無料ブログはココログ

« まずは率先垂範 | トップページ | 少しづつ動こうか »

2010年12月 8日 (水)

私の心の中に

昨夜は、この時期この地域には珍しく雷が鳴った。

雪の降る地方では雪起こしの雷とか言って珍しくないのだろうけど、私の住む所は

冬でもほとんど雪は降らない。

今年は12月に入っても暖かい日が続いて、いまだにコートの出番もないけど、

今日から寒気が下るというから、だいぶ寒くなるのだろうか。

     

今、TVも消してPCのキーボードをたたく音と時計の秒針の音しかしない部屋を見ている。

夫が居た頃と何も変わらない部屋。

夫が旅立ったばかりの頃は、

この部屋がとっても冷えびえとして、やたらに広く感じたけど、

今こうして見渡してみると、あの時のような冷え切った感じも空間の広さも感じない。

むしろ、ほんわかと温かいものが漂っているような感じを受けている。

色で表現するとしたら、薄暗いブルーの部屋がオレンジがかったような色になった感じ。

そこに夫が座っている訳でもないし、当然、話しかけても答えが返ってくる訳でもない。

でも、何か温かい。(当然、気候的なこともあるけど、そんな意味ではなくて)

自分自身もあの頃の縮こまった様な私ではなくて、少し胸を張った私が居る。

    

何かをする度に、声に出して夫に話しかけていた死別後の私。

今は、声に出して話しかけることは無くなった。

気がつけば、夫への話しかけは、いつしか心の中での呟きに変わった。

それは、いつも目の前に居た夫の存在が、

今は私の心の中に存在するようになったということなのだろう。

だから、部屋の中に夫の姿が見えなくても、

そこに冷きった広い空間を感じなくなったのだと思う。

こんなことをこれまで、思ったことは無かったがきっとそうなんだ。

これが「私の中に夫が生きている」ってことなんだろうなー!confident

   

よくドラマなんかで、”私の中であの人は生きていますから”なんていうのを

聞いたことがあるけど、

<そんなのただの慰めにすぎない> と 今までは思っていた。

でも、今こうして私の他に誰もいないこの部屋が、

温かい暖色系の部屋に見えた私の中には、確かに<夫が生きている>と思う。

« まずは率先垂範 | トップページ | 少しづつ動こうか »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

私はまだ夫に話しかけることすらできないのですが、今日はじめて「どこにいるの?」と思っている自分がいました。

でも用事を済ませるとまた落ち込んで泣きながら家に帰りました。車通りの多い道だったので号泣してたのですが、ふと夫が着ぐるみみたいになって私をすっぽり囲んでるような気持ちになりました。

今はまた冷たい部屋に一人です。

大きなおめめさんのブログを読んで、少しずつでも自分の気持ちが変化して、いつか「心の中に生きている」って感じられる日が来るって信じようと思いました。

ウ525さん あなたが包まれているように感じた時、
ご主人様はきっとあなたに寄り添って下さっていたと私も思います。

傍にいてくれてるといっても目には見えないし、声も聞こえないから、
そこのところが辛い所ですね。
夫の気配を感じられる時は、心穏やかになれるけど、
ポツーンと一人取り残されたような感じの時は、寂しくて、切なくて。
 私の場合もその繰り返しでした。
寂しくて、切なくてという想いを何処にぶつけていいのか分からなくて、
じっとしていられなくて、ウォーキングを始めた私ですが、私には
これが結構、気分転換に効果がありました。
それこそ、泣きながら歩いたこともありましたが、体を動かすことで、
前向きな発想が生じて、私を支えてくれました。

う525さんも 自分なりの何かが見つかるといいなあと思います。
でも、悲しい時には思い切り悲しんで下さいね。
そんな時は無理しないで、自分の感情のままに泣くことが一番です。

焦らず、ゆっくり、ゆっくりね!
「行ったり来たり、迷い道」 すべてOK!です。
   そして、なによりも自分のペースで行くことが大切だと思います。

まだまだ自分のことで目一杯な私なので、いいアドバイスが出来なくてゴメンナサイ。

夫を亡くしてまだ三カ月の新参者(?)にとって
大きなおめめさんの今日のブログの「心の中に生きているご主人」の話など
とても素直に受け入れられるし、とても励みになりますよhappy01

kacocoさん ありがとうございます。
そう言って頂けると、私も励まされます。

コメントのレスを書きながら、遅ればせながら、今気づきました。
 私が感じている温かさは、夫だけじゃなくて、
kacocoさんをはじめ、
こうしてこのブログを読んで下さっている皆さまの心の温かさも
加わっているのかもしれませんね。

そんな意味で、kacocoさん、そして皆さま、ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/50240488

この記事へのトラックバック一覧です: 私の心の中に:

« まずは率先垂範 | トップページ | 少しづつ動こうか »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31