« 一人が寂しい訳じゃないけど | トップページ | ヨッタ、ヨタの人生 »

2010年11月 9日 (火)

悲しみを越える度に

死別後のいろいろな悲しみを越える度に

自分が少しづつ強くなっていくような気がする。

悲しみがいろんなことを私に教えてくれているようだ。

    ・ ・ ・ confident

配偶者との死別という悲しみを経験して、

日々の感動を共有する相手が居ることがどんなに素晴らしいことであったかを知り、

自分を一番理解してくれていた夫と共に歩んできた人生がどんなに幸せだったかを知り、

涙が悲しみを持ち去って、前に進むエネルギーを与えてくれることを知った。

   

悲しみの中で、生きる意味とは何なのかと迷いながら生きても、

「ちょっと幸せ」に出会える時がある。

ちょっと幸せを感じれば、

「明日はもっと素晴らしい日になるかもしれない!」 と 希望を持ったりする。

    

悲しみと向かい合いながら、真っ向から闘ってきた日々が

今の私の人生そのもの。

<自分は不幸だ!>などと、思うことなく、

自信を持って生きることこそ、上手に生きるコツなのかもしれない。confident

« 一人が寂しい訳じゃないけど | トップページ | ヨッタ、ヨタの人生 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

自分に自信がないと何をしても後ろ向きになってしまい、結果芳しくないモノになる―
と分かっていても難しいんですよねっっweep

おめめさんはお仕事のキャリアも積んでこられているし、お友達もいるし、時々凹むのは人間なんだから仕方ない訳で、その中でも支えてくれるものがあるのだから、自信を持っても良いんです。女は度胸だっハッタリだっsign03・・・え?違う?wobbly

私は今までに起こった辛かった出来事・悲しかった出来事は今の自分の財産になっていると思っています。
辛い思いをした事によって人の痛みもわかる人間になれるだろうし
同じような思いをした人の力にもなってあげられる。
辛い思いを乗り越えた分強い自分にもなってきていると感じています。
私の生きてきた年月はまだ人生の半分も生きていないと思うので
(何歳まで生きる気なんでしょうねcoldsweats01
これからもっと辛い出来事が待ち受けていると思います。
その時にその出来事を乗り越えるためのステップなんだとも思っています。
何か意味を持って神様が私に与えてくださった試練なのかな?って。
なんて言いながら以前の職場で同僚に裏切られ、まだ人間不信から完全に立ち直れていない自分がいるんですけどねcoldsweats01(もう3年以上も経つのに…)
今、そんな自分から脱出しようと頑張っているところなんですconfident
今はまだ本当の苦悩に出会ってないから言える甘ちゃんな考えなのかもしれませんが、今はそんな風に考えるようにして生きていますconfident

なんだか自分の考えばかり書いてしまってごめんなさい。
生きていく中で頑張ろう!って思っても日によって後ろ向きな気持ちになったり
無性に悲しくなったりする事ってありますよね。
そんな自分を受け止めて、またそれをプラスに変えていこうとする
大きなおめめさんの姿勢を見習いたいと思いましたconfident

なんだかトンチンカンなコメントになってしまってごめんなさい。

瀬津喩さん コメントありがとうございます。
>女は度胸だ、ハッタリだっ!
その通りですね。(笑)
そうは思っても、時に自分に自信が無くなる時もあって、
まだ、強さの足りない私であります。
その辺は、今後の課題ですね。

前に突き進むように仕事に挑戦している瀬津喩さんを見習いたいと思います。

juriさん コメントありがとうございます。
そうですね。
人生に万に一つの無駄も無しって言いますものね。
悲しみも辛いこともすべての事に向かい合うことが、
自分にとって財産に変わっていくのかもしれません。

とはいっても、「財産なんていらない。夫を返して欲しい!」
「強い自分にならなくてもいい、夫と過ごす日々が欲しい!」などと、
心のどこかで思っているから、凹むのでしょう。

  どうしようもないことだと分かっているといつも言って置きながら、
  実は「本音とたてまえ」がまだまだぶつかり合っている。
  まだまだ修行の足りない私であります。

そんな中でも、仕事や運動に夢中になっている時は、
自分自信が磨かれていくことに喜びを感じています。
その「喜びshine」とは、
自分がこれまで立ち向かってきた悲しみや苦悩と闘い、
それなりに悟ってきたいろいろなものが有るからこそ、
生まれて来くるものかもしれませんね。

そう考えると、亡くなった夫が姿こそ見えないけど、私にいろいろなものを
一生懸命与えてくれているように思えてきます。
寂しいとかつまんないとかいってないで、
死んでもなお、私を支え続けてくれている夫に感謝して、生きなければ!good

またひとつ前向きに慣れました。confident
考えるきっかけを下さってありがとうございます。

こんにちは。
私はまだ悲しみを一つ一つ乗り越えているというより
正面からぶつかっているという感じなのですが
今日の大きなおめめさんのブログを拝見して
自分の道をしっかり歩いていこうと思いました。

闘病生活中のことを振り返ってみると
「自分も辛い闘病生活に泣きごとひとつ言わず頑張ったから、
そんな僕を思い出して、前を向いて歩いて行ってね」
夫がそういうメッセージを残したのだと確信したのです。
夫を思う時、ただただ悲しい、寂しいではなく
「あなたのメッセージをちゃんと受けとめて頑張ってるよ」と
夫が投げたボールをきちんと投げ返していこうと思います。

色々な困難を乗り越えていくたびに
心の珠は少しずつ磨かれ光っていくのでしょうね。

配偶者との死別 という物凄い困難を乗り越えていっているおめめさんも
どんどん輝いていくのでしょうね。

同じ立場になった時私はどうなんだろう?と最近考えます。
全然敵わないナァ・・・って思っています。

何か宗教っぽくなったけど私はノーマルですよぉ^^;

kacocoさん あなたは素敵です!
そんなあなたを見て、ご主人様もきっと、
”やっぱり、僕が選んだ人だ!”と微笑んでいらっしゃるのではないでしょうか。

闘病中泣きごとを言わず頑張ったご主人様がどれほど、
kacocoさんの事を大切に思っていたかと思うと、
心が張り裂けそうに痛いです。

夫たちの想い、私たちがをしっかり受け止めていきましょうね。
でも、悲しくなったら一緒に泣きましょう。
辛くなったら一緒に励まし合いましょう。
夫たちは、きっと私たちの傍に居るはずです。
目には見えないけど、そう私は信じています。confident

コメントありがとうございました。

ぴろ瞬さん コメントありがとうございます。

いえいえ、まだまだ輝くところまで達していない私です。coldsweats01
少しだけ、自分が何をするべきかというところが、見えてきた段階です。

でも死別後、いろんなことを考え、
こうして、いろいろな人と語り合えることが出来ていることは、
自分を大きく変えてくれていると思います。
もちろん、いい方に!confident

この先自分がどういう風になっていくかは、まだ未知数ですが、
先に逝った夫に、笑顔で迎えてもらえるような、
人生にしていきたいと思います。

ぴろ瞬さん もしものことなんて考えなくていいですよ!
今の幸せを思いっきり味わって下さい。
かけがえのない時間なのですから。

ありがとう^^v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/49974872

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみを越える度に:

« 一人が寂しい訳じゃないけど | トップページ | ヨッタ、ヨタの人生 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ