« 視線 | トップページ | 知ってしまっていたから »

2011年10月26日 (水)

今日は会社の同僚の御主人が急死され、先ほど通夜に行ってきました。

<平静に、平静に!> と 自分の心を落ち着かせながらの出席でした。

     ・・・think

「夫の突然の死」・・・それだけで、やはり私にはショックだったようです。

初めは平静に座っていたのですが、自分でもビックリするぐらい涙がこぼれてきて、

止まらなくなってしまいました。

   後で思うと、何であんなに泣いてしまったんだろうと思うぐらいの大泣きでした。

 

一人通夜に向かう車の中で、私は同僚に書ける言葉を探していました。

結局かける言葉も見つからず、あれこれ考えるよりも、

その場で湧きあがってきた言葉をかけてあげるのが、一番自然かなと思い

通夜の席に座りました。

同僚と言っても私よりだいぶ年上の方なので、

同僚の横にはお嬢様2人のご家族が座られていました。

大勢のご家族の中に居る同僚を見て、

<これだけの家族に支えられていいるのなら大丈夫だろう。

             下手なことばかけはやっぱり無用みたいな・・・。>

と思う私の中に、

<自分の時はあそこに一人だった>などと考える私が登場してしまったのです。

故人と同僚には本当に申し訳ないけど、

あの涙は、もしかしたら自分への涙だったかもしれません。

一人になってしまったことが とてつもなく切なかった事を思い出した

涙だったかもしれないのです。

それでも、ここまでよく頑張ってきたことへの涙だったのかもしれません。

 

涙はいったん治まったのですが、喪主である同僚に挨拶して帰ろうとした時に、

また嗚咽になってしまい、結局泣きながら、

”頑張って!” と 言うのが精一杯でした。

  <こんな励ましの言葉なんていらないのになー>と 後で反省する自分でしたがcoldsweats02

 

 

当たり前だけど、 家に帰ると私はやっぱり一人でした。

 

着替えをして、お風呂に入って、髪を洗い、ドライヤーをかけ、

PCの前に座り、ブログチェックをし、コメントの返事を書き、記事を書く。

淡々といつもどうりの時間が始まりました。

 

« 視線 | トップページ | 知ってしまっていたから »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

おめめさん、お帰りなさい。
同僚の方を思いながらご自身の事を振り返られて、さぞかし辛かっただろうなと思ってコメント書いています。
同僚の方への言葉掛けは必要ない様に思いました。
だっておめめさんの涙がすべてだからです。
おめめさんがご自身の事をどこまで同僚の方に話されてるのかはわからないけど、おめめさんの流した涙でご遺族の方には気持ちが充分に伝わったと思います。
おめめさん、ご主人の事を思い出して辛くなり過ぎないでね。
どれだけ年数が経とうとも故人を偲んで寂しくなる事はあるし、忘れる事は出来ないと思います。
でもおめめさんは心の揺れ方が大きくて心配になる時があるの。
ブログ上でお会いもした事もないおめめさんに失礼な事を書いてるのは百も承知です。
傍にいないけど ずっと応援しています。

主人を亡くし気持ちは同じ経験をした人にしかわかりません。

おめめさんの気持ちはきっと通じると思います。

お疲れ様でした。
それだけの経験をおめめさんもしたんだもの、
フラッシュバックもcrying仕方がないですよ。
同じ立場だから分る思いってあるのですし、
これから復帰される時に、同僚さんへどう気遣いが
出来るかでいいんじゃないかしら?
気にされ過ぎても辛いんだろうし…ね。
さ、新しい朝が来たsign01 今日も精一杯頑張ろうhappy01

ちるちるさん おはようございます。
御心配ありがとうございます。
最近、凹んでも立ち直りはいたって早いです。

その同僚に私的な事は一切語った事がないので、
彼女は何でこの人はこんなに泣いてくれているのだろうと
きっと不思議に思ったかもしれません。
それ位のお付き合いです。
あの涙が自分への涙だとしたら、失礼なお話です。
あの涙が何の涙か本当のところ自分でもよく分かりません。

今日は晴天です。
また一日一日を楽しんで歩く私でいきたいと思います。

nonannさん おはようございます。
不覚にも流してしまった私の涙が、
それまで拳を握って”大丈夫!”と言っていた彼女の涙を誘ってしまい、
別れ際に、手を握って二人で”頑張って、私も頑張っているから!”と
泣きあってしまいました。
 私の境遇も知らない彼女に私の気持ちがどう通じたのか分かりませんが、
職場復帰してきてくれることを祈っています。

瀬津喩さん おはようございます。
ホント、見事にフラッシュバックです。
参りましたねcoldsweats01
ひとりお家で、冷静になれば、苦笑いです。

復帰してきたら、また以前のようにしごいてあげようと思っています。
会社での私は厳しいです(笑)。

さあ、今日もいいお天気、
洗濯物も干したし、頑張るぞー!good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/53091307

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 視線 | トップページ | 知ってしまっていたから »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ