無料ブログはココログ

« 輝き | トップページ | 素で行こう! »

2011年10月29日 (土)

意味なんて無くたっていい

ジョギングで気持ちの良い汗を流したとか、

舞台で思い切り声を出して歌って楽しかったとか、

こうして私がブログ記事を書いたら、「夫と死別」「死別の悲しみ」とかの検索で、

ここを訪問してくださった方には 

こんなことになって<何が気持ちの良い汗だ><何が楽しいんだ>と思われる方も

きっといらっしゃることでしょう。

昨日まで一緒に暮らして来た夫が突然逝ってしまった時、私もそうでした。

突然明日が無くなることへ虚しさ。

積み上げてきたものが一瞬に何も無くなってしまう事があることを

知ってしまった感じがして、

何をするにも、<こんなことしたって!think> と思い、

気が入らず、悲しさの涙が溢れるばかりでした。

<歌を歌って、何の意味があるの?> 夫を亡くし一か月半位経った時、

葬儀のお礼も兼ねて、所属コーラースの練習に重い一歩を踏み出した時、思いました。

その時の私には、虚しさしか感じられませんでした。

楽しそうに歌うメンバーの姿も私には別世界見えました。

 

<ここからの私の生きることの意味って何だ?>

<趣味をして楽しむ事に意味はあるの?>

その日、その時間を生きる(過ごす)ことにやっとの思いだった私には、

意味無きものを受け入れる余裕が全く無くなってしまったのでしょう、そんな思いが、

現実の世界から、自分が隔離された感覚に繋がっていったのだと思います。

 

耐えがたい心を何処にぶつけていいのか分からず、歩き回った日々が始まりました。

(夫との死別後の一人人生の歩みもですけど、ここでは本当に体を使って歩くことです)

意味も無く、目的地も無く、時には涙を流しながら歩き回った日々だったけど、

次第に心の落ち着きを得られることに気が付きました。

そのうち、歩くことそのものが楽しいと感じるようになりました。

<今日はここまで歩いていこう!、あそこに行ってみよう!>

と 目標が出来るようになりました。

<そうか、意味なんて感じなくてもやってみると何かが得られる。

                それが楽しいって、いうことなのかな>

と 思いました。

 

”何のために走っているの?”って聞かれて、

”別に意味なんてないよ!” って私は答えます。

しいていえば、ストレス発散なんですけど、

ストレス発散の為に<苦しいけどあそこまで頑張ろう!>と

自分を追い詰めながらも走ることはないだろうと自分でも思います。

そんな意味も無い頑張りをする私だけど、頑張ってみるとスゴイ達成感が得られます。

初めは意味のないと感じたことも、やってみれば大きな意味がある

ということなのでしょう。

<コレなんだgood> と思っています。

 

今は、意味なんか感じなくてもいい、

その事に何らかの接点を感じるものがあったら、

取り合えず、行動に移してみる事がいいんだなと思っています。

意味は結果として付いてくるものなのだ。

きっとそうなんだよ!

そういう考えが出来るようになった事で、自分でも気がつかない間に、

少しづつ自分で作った隔離の壁が壊れていったのかなconfident

今はあまり、自分がみんなと違う世界に居る感覚は感じなくなったようです。

 

もっとも、夫の死を思う時、あの時そしてその以前にも何も出来なかった私なのに、

こうして自分だけが楽しんでは いけないのではないかと、

罪悪感が楽しむ事許してくれない感覚は いつまでも抜けませんでしたけどね。

その辺は、もう夫も許してくれているというか、

”そんな事は無いよ十分やってくれたよ” と言ってくれているのか、

どちらにしても、楽しんでいる私の顔を願っていてくれるという

考え方に強引に変換して、勝手ながら、今はそう信じることにしています。

(一人で先に行っちゃったんだから、それ位は大目に見てもらわないとね。bleah

 

そうはいっても、”人生楽しまなきゃね!” と 言っている自分には、

まだ何処かで無理をしてテンションを上げようとしているところがあるみたいですけどね。

でも、何処かで無理して一歩踏み出さないことには何も始まりませんからね。

だからこそ、自分にも「マイペース」とか「ゆっくりね」とか言って、

自然な心のほぐれをも期待してます。

 

« 輝き | トップページ | 素で行こう! »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
5ヶ月前に夫を亡くし、あまりの辛さに「こんな時、他の方はどうしていらっしゃるのかな?」と思い、検索してこちらに辿り着きました。
大きなおめめさんの文章に触れ、涙し、そして癒されています。

私も四十九日が終わった頃から幾つかの稽古事に復帰していますが、何をしても虚しくて「何のために自分はこんなことをしているのだろう」とつまらなくて、生きていることそのものが億劫です。

今日のおめめさんのブログを拝見して涙が溢れて、初めてコメントさせて頂きました。
おめめさんが仰るように、意味が無くても取りあえず稽古事に通ってみることにします。
そのうち、その稽古事に張り合いも出てくるかも知れませんよね?

私はおめめさんよりずーっと年上なのに、いつも教えられています。
本当に有難うございます。
これからもどうぞよろしくお願い致しますね。

香さん 初めまして。
コメントありがとうございます。

お稽古そのものに意味を感じなくても、
お稽古に行くことに一歩踏み出せたことに大きな意味があると思います。
こういう状況に置かれた私たちにとっては、
お稽古そのものよりも、自分が動く事が大切なのかなと思います。
その結果がいいか、悪いか、もちろんやってみなければ分かりませんが、
家の中でじっと一人考え込んでいると、
落ち込む一方ですからね。
辛かったら、休めばいいだけの話ですし、
どうしてもダメだったら辞めればいいぐらいの気持ちで、出かけたらいいと思います。
でもきっと、行って良かったと思うこともたくさん得られるのではないでしょうか。
 
 そういう私自身、仲間の中に入っても何となく輪の中に入れず、
帰りの車の中で切ない想いが込み上げてきて、大泣きしながら帰ったことも一度や二度ではありませんでした。
でも「続けてやってきたこと」そのものに大きな意味を感じています。
頑張った自分に少し自信も付きました。

切ないし、寂しいし、苦しい毎日かもしれませんが、
そんな中でも少しだけ頑張った自分が、明日への活力になるみたいです。
かと言って、決してご無理はなさらないでくださいね。
どうぞ、ゆっくり、ご自分のペースで!

よろしかったら、またその後のお話など、聞かせてくださいね。
お待ちしてます。

おめめさん
 
昨日49日でした。

私はまだ生きる事しかできません。


仕事はできるようになりましたが、それだけです。

たしかに、何もしないで一人でいるのは耐えられないので

私は仕事をしていた方が良いのでしょう。


いつの日かおめめさんのように感じられる日がくるのでしょうか?

時間が必要なのでしょう。

nonannさん こんばんは。
生きる事が出来る。
十分じゃないですか。
そこからすべてが始まります。
今、一番しなくちゃいけない事は生きることです。

 私の感じ方や考え方は正解ではないかもしれないし、
それがすべてとも思いませんので、私のようにというのは置いておいて、
nonannさんにも、今を越える時は必ずやってくると思います。
悲しみや死別の苦しみに耐えながらも、考え悩み、
こんなに一生懸命毎日を生きているのですから。

おはようございます(o^-^o)
8ヶ月が過ぎ、あの頃と同じ事を思っても涙は出なくなりました。
悲しい気持ちは同じなのに、
望んでも無理と知っているから、解ったから。
考えなくなっているみたいです。

自分の事を考える時期にきているのかな?

彼にはもう何もしてあげる事は無いんですかね?
(想いは、生きている限りです)


ただ
彼はいないけど、それでも一緒に歩いていけることはないかなって無茶なことを思っています。
自分に自信が無いんです。
あんなに悲しかったのに今は冷静な私。
”想いは生きている限り”と言いながら忘れてしまうのではないかと不安になる私。
誰も責めたりしないのに、何か怖がっている私がいます。

記事とは関係がなかったですが、最近の心情を書かしてもらいました。

ka-koさん こんにちは。
今の自分を素直に受け入れていったらいいんじゃないのかな。
忘れてしまうのではないかと不安になることもないし、
恐れることもないと思います。

涙が出なくなったから、忘れてしまったのではないかと言えば、
決してそんな事は無いし、
あんなに一日中、毎日毎日夫の事が頭の中でいっぱいになっていたのに、
今はともすると、すっかり別の事を考えている私がいる。
でも、夫への思いが薄れてしまったのかと言えば、
決してそんな事は無い。
ただ、元に戻っただけなんじゃないかな。
・・・夫と暮らしていた頃の自分に。

あの頃、夫を前に泣いてばかりいる自分はいなかったし、
夫の事を一日中考えている自分もいなかった。
夫が傍に居る時は、そんな事考える必要もなかったものね。
夫の事で考えるといえば、
何をしたら喜んでもらえるか、
何を作ったら、美味しい笑顔を見せてくれるかなんていうことぐらいだったかな。

こんなことも思うんだ。confident
涙しなくなったり、必要以上に夫の事を考えなくなったのは、
もしかしたら、私たちの中で、夫たちが共に生きているのじゃないのかなって。
見えないし、話も出来ないけど、
共に歩んでいるから、涙はいらない。
共に歩んでいるから、少し心も落ち着いて。

でもたまには手を繋いで、一緒に歩きたいけどね。

おはようございます(o^-^o)
そうですよね。
彼と暮していた頃の自分に
そして、共に歩んでいる。
物言わぬ彼だけど、会話はしていますものね。
本当に手繋ぎたいですね。

新しい週、爽やかに行けそうです。
おめめさんも、よい一週間でありますように。


ka-koさん おはようございます。
「夫の影を背負って生きるのではなく、
       やっぱり夫と共に生きたい!」
実は昨日ka-koさんからのコメントを受ける前に、こんなことを記事にしようと
思っていたんですよ。

死別という辛い別れになってしまったけど、
今は自分の心の中に夫は存在する。
だから、暗くうつむいて生きるよりも、
顔を上げて、胸を張って歩く。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/53109265

この記事へのトラックバック一覧です: 意味なんて無くたっていい:

« 輝き | トップページ | 素で行こう! »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30