« 東電さん、お願いします | トップページ | ほころび始めた桜 »

2011年3月28日 (月)

携帯の待ち受け画面

 私の携帯の待ち受け画面は横浜球場で、野球観戦の夫の写真。

”ハイ、こっち向いて!” で、「パチリ!」のいい笑顔のベストショット。

   

朝起きて一番に携帯の電源を入れると、待ち受け画面の夫に

”おはよう!”

メールを知らせてくれるのも夫の笑顔。

”○○ちゃん、メールが来たよ!”

眠りに就く前にも、ご挨拶。

”じゃあ、また明日ね!” と 携帯の電源を切る。

    

ある時、友達に携帯を覗かれて、

”ヤダ!○○ちゃんの待ち受け、旦那さんじゃん、・・・恥ずかし~い!” だって。

大きなお世話よ。

・・・私、全然恥ずかしくなんてないもん、大好きなんだから。

いつも一緒に居るんだもんね。confident

« 東電さん、お願いします | トップページ | ほころび始めた桜 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

私の携帯の待受も最後に二人で出掛けた時の主人の写真です。
二人の息子には留守番をお願いしての20年ぶりの一泊旅行でした。
おめめさんと一緒で朝から夜まで携帯を開く度にあの人が私に笑いかけてくれます。
今回の地震で何もかも無くなり、愛する人さえも亡くしてしまった人達に比べれば例え携帯の中からでも笑いかけて貰える私は幸せなんだと思いました。
頭では理解しているのに、心は亡き夫をずっと待っている。この世で会える事は無いとわかっているのに…。

彼が亡くなるまで携帯は持っていなかった私です。
今彼の携帯を大切に使っています。
連絡はマメにしてくれていました。
私の休みの時はかならずお昼には連絡を入れてくれて
晩御飯のメニューを、料理が下手な私の為に簡単なものを考えてくれたな・・・
それが当たり前のように幸せとも思わずに、ばかだな・・・・

 RIMIさんの最後の文章 一緒です心が痛いですね。

今週は今日から仕事ですファイト

私の待ち受けは主人ではないけど、亡くなる前に、もう携帯かえたら? って主人に言われてたのですが、主人が知ってる携帯じゃなくなるのが寂しくて買い替えられずにいます。
主人のものも全てそのまま持ってます。私もわかってるけどまだ、あきらめきれないみたいです。

RIMIさん 想いはいっしょですね。happy01
もう会えない事、分かってるけど待っている。
でも、夫も待ち受け画面の中で待っていると思う時があるんです。
・・・笑顔の私が彼に話しかけることを。
    僕の好きだった笑顔を見せてって!confident
  

ka-koさん 私の携帯も夫名義の携帯でした。
といっても、いつも持ち歩くのは私でしたけど。
夫が亡くなって、名義変更した時はやっぱり寂しかったですね。
「今何処に居るの?」って、夫から携帯に連絡があることはもうないけど、
反対に私から、聞きたいですね。
「今何処に居るの?」って。
やっぱり、夫に携帯を持たせるべきだったかな。wink

何気ない携帯でのやり取りだったけど、幸せな日々だったですね。confident

みりゅーさん そうそう、良く分かります。
夫が知らないもになってしまうのがいやという気持ち。私もそうでした。
しばらくは名義変更だけして、使っていました。
でも、私の携帯はドコモのムーバだったのです。
ムーバのサービスが終了してしまうということで、買い替えをしました。
ちょっと寂しかったです。
前の携帯の中身はすべて新しい今の携帯の中に移しました。
動画の中に残っている、携帯のカメラをむける私に笑顔で話しかける夫の声、
唯一残っている夫の声です。(ちゃんとマイクロSDに入れて保存してます)
その動画を開くことは切なくて、ほとんど視ることはありませんが、私のお守りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/51238479

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯の待ち受け画面:

« 東電さん、お願いします | トップページ | ほころび始めた桜 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ