« 紫イモ | トップページ | 節分、春近しかな? »

2011年2月 2日 (水)

車を走らせて

今日は他市で所属しているコーラスの練習の為に、車を走らせた。

午前中の練習だったんだけど、一般道で行くには少し寝坊したので、

高速道路を走った。高速を使うと半分の時間で到着できる。

    

運転歴はもう長く、一応ゴールド免許の私だけど、夫がいる頃は高速道路は苦手で、

高速道路は必ず夫が運転していた。

夫と死別して、苦手なんて言っていたら何処にも行けなくなっちゃうと思い、

苦手意識を捨てて、事ある毎に高速道路を積極的に使っている。

たまにはスピード出してあげないと車も可哀そうだもんね。

   

最近は高速道路をスピードを上げて走らせることに、心地よさも感じるようになった。

でも、取り締まりに逢うようなスピードは出してないけど・・・たぶん。coldsweats01

高速道路を走らせていると、<このままどこか遠くにドライブしようかな!> という

気にさえなる。

   

一人になって、苦手なものをこうして一つづつ克服していくことで、

自分に自信が付いてくる気がする。confident

« 紫イモ | トップページ | 節分、春近しかな? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高速道路、私も苦手です。
若い頃に高速道路で事故に合ってから殆ど近間の運転だけで、いつも主人の助手席でした。
主人が亡くなってもうすぐ、3ヶ月がたとうとしているのに、いなくなった事がまだ認められないでいます。
最初の頃は、毎日何度もあげていたお線香を今はあげる事が出来ません。
まだ、病院に入院して治療していると思いたい自分の心の方がお線香をあげなくちゃって思いよりずっとずっと強くて自分で自分をどうする事も出来ずにいます。
ただ、会いたくて話しがしたくて亡くなった事を認めていないから泣く事も出来ずにただ毎日が過ぎて行く、でも確実に毎日が過ぎている。

私も昔は苦手だった高速、慣れるとかえって走りやすいです。
昨日夜車に乗っててまだ言葉を話せない10ヶ月の娘が パパ パパ と言って、何となく主人のぬくもりみたいなモノを感じたので、今の苦しい気持ちを泣きながら沢山話してみました。
時々悲しくていてもたってもいられなくなり、このままじゃ病気になりそうな私。
主人はそんな事絶対望んでないとおもい葛藤してます。

RIMIさん こんにちは。
高速道路で事故に遭ったなんて、怖いですね。
事故の経験はまだ無い私ですけど、高速道路ということで
何となく緊張してしまうところが、今まであったようです。
走ってしまえば、普通の道路と同じなのにね。coldsweats01

いつも助手席からいつも運転席。切ない現実でもあります。
まだ3カ月しかたっていないのだから、
いろいろな想いが頭の中を駆け巡っているのも当然ですよ。
お線香だって無理にあげなくたっていいんじゃないですか。
色々なことにとらわれず、今は、自分の気持ちを大事にするのが一番いいと思います。

ご主人様とお話ししたくなったら、その思いを書いてみたらいかがでしょう。
逢いたくて逢いたくてたまらない気持をノートに綴ってみたらいかがでしょう。

何度も皆さんに提案していますが自分の気持ちを書き綴ってみると、
意外に心の落ち着きを取り戻す事が出来ることもありますよ。
悶々と頭の中で考えているだけだと、堂々巡りでなかなか脱出出来ないことも、
書くことで打破出来る時があります。良かったら、試してみてください。

みりゅーさん こんにちは。
10か月の娘さんには、お父様が感じられたのでしょうか。
言葉が話せなくたって、お話して上げて悲しみを共有するというのは
とってもいいことだったのではないでしょうか。

みりゅーさんのお話いしている事が、今はたぶん何も分からないかもしれないけど、
気持ちを聞かせてあげることで、お子さまにとってはきっと潜在意識のようなところに、
みりゅーさんの御主人様への想い、お父様を亡くされた娘さんを想う思いが、
伝わっていくような気がします。
(心理学者ではないので、あくまでも私の考えですが)

いてもたってもいられない想い良く分かります。
考えても答えなんか無い思い。私の場合はただ歩きまわったり、走ったりで
ぶつけてきました。
誰にも言えないし、ぶつける相手もいない。
一番聞いて欲しかった夫はもういない。
・・・ただ、歩き回って自分を静めるしか方法を知らない私でしたよ。
結果としては、こういう時に体を動かす事は、とってもいいことらしかったです。

死別の悲しみから立ち直るためにとか自分のブログに書いていて、
こういうことを言うのも変ですが、
無理に立ち直ることにこだわらない方がいい時もあるような気がします。
その事にこだわり過ぎると、心の葛藤に苦しむだけ。
悲しい時は悲しいし、寂しい時は寂しい、夫の死をいまだに認められない自分もいる。
いいんですよ。それで。
悲しくて何も出来ない自分がいたっていいんですよ。
一生懸命悲しめば!
徹底的に悲しんだり、寂しがると自然に浮上したい気持ちが出てくるようなところがあり、
何かをしてみようという気持ちになるように人間が作られている、そんな気がします。

人は悲しみに対する自然治癒力があるみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/50757412

この記事へのトラックバック一覧です: 車を走らせて:

« 紫イモ | トップページ | 節分、春近しかな? »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ