« 年月の基準は、やっぱり・・・ | トップページ | 大人だなー! »

2011年3月 9日 (水)

空がピンク色

大きな桜の木の下で、お空を見上げたら、

空がうっすらピンク色。

まだ固く閉じた桜の花芽だけど、何となく色付いている。

無数のつぼみが見上げる空をピンク色に染めているようだ。

     

<季節の移りは、行ったり来たりしながらも速いなー。>

なかなか追いついていけないよ。

     

一面を黄色に染める川岸の菜の花。

枯れ草の冬景色が春色に変わっている。

<悔しいなー!>

こんなに素敵な景色を一人で見ているなんて。

     

桜の花が開花して、華やかな彩りを見せてくれる時、私は

密かに、桜の木の根元に目をやるんだ。

そこにあなたが眠っているような気がするから・・・。confident

   

そうそう、お庭のクロッカスね、今年も今 黄色い花を咲かせているんだよ!

              ” 見てくれた? ”

 

« 年月の基準は、やっぱり・・・ | トップページ | 大人だなー! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♬
今朝も寒い朝を迎えていますが、吹く風に春を感じさせるものがあります。
桜の木に春を感じ、川岸の菜の花に春を感じられるっていい場所ですね。
ご主人はいつもそばにいてくれる。おめめさんの心の中にも!
だから、ご主人がいつも声をかけてくれていたことを、今はおめめさんが声をかけてあげれば良いかも知れません。「クロッカスの花 見てくれた?」みたいにconfident

今日も良い一日になりますようにhappy01

toranosuke さん こんにちは。
春の花が咲いたと思ったのに、体の芯から冷えるような日々。
おーさぶ!ブルブルです。.

すんなり春が来てくれませんね。
春はもうすぐそこなのにネ!

はじめまして!明るい風景が思い浮かぶのに、涙が出てきました。こんなに未来が色をなくすなんて・・主人を亡くしてから。前向きなブログに癒されています。

さくらさん 初めまして。
夫が逝ってしまったばかりの頃、この世のすべての物から、
色が奪われてしまったかのように、
目に映るものが何もかも自分とは無縁のもののように感じました。

あれから年月が過ぎ、世の中に色が戻り、
自分の周りの空気の香りが感じられるようになりました。
季節の移ろいの感動も再び味わえるように・・・。

しかし、そこに夫はいない。
<あーあ、夫と共にこの空を見たかったconfident
ここから何年経っても、この想いはきっと消えないんだなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/51051628

この記事へのトラックバック一覧です: 空がピンク色:

« 年月の基準は、やっぱり・・・ | トップページ | 大人だなー! »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ