« ちっちゃな夢 | トップページ | 健康にいいのか、悪いのか »

2011年10月17日 (月)

やっぱりあの時は

昨日は合唱祭でした。

毎年恒例の市内の合唱愛好者のグループの合同発表会です。

当然私たちのグループも出演してきました。

会場を埋め尽くすお客様の入った音楽ホールで歌うのは本当に気持ちの良いものです。

 

その合唱祭で、私たちの出演も終わり、他の団体の演奏を聴いていた時でした。

ピアノの前奏が始まり、

<何処かで聞き覚えのある曲だけど、何だったかなー?>と思ったら、

あの曲でした。

そう、2年前、松山でのコーラスの全国大会に出場した時に初めて聴いて、

人目もはばからず大泣きしながら聴いた曲、♪この街で♪だったのです。

(この事は以前ブログ記事でも書いているけど、歌詞の概要は

 この街で生まれ、この街に育ち

 この街であなたと出会いました

    ・・・あなたのすぐそばにいつも私

 私のすぐそばにいつもあなた

 ~中略~

 この街でいつかおばあさんになりたい

 おじいさんになったあなたと歩いてゆきたい

 ~後略)

歌い始めから涙が吹きこぼれて止まらなくなったcryingあの時のことを思い出していました。

今、私はこの曲をそんな事を思い出しながら 冷静にconfident聴いています。

もちろん今の私は涙を流していません。  

 

<あの時はやっぱり普通の精神状態ではなかったんだなーthink> 

夫と死別して一年半のあの時(まだ一年半なのか、もう一年半なのかと言っていた頃)。

もうかなり落ち着いてきていると思っていましたが、

まだまだ「しべつ」というずっしり重い3文字を背負って、必死に堪えていたのですね。

周りの人には「もう普通になったよ」みたいな そぶりしか見せられなくなってしまって、

鬱積したものが いっぱい貯まっていたというところだったのしょうね。

それがあの歌を聞いた途端に、大きく崩れたのでしょうsweat02

 

あれから2年が経って、私はこうしてふつうに聴けているということは、

どうやらやっと、平常に戻れたらしいです。

        ・

        ・

        ・

 

今日は5時半から早朝スロージョギングに出ました。

ジョギングコースですれ違う人に自分から進んで大きな声で、挨拶しました。

<せっかく挨拶するのだから、ボソボソじゃなくて、はっきりと大きな声で!> と

自分に言いながら走っていました。

そんな私はやっぱり、 もうあの時の私ではないと感じています。

何だか急に切なくなって、時に2歩も3歩も逆戻りすることもありましたが、

少しずつ、ゆっくりゆっくりの一歩の積み重ねが

穏やかな心をもたらせてくれたのでしょう。

            good

登る朝陽を背に受けて走る私の前方に5mほどある長い影が出来ています。

その影が一緒に走っています。

まだまだ先の見えない未来だけど、

    私を良き方向へ導いていってくれる影に見えました。

                  confident

 

 

« ちっちゃな夢 | トップページ | 健康にいいのか、悪いのか »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

おめめ様
 
こんにちわ

この街で の歌詞で泣いてしまいました。

私はまだ平常にはほど遠い日々です。


昨日49日を行い納骨しました。

区切りになるとは言いますが

私の気持ちは何も変わりません。

片付いた部屋が悲しいです。


仕事に復帰し、少しずつ進んでいます。

本当に少しずつです。

nonannさん こんばんは。
♪この街で♪・・・いい曲でしょ!
ジ~ンときますね。
でも、泣かせちゃってごめんなさいね。

それぞれの節目を越えて、少しずつ、少しずつ。
感情の問題だから、周りと比べる必要もありませんね。
自分なりにいろいろ考えていったらいいんじゃないですか。

こんばんわnotes おめめさん

合唱祭お疲れ様でした。

歌をうたって 聞いてて、、、 いいなあ! とか 癒されるとかってあるけど
日本語の歌詞ってリアルに感じるから とっても辛いものがありますよね。

私も 主人が居なくなってから 半年後くらいにコーラスに復帰したんだけど
(やっぱり何にも無くなったら自分が駄目になるのが怖くて、、、)
その時に練習してたのが
逝ってしまった人を偲ぶような歌♪で(;一_一)
練習を続けられずに 部屋を出てしまった事があったの。

それから しばらくして 今の仕事が決まったので歌うの休んでますが。

なんだか、、、今まで何年も皆と一緒にやってきたのに 私だけ こんな運命になっちゃて
っていうのもあって なかなかもとに戻れないの(ρ_;)

でもね!
おめめさんの想い 日々感じていることは私にすっごく勇気を与えてくれてますheart02

私はもうちょっと時間がかかりそうだけれど いつか 自分なりの生き方ができたらいいなって思うのよね。

おめめさんのブログの、最初のほうの日記をもう一度読ませていただこうかなあ~なんて思っていたところでした。私は夫が亡くなって初めて出会ったのが大きなおめめさんのブログですが、今だとまたぜんぜん違う気持ちで読めるだろうなあって思ったのです。

もともと音楽や歌に感情移入しやすいので、いまはまだ逃げてしまってます。メロディに乗った歌詞って、なんでか、ストレートに届いてしまいますね。

前回のコメントのお返事、ありがとうございました。すごくうれしくて、泣きました。

♪:;;;:♪こんばんわ♪:;;;:♪

最近すこし音楽を聞く気分なってきました。
おめめさんに教えてもらった 『流星』 が浮かんだんです。

      <君のほしいものは何ですか?>

       <ただひたすらに君が好き>

私の欲しいものは・・・・
思う事は変わってないのに、涙はひとすじだけ。

フ-ッと彼が遠くに感じた。
一人ぼっちはいや ずっと傍にいて とわがままをいってる。

彼にしてあげられる事は何?
    ・・・・・・・

まだまだ一歩進んで二歩下がるって感じです。

おはようございます。あの頃は、やっぱり普通じゃなくておかしくなっていました、私も。
やっとほんの少しですが、私も一歩ずつになっていてほんの少し心も穏やかになって
きてはいます。
私ももうすぐ三年です。突然だったから、本当に辛くておめめさんのブログにどれだけ
助けられたか、感謝です。
音楽は大好きで、ピアノも歌も好きなんですが、残念ながらまだ飛び込めないんです。
お誘いもあるけれど、何かやっぱり、もう一歩!なんですよね。
ただね、夕暮れの愛犬の散歩の時、夫が乗っていた電車が向こうに走っているのを
見ても、前よりは悲しさが薄くなっていて、少し穏やかになった自分の心を感じます。
賢い犬はそんな私がわかるのか、ちょっと安心したみたいな顔して歩くんですよ。

akiさん こんばんは。
練習を続けられずに部屋を出ちゃったこと、私も有りましたよ。
みんなが練習している間、あちこち歩き回ってきました。
どうしても歌えなかった。
<何でこんなことをしているんだろう?>
心の中で叫んでいました。自分が楽しもうとしている事も、
心のどこかで拒否している気持もありました。

なかなか音楽に心から入り込む事は出来なかったけど、
「今はここに出てくることに意味がある、続けることに意味がある!」と
言い聞かせて、続けてきましたconfident
そう、あの時の私の一番のやるべき事は、
    自分を何とか立て直す事だったんです。

自分なりの生き方、見つけてお互い頑張ろうねgood

ウ525さん こんばんは。
今回の記事を書いた際に、私も自分の過去記事に目を通しました。
<あー!この頃はまだかなり引きずってるかな>
と思いながら自分の記事を読みましたthink
でも一生懸命自分なりにいろいろ考えて、自分で自分を支えて、
頑張ってきたんですよね。
ウ525さんもきっとそうでしょ!
頑張ってるよね、私たち。
たまに、逆戻りしたって許されるよね。

それでも顔を上げようとしているウ525さんは素敵ですよshine

ka-koさん こんばんは。
よかったconfident、ka-koさんが音楽を聴く気持ちになれて。
以前ほどは音楽を聴く機会が減ってしまった私ですが、
それでも、私の立ち直りに一役かって来てくれたのはやはり、音楽かもしれません。
これからも続けていこうと思っています。

拓郎の曲は昔から好きなのですが、
さすがにまだ、ギターを抱えて歌うところまでは気持ちが盛り上がっていません。
夫とギターの取り合いをして、”僕が!”、”私が!”と言っていた頃が懐かしいです。
今は、
♪確かなものなど~、何もなく~♪
などと、突然大きな声で歌い出す私です。
たまにこうして、ワンフレーズ大きな声で歌って、憂さを晴らしてます(笑)。

matuiさん こんばんは。
とっても辛かったけど、こうして、過ぎた時間を振り返ると
少しずつ自分が変われたかなと思えます。
ブログの中でこうして皆さんとやり取りで来ているのも、
心の支えになって、ここまで来られた事は言うまでも有りません。

夫たちは今どんな想いで私たちを見ているのでしょうね。

  愛犬と散歩するmatuiさんの横を一緒に歩いているのでしょうか。

  亡くなった次の日に”お連れ様は降りてください!”と駐車場の係員に言わせた
  私の車に一緒に乗っていた夫は、
  今も私が運転する車の横に乗っているのでしょうか?

 そんな事も心穏やかに考えられるように 私もなりましたconfident

おはようございます(o^-^o)

娘から教えてもらいました。
この季節にぴったりです。(私の好みですが)
早朝出勤のおめめさんにいいかもと思いました。
少し切なく感じますが。

George Winston
AUTUMN
piano solos より
あこがれ/愛

もう知ってらしゃったらごめんなさい。


ka-koさん こんばんは。
Gearge Winstonのピアノ曲「AUTUMN」聞かせて頂きました。
途中のメロディーは何処かで聞き覚えがありましたが、
初めて聴きました。
移りゆく秋の景色が見えてくれるような曲ですね。
曲を聴きながら、数年前のちょうどこの時期の夫と見た紅葉が思い出されました。
       confident
夫が新潟から名古屋に転勤になって、引越し屋さんに荷物だけ運んでもらい、
二人でドライブしながら移動しました。
その時中央道を走りながら見た、長野付近の紅葉の景色は素晴らしかったです。
見事に色づいた大きな木の前でお互いに写真を撮ったの。
そうそう、初めてリンゴが木に生っているのを見て感激したんだよね。
       maple confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/53008553

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりあの時は:

« ちっちゃな夢 | トップページ | 健康にいいのか、悪いのか »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ