« 次のステップ | トップページ | 二人の足跡 »

2010年12月 3日 (金)

そのタイミングは夫のしわざ

よく行くジョギングコースの湖のある公園は、

ここの所ウォーキングをするカップルやご夫婦が増えた気がする。

     

そんな中、スロージョギング中にあるご夫婦とすれ違った際に、

奥様が御主人に話しかけている会話が、チョコっと耳に入った。

    ・・・ear

”ご主人様がね・・・”  話の前後の部分はこちらも走っているので聞き取れなかったが、

すれ違いざまに「ご主人様がね!」 というところだけ、私の耳に入ってきた。

   

走りながら、次の瞬間私は その後に続くことばを心の中で呟いていた。

<ご主人様はね、死んじゃったのよ~!>

一歩一歩大地を蹴りながら、私は心の中で叫んでいた。

<私のご主人様は もう、死んじゃったのよ~!、もう、会えないんだよ~!>

それと同時に、夫の色んな思い出が吹きだすように頭の中を駆け巡った。

一人走りながら、夫の笑顔が目の前をちらついた。

そこから、走り終えるまでずっと夫の事を考えながら走っていた。

終盤に来て、汗と一緒に、涙も流れた。

       sweat01 ・ ・ ・sweat02

何で、私とちょうどすれ違うその時に、”ご主人様がね・・・” なの?

少し、ほんの数秒早いか、遅いかすればそんな会話が耳に入らなかったのに。

    

こんな風に自分では意識していない時に、何かのきっかけで、

夫の事を考え始める時って、

・・・夫が、私に会いに来てくれているんじゃないのかな。confident

« 次のステップ | トップページ | 二人の足跡 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

夫さんも今のおめめさんを見てて、
嬉しく安心でもあり、ちょっと寂しくもありって心境ですかねぇheart01

良い意味でね^^v
上の世界で微笑んでいるのでしょうねぇheart04happy01winkheart01

ぴろ瞬さんのおっしゃるような心境でいてくれているのかな。confident

”本当のところはどうなの、安心してる?寂しい?” って、
夫に会って聞きたいところです。wink

でも、こうして私の心の中に寄り添ってくれるだけでも、
嬉しい事かな。heart04

こんばんは。
ちょっとした風の流れ、かすかな香り、たったひとつの言葉で
どーっと夫の事を思い出すことってあります。
そうか。
そういう時って「私に会いに来てくれてる」って思えばいいんですねhappy01
そんな時は心の中で「こんにちはheart02」って言ってみようかな

ご無沙汰しています。久しぶりに読ませていただいて、頑張ってるな~って思いました。
妹とよく話すんですが、「お父さん、私たちのこといつも見守ってくれてるね」って。
大きなおめめさんのご主人も、まちがいなく見守ってくれていますね!

kacocoさん こんにちは!

>風の中で夫たちを思い出したら、
     ・・・風に乗って夫がやってきたと思う。
>かすかな香りで、夫たちを思い出したら、
     ・・・夫がその香りに言葉をたくしている。confident
>たった一つのことばで、どーっと夫の事を思い出したら、
     ・・・夫がいっぱい私たちに話しかけてると思う。

そんな風に思ったら、ちょっと心がホットになるね!heart04

yukakoさん コメントありがとうございます。

今、生かされているのは自分の力だけではないという感じを、
本当に思います。
やはり、見守ってくれているのでしょうね。

たまには顔を出して欲しいものですけど。wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/50190145

この記事へのトラックバック一覧です: そのタイミングは夫のしわざ:

« 次のステップ | トップページ | 二人の足跡 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ