無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

毎日が短いなー

毎日毎日があっという間に過ぎる。

もう少し時間が欲しいな。

ちょっと欲張り過ぎかな。

やりたい事が多過ぎるのかな。

   

ここの所、ゆっくりパソコンの前に座っている時間があまりない。

夫は逝ってしまって、心の置き場を探していた、

一時期のパソコンべったりの日々の頃からすると、

自分の心がかなり落ち着いて生きてる証拠かなと思う。

    

夫がいたら、今の私の生活は絶対にない。

 (自分で言うのも変だけど、たぶん他の人には「そこまでやる」と、あきれられるだろうし、

  夫がいたら、「そんなに無理しなくても!」って、きっと言うような生活だと思う)

失くしたものもいっぱいあるけど、新しい世界も広がった。

それに伴って、少しずつ充実感も味わえるようになった。

心の底に眠る、夫と暮らした日々は時々私の前に広がるけど、

それを想って、胸がキュンとする事はあっても涙する事は無くなった。

      

毎日、時間が足りないくらい何かをしている充実感と疲れが

すべてを持ち去ってくれているのかもしれないなとも思う。

    

今を一生懸命悔いなく生きる

亡き夫に私がした約束。

今日も果たしたよ!good

2011年7月30日 (土)

雨の降る前に

早朝からの仕事から昼ごろ帰宅して、アトリエの仕事。

今やっているのは、とっても面倒な複雑なデザインの注文のもの。

<ここのところは、どうやって作ったらいいんだろうか?> と

 時々考えながら、見本の品をあっちからこっちから見て苦戦しているので、

かなり疲れるのか、集中が2時間位で途切れてしまう。coldsweats02

今日は3時間はやろうと決めていたので、何とか頑張って、仕事を進めた。

    

午後4時近くなった頃、雲が広がりだいぶ気温が下がってきた。

<雨が来そうだ、走りに行くなら今しかない> と ジョギングコースが私を呼んでいる。

本当はもう少し仕事を進めておかなければいけないけど、

今日の所は、

「製作の仕事では、頑張りすぎないことがいい結果を生むので・・・」 と 

自分への言い訳coldsweats01をして、気分転換のジョギングへ出かけた。

   

スロージョギングの途中から、ポツポツと雨が。

家に帰り、お風呂に直行し、汗を流していたら雨が音を立てて降ってきた。

ラッキー!happy01

   

明日も午後からしかアトリエの仕事は出来ないけど、

明日はデザインの一番の山場の製作。

いい汗も流した事だし、

頑張らなくっちゃ!good

2011年7月29日 (金)

気のせい?

ジョギング中に後ろから誰かがついてくるような気がして、

振り返ってみるが、誰もいない。

机に向かって、夢中になって仕事をしていると、

アトリエの入り口のドアの所に人の気配。

もちろん、そこには誰もいない。

   

こんな風にいろいろな場面で誰かの気配を感じることがよくある。

気のせい?

そうかもしれないけど、

<きっと夫だ!> と 私は思っているconfident

   

真夏の怪談話ではないけど、

時々、何かの気配を感じます。

2011年7月27日 (水)

こんな時に故障?

先週私用が色々あって、後回しになっていたアトリエの仕事をこなそうと、

朝から頑張っていたら、

午後になって突然仕事でメインに使っている機械の調子がおかしい。

<まずい!このまま動かなくなったら?> 

予感的中!

まったく動かなくなってしまった。

夫が逝ってしまった直後に買ったばかりなのに、もう故障なんて。coldsweats02

しかも、こんなに忙しい時に・・・ショック。

   

引き出しの奥から購入した取り扱い店の名刺を探し、TELすると、

「この電話は現在使われておりません」 と 冷たい伝言。

<エー、つぶれた?>

・・・こんなご時世だから、そんな事もあるかもね。

次はメーカーの故障修理へのフリーコールへTEL。

営業所は3年前に閉鎖したとのこと。

<私が買ってすぐじゃんshock

修理に関しては、機械をメーカーに送ってくれれば、直してくれるとのことだったが、

こちらが申し出た様な故障状況だと、近くの修理屋さんでも修理可能らしいので、

メーカーの推薦する地元の修理屋さんを紹介してもらった。

それが、近くと言っても自宅からはかなり遠い(車で40分ほど)。

しかし、直さないと困るのでそこに電話をして、すぐに機械を車に積み込み出かけた。

    

修理屋さんで、状況を説明して機械を見てもらうと、

驚いたことに正常に動いている。

「全く異常なしですね!」

「エー、そんなー!coldsweats02ホントですか、イヤー!・・・ホントですね。」

<・・・私の苦労はなんだったの>

    

<そうか、今日は仕事をもうやめた方がいいってことだったかもしれない>

まだ、15時を少し回ったところ。すぐに家に帰ればまだ仕事は出来る。

しかし、そんなふうに思えてきた私は、修理屋さんを出るとすぐに家に帰らず、

そのまま、ドライブした。

何の目的もなくただブラブラと時間を過ごした。

突然降って湧いたリラックスタイム。

計画はあってないようなもの、流れに任せてやるがいいってことなんだろうな。

・・・またまた、夫のしわざかな?

   まっ! 明日からまたガンバロっとgood

2011年7月24日 (日)

なんて返事しようかな

昨日の夏祭りはかなりの人が集まってくれ、大成功!

我が区の担当のフランクフルトの販売数は500本。

大がまでフランクフルトを茹で、鉄板で焼き、トマトケチャップとマスタードを添えて販売。

行列が途切れることなく出来、あっという間に売り切れ。

お祭りの終わり時間まで片付けは出来ないので、

一緒にお手伝いをした町内のお仲間と一時間ほど雑談となった。

   

同じ区といっても、燐保ではないので家は離れている。

したがって私が夫を亡くしている事など当然何も知らない人達との会話だ。

    

お祭りの話から、子供の話へ。

子供のいない私にとっては別段入り込める話題でも無かったので、

何となく相槌を打ちながら聞いていると、

「おめめさんの所はお子さんは?」 と いつものお決まり質問が飛んできた。

この手の質問はいまだに慣れなくて、返事に一呼吸置いてしまう。

「・・・私の所はいないの!」 

「でも、子供がいたって今は子供に将来を見てもらえる訳じゃない時代に

 なってきたから、一緒よ。」 と 帰ってきた。

  

次の話題はこれまた厄介。

夫の話題だ。

色々話しているうちに、

「おめめさんの所は今日ご主人の夕食は?、ご主人待っててくれてるの?」 と来た。

 ・・・<んー、どうしよう> 返事に困った。

「別に待ってはいないと思うよ。何処かで勝手にやっているんじゃないかな?」

などと、答えてしまった。

こんな場所で、「死んじゃったの!」なんて答えるのも何だかなー!と思った。

別にウソではない見事な答えが出来たかなと自分で思った。coldsweats01

    

こういう場で、やっぱりこの手の質問は困りものだ。

2011年7月23日 (土)

夏祭り

今日は町内の夏祭り。

班長をしているので、お手伝いに出かけることになっている。

    confident

三年半前の夏祭りの時は自治会の区長をしていたので、

仕事で行けない夫の代わりに私が夏祭りの手伝いに出た。

とってもいいお天気で暑い日だった。

仕事から帰ってくる夫の夕食の準備をしてからと思い、

取り合えずビール一杯といくだろうから、   

おつまみの枝豆をゆで、焼き鳥を用意して出かけた覚えがある。

     

暑さの真っただ中、公園の広場に午後一時集合でお祭りの準備をした。

3時ちょっと前に準備完了で行ったん家に帰り、

シャワーを浴びて汗を流し、お着替えをして再びお祭り会場へ。

     

フランクフルトの鉄板焼きが我が班の担当。

災害時用に用意してある大きなお釜で湯を沸かし、フランクフルトを茹で、

鉄板で焼きあげ、販売する。

「いらっしゃいませー! フランクフルトいかがですかー。」

ちょっと恥ずかしかったけど、意を決して大声を張り上げ売りさばいた。

売り場には列が出来るほどの盛況ぶりhappy01

    

<お祭りでこんなことがあったよ! あんなことがあったよ!>

と 夫に報告するのが楽しみだった。

打ち上げもそこそこに缶ビールだけを頂いて(笑)、家に帰った。

夫は”ご苦労さん!” と 言ってくれ、ビールを飲みながら、私の話を

ニコニコ笑顔で聞いてくれた。

     

今回の夏祭りも我が区の担当はフランクフルト。

今日もあの日と同じようにいいお天気になりそう。

一人ぼんやりこうしていると、ふと、タイムスリップしたような感覚がする。

「行ってらっしゃーい!気をつけてネ。」 と 仕事に行く夫を送り出し、

洗濯物が窓の外で揺れている。

あの日と同じようなしあわせで平和な朝のようだ。

お祭り準備で汗をかいても、対応できるようにと、

あの時夫の買ってもらった、涼しそうな速乾のポロシャツを今日も着た。

   

ただ、違うのは、

あの時は区長だったから、率先していろんなことをしなければいけなかったけど、

今年はその下の班長だから、お手伝いということで気が楽ということ。

そして、夫の為の夕食の準備をして出かけなくてもいいし、

お祭りの土産話もいらないという事だけ。

   

・・・さあ、今年も大声あげて、頑張ってきましょうかgood

2011年7月21日 (木)

他人と比べなくてもいい

何気なく見ていたTVドラマの中のセリフで、「ウン」とうなずいてしまった。

    

「他人と比べなくてもいい。

 あなたが受けた悲しみはあなたにとって大変なことだった。

                  それでいい!」

   

もっと辛い目に合っている人もいるのだからと自分に言い聞かせるように言う、

そのひとに、かけられた言葉だった。

それを言われたその人は「ありがとう!」と ほっとしたような嬉しそうな涙を見せた。

<そんなんだよね。本当にその通り!> 私もうなずいた。

・・・私もそんなこと言われたら、同じように「ありがとう」と言いながら、

  きっと大粒の涙がこぼれ落ちるに違いない。

     

確かに自分よりも、もっと辛い想いをしている人もたくさんいるだろう。

でも自分が受けた辛い想いは確かに切なくて辛いことだった。

自分の人生はいいも悪いも他人と比較できるものではない、

自分だけの人生なのだから。

自分の気持ちを無理に押し殺す事はないよね。

自分の受けた辛さを本当にせつなく辛いものだったと認めることが出来ると、

逆に、這い上がろうとする力が出てくるものかも知れないと思う。

2011年7月20日 (水)

予定が狂うよ

台風がやってきてしまい、今雨戸を叩きつける横殴りの雨が降っている。

       typhoon

今日は病院にお見舞いに行く予定だったのに、予定が狂うよ。

昨日は仕事があって行けなかったから 今日は行きたかったのに、

これから台風がこちらに向かってくると言う。

直撃の心配はなさそうだけど、往復4時間も車を走らせることを思うと、

何があるるか分からないから、計画を中止した方が良さそうだ。

     

顔を見に行きたいけど、

まあ、順調に回復に向かっているから、良しとしますか。confident

2011年7月15日 (金)

取り合えず、一安心

身内の手術も本日無事終了で、取り合えず、一安心。confident

後は、術後の経過が上手くいけばというところで、回復を待つだけ。

   

ここ数日、自宅から車で片道2時間の病院と家の往復で一日があっという間に過ぎ、

何となく気持ちも複雑なところにいたので、

手術が無事終わって、術後の血行の良い顔色を見たら、ホッとした。

   

これまで頭の中は、正直この手術のことが大半を占めていたので、

今は、体中の力が抜けた感じ。

  

しかし、明後日に迫った私のコーラスのコンクール。

これまでにやってあるのは、歌の練習と前泊のホテルの予約だけ。

電車の切符の手配も荷作りも何もしてない。

気分的に、それどころではなかったものねcoldsweats01

先ほど疲れて帰った中、やっとの思いで明日出発の荷作り。

お泊まりセットと衣装をキャリーバックに詰め、明日着ていく服を用意した。

フ~!

     

明日朝、病院に寄って術後の良好を確認してから、出発の予定。

さすがに病院にまでは届かないと思うけど、心に届く歌を思い切り歌ってこようと思う。

      ♪ ♪ ♪

2011年7月11日 (月)

大丈夫だよ!

今週半ばに身内の手術に立ち会うことになっていて、ちょっと気が重い。

    

大変な手術ではないと聞いているが、当の本人も気分が晴れないようだ。

手術にはつきものの、万が一の場合のリスクを説明されて心配する、当の本人には、

”大丈夫だよ!” と

 取り越し苦労の不要を笑い飛ばすように言った私だが、

もしかしたら、本人以上に私は不安を持っているのかもしれない。

    

梅雨明け後の抜けるような青空を見ていると、

ちっちゃな不安はみんな吸い込んでくれるような気がする。

<大丈夫だよね!>

    

病院→入院→手術には、私の中でまだ、浮上出来ない思いがある。

ここのところ、こんな不安が私に夫のあの時を思い出させるthink

   ・

   ・

   ・

でも、それはそれ!confident

今回は違う!

<大丈夫・・・大丈夫だよ!scissors> 

2011年7月10日 (日)

梅雨明けと共に

季節の変わり目は苦手だ。

新たな季節を迎える度に、新しい季節を夫は迎えることが出来なかった想いと共に、

一人で生きることを確認させられる感じがして嫌だ。

そうはいっても、やるしかないんだけどね。

    

一人での毎日が当たり前になり、自分なりに毎日頑張っている。

昨日も午前中会社勤めをし、午後は母に頼まれた買い物に出かけ、

町内自治会の仕事・夏祭りのバザーの不用品集めに隣保を回り、

夕方スロージョギング&ウォーキング。

   

会社から帰った昼ごろは、太陽もギラギラ強い日射しで気温も上昇!

梅雨明けと共に青空とぐったりするような暑さがやってきた。

昼食をしながら、窓の外の景色を見ると夏の日射しに気力が負けそうになり、

<フ~、やる気が失せるよね~!> と ため息が出るwobbly

しかし、貴重な時間をそうかと言って何もしない訳にもいかず、

<よ~し、やりますか!dash> と punch気合を入れて、

母に頼まれていた買い物をしに街まで出かけ、町内会の用事も済ませ、

帰宅後17時過ぎから、ジョギングに出た。

    

この時間なら、少しは日も傾いていいだろうと思ったけど、まだまだ暑い。

こんな時はいつもよりスローペースで体力保存しながらゆったりと走る。

それでも、さすがにいつものコース公園一周6,5kmは走りきれなくて、

5kmほど過ぎたあたりから、ウォーキングに切り替えた。

   

たらたら流れる汗。

家の中で、じわじわ出てくる汗より気持ちいい!

夏場のジョギングはこのドバッと出る汗が爽快。

かなり疲れるけどね。

「どうせ汗をかくのなら、思いっきり汗をかこう!」が 私流。

    

梅雨明けと共にまた暑い夏がやってきたけど、

夏バテしないように今から体力つけて、

頑張りましょう!happy01

2011年7月 7日 (木)

のんびりと

アトリエの仕事も無事片付き、昨日お客様の所へ配送。

会社のお勤めもお休みで、完全OFF。

のんびりとした朝。

しとしと雨が降って、気温も下がり、今日はしのぎやすい。

心と体の休息日みたいだ。

      フ~!

・・・”お疲れ様!”って、夫が言っているのかな!confident

雨にぬれるお庭を見ながら、そんな事を思った。

     

さ~て、来週末noteいよいよ本番のコーラスのコンクールに向けて、

今からヴォイトレに行ってきま~す。

2011年7月 5日 (火)

条件反射のように

ジョギングの帰り道に建築中の家がある。

敷地をフェンスで覆われ、建物も幕で覆われて

「○○ホーム」と建築会社の大きな垂れ幕がかかっている。

 我が家と同じ建築会社だ。

着工時期と家のサイズも我が家と良く似ている。

ここを通ると条件反射のように我が家の建築中の頃を思い出す。

    ・・・confident

あの頃、毎日のように仕事帰りに建築中の家を覗いて帰ってきた夫。

”今日はサッシが入ってた”

”今日は外壁まで出来ていたよ!”

出来あがるのを本当に楽しみにしていた。

4月に着工で8月終わりに完成、引き渡し。

ちょうど今頃は電気屋さんガス屋さん、水道屋さん、もちろん大工さんと

いろいろな職人さんが出入りして、内装工事の真っ最中だったかな。

休みの日には差し入れのジュースを袋いっぱい下げて、

工事の進み具合を見せてもらいに行ったんだよね。

     ・・・

ジョギングの汗とともに、たまに目からも汗が出る。

次から次に浮かんでくるあの頃の思い出。

仮住まいのマンションで新居の完成を夢見ていた夫の笑顔。

     ・

     ・

     ・

ジョギングの帰り道にあるこの建築中の家。

それを見上げる夫の姿がそこにあるような気がして、

・・・また、その道を選んでしまった。confident

2011年7月 4日 (月)

店員さんのおかげかな

先日エアコンが壊れて、買い替えを覚悟して、

大手の家電量販店に下見に行った時のこと。

    

壊れた我が家のエアコンは室内機2台(二部屋分)室外機一台の

ハウジングタイプのエアコン。

お店に並んでいるのはすべて普通タイプのエアコンなので、店員さんに

”こういうタイプ(我が家のエアコンのタイプを説明)のエアコンはありますか?”

と 質問をしたら、

”そういったのはここでは取り扱いがありません” 

と そっけなくあしらわれる様に言われた。

愛想もない、その答え方に全く誠意を感じなかったので、

心の中で、<もうここでは絶対買わないゾ!> と 思った。

他に居た何組かのお客様は夫婦づれ、そんな事を思いたくないが、

女一人の客は買わないとでも思ったのかな。

”分かりました!” と その後色々聞きたいこともあったけど、

そんな気も失せて家に帰った。

     

<よ~し、売ってないなら、

 昨年お世話になったメーカーの修理担当に直るかどうか聞いてみよう!

 もし修理不可能であれば、

       直接そこで今あるタイプのものと同じものを購入すればいいし>

そう思ってさっそくTEL。

そして5日後(この暑さで修理依頼が多いそうだ)の今日、修理にきてくれた。

    

先日の店員さんとは大違い。とっても感じのいいお兄さん。

”部品の交換で直りそうですよ!” と 暑い中、修理をしてくれエアコンは直った。

修理代は26、775円・・・ちょっと高いと思ったけど、

後で聞けば、このタイプのハウジングエアコンは四・五十万円するとのことでビックリ。

新築時に一緒に支払ったので、金額のこと分からなかったんだよね。think

だから、この金額で直れば、安いもの。

直って良かった。happy01

それに、室外機一台に対して、室内機二台のハウジングタイプのエアコンは

普通の電気屋さんや家電量販店では、取り扱いもほとんどないし、

取り付け工事自体も嫌がられるか、出来ないかもしれないということだった。

あの店員さんがあんな態度だったのも納得した。

    

しかし、今思えば、

あの店員さんの無愛想な態度のおかげで助かったよ・・・買わずに済んで!

  (これも何かのお導き、お導きconfident

 でも今度壊れたら本当にダメだから、「エアコン貯金」今から少しづつしておかなきゃ!

        ・

       即実行!

        ・

   エアコンのスイッチを入れる度に、

    100円貯金しようと貯金箱を設置した。happy01

 

2011年7月 2日 (土)

車の点検

愛車の半年点検。

取り合えず、言うこと無しの快適ドライブをさせてくれる愛車だが、

定期点検の為に、カーショップへ。

今日の為に、昨日は車の身づくろい。

洗車と車内の掃除機かけをした。

洗車は点検の後、無料でやってくれることはやってくれるけど、

最近は洗車機での洗車なので、お断りしている。

(洗車はいつも手洗いで念入りにが私流。

    まだ、一度も洗車機で洗車をしたことがないのが自慢・・・節約もあるけどcoldsweats01

    

半年で走行距離5千㌔ちょっと。

夫がいた頃に比べると、一人での行動範囲が広がったので走行距離も伸びている。

単純に 二台の車が一台になった分、距離が伸びたってことなのかな。

  夫と二人でドライブ!

  もうほんとに出来ないんだよね。

今でも時々こんなことを思ったりする。

   ・・・think

これからも、私一人だけの走行距離が伸びていく。

愛車よ、いろんな所に行こうね!happy01

2011年7月 1日 (金)

朝から暑いけどガンバロ!

5時起床。

朝からモアッと暑い。

それでも涼しいうちにと、洗濯もののアイロンがけとお掃除、ゴミ捨て。

夕食のカレーの仕込みをして朝食。

朝食前にTシャツがもう汗びっしょりで早くもお着替え。

      

<朝からだるいなー!、でも仕事が待ってるし>

8時からのアトリエでの仕事開始を心に決めて、自分に拍車をかけている。

・・・私の仕事は自分がやらなければ、何も進まないから少しでもやっておかないと。

今週頑張れば、アトリエの仕事もひと段落なので、

時間のゆとりも出来る。

朝から暑いけど、今日もガンバロ!happy01

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31