行け我が想いよ 黄金の翼に乗って」・・・ヴェルディ

の合唱部分の楽譜が渡され、只今奮闘中coldsweats02

コーラスではソプラノをやっていたけど、今回のオペラを楽しむ会の合唱では

メゾソプラノ、中間部のメロディーに音程がちょっととり難くて、大苦戦sweat01

おまけに、イタリア語の歌詞ももつれるし・・・。

 

でもね、とってもいい曲なのconfident

心地よい音の重なりに心が癒される。

日頃の憂さなど何処かに行ってしまいそう。

曲に触れている時は、別世界に行っているかのようにフワッとしたいい気分になる。

これだから、音楽はいいんだよね。

 

さあ、明日はオペラの初個人レッスンです。

今からまた少し練習です。

あ~!ドッキ、ドキ!

 

2011年11月 7日 (月)

あー!良かった

”僕の知らない世界をいっぱい見せてくれて、

    とっても楽しいよ! happy01

庭の草取りをしていたら、そんな声が聞こえた気がした。

<そう、良かったconfident。一緒に楽しんでくれているんだね。>

      ・

      ・

      ・

昨日、歌の練習の後、先生を囲んで10人ぐらいのメンバーでフルーツ喫茶に行った。

本当は16時を回っていたので、真直ぐ帰ろうと思ったけど、

その場の雰囲気で、

”何処かで、お茶するの? 私も行きたいpaper” みたいなこと言っちゃって、

参加することになった。

一緒に行くというメンバーの一人を車に乗せて、お店に直行。

とっても素敵なお店で、新鮮なフルーツを使ったパフェやワッフル、ケーキが並ぶ。

注文した品がテーブルに並ぶごとに

”ワー!”っと 歓声が上がるほど、

色とりどりのフルーツが盛りだくさんのメニューにみんな多盛り上がりhappy01で、

お話も弾み、とっても楽しいお茶会になった。

 

昨日は夫の月命日。

今考えてみるとあれは、自分の意志で行ったと思ったけど、

夫が連れていってくれたような気がする。

<○○さま(夫の呼び名)はケーキ好きだったもんなーconfident

きっと、一緒にあそこに居たんだと思う。

2011年11月 6日 (日)

開放的な気分で

今日は雨が降ってしまったから、ジョギングは出来なかったけど、

午前中はスポーツクラブで一時間ほど汗を流してきた。

 

先日入会したばかりだけど、笑顔が飛び交う明るい雰囲気の中で、

人と会話をしながら、汗を流せる事が、

こんなにも気持ちを明るく、開放的にさせるのかを

身をもって体験した私は、あれから毎日通っている。

 

おかげでとっても気分がいい。

人と話す事は実のところあまり得意でない私だけど、

最近の私はちょっと社交的になったような気さえする。

会社に行っても、自然な笑顔が出る。

今日は午後、オペラを歌う会の練習が有ったけど、

そこでも新入りながら ひるまず、積極的にみんなに声をかける私がいる。

歌の練習も、身を入れて出来るようになったきた。

「いいぞ!いいぞ!・・・その調子」って、感じかな。

 

スポーツクラブがきっかけで、また一つギアチェンジ出来たようだ。

やっぱり自分がかわいい

先日突然御主人を亡くされた会社の同僚が、出勤してきた。

もう出勤してきたとは、私にとってはとても意外だった。

本人は”家に居るより、会社で忙しくしている方がいいから”というのだが、

<ずいぶん早い割り切りだなー!> と 思った。

忙しくしている方がというのは良く分かるけど、私の場合、今回の自分の置かれた状況を

知っている人に逢うのはしばらくの間嫌で、

挨拶に行くのもかなり時が経ってからじゃなかったかな。

人によって、いろいろなんだとつくづく思う。

 

出勤してきた同僚に、私は特別な言葉かけはせず、

普段どうりの仕事をしたけど、終わりに一応、声かけをしておこうと、

”どう! 大変だけどやっていこうね!” と 話しかけたら、

堰を切ったかのように彼女は話し始めた。

もともと話し好きな彼女ではあるが、

「待ってました!」なのか、

夫の突然の死を受けたショックの興奮がまだ抜けていないのか、

弾丸のごとく彼女の口から、言葉が飛び出てくる。

突然のことでまだ実感がないんだという事。

御主人の亡くなった時の様子。

おじさんから頂いた言葉のこと。

辛くなったら近くに居る娘さんの所に行っているということ。

       ・・・スゴイスピードで興奮した状態で、涙を流す事も無く一気に語る彼女。

 

話を聞きながら、初めのうちはウンウンと聞いていたが、

そのうち、同じ夫の死を体験した者同士だけど、

やっぱり、人によって、受け止め方も乗り越え方も違うなと思った。

色々声かけをしてくれたり、世話をしてくれたりする娘さんたちの話を聞いている時には、

<な~んだ!一人で苦しんでいるのと違うのか> と、

若干の嫉妬が有ったか無いのか分からないけど、

あの時も実家に行くことも無く、一人で頑張り通した自分に、

<一人で良く頑張ってきたよねconfident> って、心の中で言ってた。

大人げないけど、

  やっぱり、私は自分が一番かわいいらしい。

2011年11月 4日 (金)

この地に根を下ろす

夫が亡くなってから、始めた事。

・ウォーキング

・スロージョギング

・地元のコーラスグループに入会

 (コーラスは実家のある別の市のグループでやってはいたけど、

  私の事を何も知らないグループでやってみたかったので。

  入会して2年半になるけど、言う機会も無いので夫と死別している事は誰も知らない)

・友人の会社で週3日ほど働く

・オペラを楽しむ会に入会

・スポーツクラブ入会

 

ひとりで家に閉じこもっていると、落ち込む一方だからと

外に出て、ウォーキングを始めてから、今日まで、世界が広がったよね。

夫が亡くなった時、葬儀に来てくれた高校時代の友人に、

”おめめちゃん、こっち(実家のある市)に帰っておいでよ!”って、言われたけど、

夫と共に過ごしたこの地をまだ私は離れられないというか、

まだ離れたくなかった。

  ・・・私には、ここで守るべきものがいっぱいある。

てな訳で、ひとりで頑張っている訳だけど、

昨日スポーツクラブの入会手続きをして帰る車の中で思った。

<夫のいないこの地だけど、根を下ろすかのように、

       自分の居場所が少しづつ広がってきたなー!>

 

いくつまで ひとりこの地で頑張れるか分からないけど、

働けて、やりたい事があって、頑張れるうちは夫と建てたこの家に居たいと思う。

それから先の事は、その時また考えたらいいさ!

2011年11月 3日 (木)

スポーツクラブ

前を通るたびに気にかかっていたスポーツクラブがあった。

そうはいっても、いつもは通り過ぎるだけ。

なのに昨日は何となく覗いてみたくなって、無料体験を受けた。

 

部屋に入ると日射しがいっぱい入って、そこで運動に励む人たちの明るい声があって、

いい雰囲気でした。

感じのいいインストラクターの指示に乗せられて、一通りのコースを体験してきました。

体を動かしていたら、とっても楽しくなってhappy01一緒にいた人たちと会話も弾みます。

ウォーキングやスロージョギングでは使わない筋肉に刺激がいっているのが

良く分かります。肩こりも解消できそうです。

月に何度か行っているリラクゼーションでのマッサージの回数を1回減らせば、

会費も十分払えるので、入会してしばらくやってみることにしました。

これで、雨の日や寒い北風が吹く日でも心地よく運動が出来そうです。

<・・・しかし、以前の私って、ここまでやるほど、運動好きじゃなかったんだけどなー>

 

また、楽しみが一つ増えたけど、時間を作るのが大変かなcoldsweats01

あっ、そうだ!

TVを見ながら、お菓子とコーヒーの時間なんていうのが減って、丁度いいかもgood

2011年11月 2日 (水)

大きくな~れ!

confidentお勤めしている会社の玄関脇に植わっている植え木のうちの一本が

枯れてしまっていたので、

”1mぐらいに育った鉢植えの苗がありますから持ってきますよ!”

と 私は我が家の庭にあるシマトネリコのこぼれ種から育った苗を寄付することになった。

 

この鉢植えは夫が亡くなった年にひとり庭いじりをしながら、鉢に植え替えたもの。

あれから3年10カ月、倍ぐらいの大きさになったのかな。

移植の為に鉢から出してみると、

細かい根が鉢一杯にビッシリ張っていて土がこぼれないほどだった。

 

これを庭からこの鉢に植え替えた頃の私は、ポカンと空いてしまった心の大きな穴を

どうすることも出来ず、ただ何かをする事で気を紛らわす毎日だったんだよね。

そんな毎日を知ってるこの鉢植え。

傍に置いておきたい気持ちもあったけど、

会社の枯れた植え木を見た時に 

スラっと私の口から ”持ってきますよ!” と 出たのには

やっぱり意味があったんだろうと思い、植え木の梱包をした。

 

会社の庭にその植木を植樹し帰宅した後、

<この植木が もしかしたらこれまでの私の辛い切ない思いを

                 持っていってくれたんじゃないのかな>

と 思った。

<植物の緑は浄化作用があるから、今大地に帰り、

         すべてが浄化されているところなのだろう・・・confident

<これで、また少しこころの靄が晴れていくのかもしれない>

などと、勝手な思いにふける私だ。

              ・・・

 

しっかり、大地に根付いて ”大きくな~れ!

そう植樹した木に言った私のことばは、そのまま自分に帰ってきたように思ったpunch

2011年11月 1日 (火)

褒められた!

”大きなおめめさん、音程が良くなりましたねnote

初めて褒められた。

超嬉しいsign03happy01

今日、コーラスの練習でみんなが集まりが遅れていて、4人で練習が始まり、その時、

♪O mio babbino caro 私のお父さん♪を歌っての、

先生から一言だった。

今まで褒められた事がないので思わず、

”嬉しい!”と発してしまった私であるcoldsweats01

 

気分が良くなってくると、声の調子も良くなるのか、その後の練習曲、

♪女の愛と生涯♪ と ♪Con te partiro♪では

いい感じで 声が出て、

充実した練習が出来た。

特に女の愛と生涯の方は、別のサークルだけどミニコンサートの独唱曲の候補曲だから、

ひとりで歌っているつもりで、細かいところにも気をつけバッチリ練習good

 

先日練習用に買った高音質のデジタルオーディオレコーダーに録音もしてきた。

練習を録音してなんて、本当に久々。

夫が亡くなる以前はこうして録音を聴きながら、自分の悪い所を直す練習してたのに、

夫が亡くなってから、そこまでやる気がしなくて、ただ練習会場に行って歌ってくるだけ。

でも、今は、

こうして、録音してなんて、しかも音楽専用のレコーダーまで買っちゃて、

かなり本気モードになっちゃった私がいる。

面白いよね、人の気持ちって。

      bleah

・・・まっ! ひとつ自分が大きくなれるように頑張ってみます。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31