« 別れも縁? | トップページ | 母と一緒に »

2010年10月17日 (日)

苦しかったあの時

今仕事で大詰めを迎えている。

朝食のコーヒーを頂いていたら、夫が亡くなったあの時のことを思い出した。

   ・・・think

2008・1月私はお正月から仕事をしていた。

前年暮れ、12月中ごろ入ったその仕事は1月の20日頃が納期になっていて、

お正月から仕事をしないと間に合わなかったからだ。

夫はサービス業だったので正月も元旦の休みだけだったので、私も2日から仕事。

正月明けに突然夫が亡くなり、かなりの精神的打撃を受けたけど、

受けた仕事を待ってもらうという訳にはいかなかった。

舞台の公演日は決まっている。どうしても仕上げなければいけなかったのだ。

    

葬儀の翌日から仕事をした。

後半の追い込みに入っていた仕事で、一番大変なところはもう出来上がっていたので

助かったけど、集中力が欠けた身としては それでも苦しかったなー。

 ・ ・ ・think

<この仕事が終わったら、思い切り悲しみに浸ろう!

    だから今はとにかくこれを完成させることに集中しよう!

   もう少ししたら、思い切り泣ける。その時までとにかく頑張ろう!>

そんな事を何度も何度も自分に言い聞かせながら、頑張ったっけ。

それでも、溢れる涙sweat02は堪え切れず、仕事が中断してしまうこともしばしば。

その都度、自分を励ましながら完成まで漕ぎ着けた。

<よく頑張ったね!> と 自分を褒めてあげた。

しかし、あんなに苦しかった仕事は今までしたことが無い。

    

仕事が終わったら、思い切り悲しもうと思っていたけど、

その時にはもうだいぶ涙も枯れていた。

そこから、私は夫の突然の死をどう受け入れて行ったらいいのかという

長い、苦しい戦いに入った。

夫の最期、現実に起こったことをすべて書き記しておきたいと思い、

メモリアルファイルを作る作業はここから始めた。

« 別れも縁? | トップページ | 母と一緒に »

夫の思い出」カテゴリの記事

コメント

大きなおめめさん、本当によく頑張りましたね。
きっと精神的にも物理的にも心が爆発してしまうような思いだったでしょうね。

私は夫の生前のいろんなかけらを集める作業を始めたばかり。
夫のことで決して忘れず、ずっと頭に残っていることもたくさんあるのですが
まったく忘れていたのに突然思い出すこともあります。
そんな小さなかけらも残しておきたいなと思っています。
夫の撮った写真やビデオ、読んでいた本、集めていたCD・・・
一つ一つ手に取っていくつもり
長い長い作業になりそうです。

おはようございます!そうですか、大変な時にお仕事をされていたのですね。
その責任感に脱帽です。師匠と呼ばせて頂きます!!happy01

私は一番女性にとって幸せな時であるはずの妊娠中の離別でしたから、心身ともに疲れ果てストレスによる下血や不正出血と嘔吐が臨月まで続き、自分で喝を入れるのに必死でした。こればかりは自分のメンタルが原因だから周囲が気遣ってくれてもどうにもならないんですよね。
前夫の影を引きずる事は一切ありませんが、今迄の努力が一瞬で水の泡になってしまった事がどうしても吹っ切れませんでした。身体を壊し、それでも働き、支えてきた日々が余りに長かったから。自分が出来る事以上の事をしてきたという自負はありましたが。
ただ『自分らしく生きる事』を信念として今の私がいます。

気持ちの整理をつけるのは良い事です。整理をつけたら、今度は貴女らしい一歩を踏み出して下さい。銀英伝の中の台詞ですが、好きな言葉です。
「あの人との思いでの上に埃以外のものを積み重ねたいの」

kacocoさん こんにちは。

夫のメモリアルは突然逝ってしまった夫と何も別れのことばを交わす事が
出来なかったから、せめて夫の最期のすべてを書き綴って置きたいということで
始めました。すると夫との会話が出来次第に心が落ち着く自分がいました。

kacocoさんもきっと、ご主人様と会話をしながら、
かけらの収集をなさっているのでしょうね。とっても大事なことだと思います。

忘れるはずはないと思っていても、少しずつ記憶が薄れていく気がして、
それでいいと思う半面、寂しさも感じることがある最近の私ではありますが、
夫の思い出は、あの時綴ったメモリアルファイルと共に大切な私の宝物として
残っていると思うと、心穏やかで居られます。

書き終えたメモリアルを開くことは まだありませんが、
ここから何年、何十年と過ぎた時、もし開くことがあったら、
<あの時こんな思いで、頑張って来たんだ!> と 
思えるように自分自身成長していたいと私は思っています。

kacocoさんの毎日が少しでも心穏やかで過ごすことが出来きますように。confident

瀬津喩さん こんにちは。
師匠なんてとんでもない、それはやめましょうね!coldsweats01

妊娠と心も体もバランスを崩しやすい時に、大きな試練だったのですね。
それこそ、よく頑張られたと思います。

強い意志を持って試練に立ち向かわれた瀬津喩さんこそ、師匠にふさわしいです。
自分一人でやってきた私と違い、子育てと共に 
それまでの人生を立て直していくというのは、
半端な努力ではないのだろうと思います。

「気持ちの整理をつけたら、今度は貴女らしい一歩を踏み出して下さい。」
その通りですね。
瀬津喩さんらしく、私らしく、お互い自分らしい悔いのない生き方をしていきましょう!scissors

旦那様、突然だったのですね。
おめめさん頑張ってきましたねぇ^^

私だったら何もやる気が出ないだろうナァ・・
夢では経験した事はあるの^^;

文面からして大分落ち着いた(整理出来て来た)ようですね^^

これから益々元気に飛び出してください。

ブログの隅から|д・) ソォーッ…っと応援してまーす^^v

ぴろ瞬さん 今晩は。
まあこんな経験は、夢でぐらいでいいですね。
いつかはやってくるとはいえ、現実では厳し過ぎます。

ここからの道のりの方が長いです。
エネルギー切れにならないように、マイペースでやっていきます。
でも、チャンスがあったら、飛び出すぞ~!scissors

ソォーッ・・・・とでも、応援してくれるなんて嬉しいですhappy01
ありがとう!

次の大会に駒を進めることができてなによりですね!きっとご主人も喜んでいますよ!そういえば、彼女はロックが嫌いで、私のギターを一度も聴いてもらえませんでしたweep

HIROさん こんばんは。
タイムスリップした場所へのコメント(笑)、過去のページを読んで下さって、
どうもありがとう。
久しぶりに私も、この頃の自分に御対面です(笑)。

過ぎ去った日々は、自分で記事を読んでも、つい昨日のことように思い出します。
そんな、一日一日の積み重ねがあって、今の私がいる。
どうなるのだろう、私は何処へ向かうのだろう?果てしない砂漠を迷う日々から、
少しづつ自分の道が見えてきて、
その道が正しいのか、ホントにこれでいいのか分からないけど、
今、目の前に見える道をひたすら歩く私。
だってそれしか、出来ないもんね。
くじけずに、頑張る事しか道は無いんだから。

じゃあ、2012・3・21の記事に飛びます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/49764433

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しかったあの時:

« 別れも縁? | トップページ | 母と一緒に »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ