無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

夢をあきらめないで

夫が逝ってしまった後、少し落ち着いた頃、

今はだれも住んでいない夫の実家、

夫と二人で守ってきたその実家の様子を見に行く為に、

それまでいつも二人で向かった道を一人車を走らせた。

    ・・・think

その途中、こんな歌が浮かんだ。

   note

      乾いた空に 続く坂道  

          後ろ姿が 小さく見えるnote

         (・・・ <あっ!夫の事を歌ってるみたいな歌だ> と思った。)

      優しい言葉 探せないまま

          冷えたその手 降り続けた

   

      いつかは皆 旅立つ

     それぞれの道を 歩いていく

   

     あなたの夢を 諦めないで

         熱く生きる 瞳が好きだわ

     負けないように 悔やまぬように

         あなたらしく 輝いてねnote

   

そう、岡村隆子さんの「夢をあきらめないで」の歌だった。

   

自分で意識することもなく、ふと口から出てきたその歌を

車の中で涙を噛みしめて歌い、<そうだわ!>とうなずいている私がいた。

何度も何度も繰り返し歌っていた。

・・・私はあの時、去っていく夫の後姿に一生懸命この歌を歌って、

志半ばで逝ってしまった夫へ夢の続きを追いかけて欲しいと願っていたけど、

今思えば、あれは夫が私に歌ってくれていたようだ。

    

夫と仕事休みの度に 実家の庭や畑の手入れの為に通ったこの道。 

あの時、夫は一生懸命私にメッセージを送り続けてくれていたんだね。confident

    

仕事が楽しく思えるようになってきた今、再びこんなことを思い出した。  

2010年10月30日 (土)

すべてが愛おしくて

あなた(夫)へ

    

台風で紅葉が散ってしまわないうちにと、あの時一緒に歩いた公園に行ってきました。

結果として、あなたの最後の写真となってしまった、

あの時、紅葉をバックに写真を撮ったお城の公園です。

毎年、この時期になると どうも足が向いてしまいます。

   

公園に着くと、思わず、

”お待たせー!来たよ。” って、言っている自分がいました。

聞こえました?

そこにあなたがいる訳じゃないのに、

堰を切った様に、私はいろいろ話しかけていましたね。confident

   

木々はあの時ほど色付いてなかったけど、あなたの写真を撮った場所に立ったら、

そこにある空気のすべて抱え込み、抱きしめたくなりました。

そこにあるすべてのものが、たまらなく愛おしく思えて、

そのすべてを自分の中に取り込みたくて、目を閉じて大きな深呼吸してしました。

   ・・・confident

ここにあの時は確かにあなたが立っていた。

二人でここに立っていた。

今は私しかいなくて、あなたの姿はないけど、

周りの景色はあの時と何も変わってはいません。

   maple   

その後、天守閣の下にある、ケヤキ並木の広い遊歩道を一人歩きました。

石畳を踏みしめながら、時に目を閉じてゆっくり歩きました。

    

少しだけ、肌寒い午後でしたよ。

2010年10月29日 (金)

みんな歩いてる

みんないろいろな形の支えを見つけ、自分なりに前向きに歩いている。

死別後、とっても辛くて、やり切れない想いを抱え、

どうやってこの先過ごして行ったらいいのか、訳も分からず、

あんなに不安と恐れを感じていたのに。

  

このブログのコメントや他のブログで私と同じような死別体験者の方が

だんだん明るくなって行く姿が見えてくると、

自分の事のように嬉しい。confident

  ・・・いっぱい涙を流して、行ったり来たりしながら、

      悲しみや切なさを体験してきたことを私も知っているから。

「何とかしなくちゃ、このままじゃいけない」 

本当はとっても苦しいのに自分を叱咤激励して、

形だけでも「しっかりしなくちゃ!」 と 踏ん張ってきたのが分かるから。

   

少しづつ、自然の色が見えてきたよ!

季節の移ろいも感じてきたよ!

ご飯が美味しいと思えてきたよ!

自分の趣味をもう一度やってみようと思うんだ!

などの声が聞こえてくると私の気持ちまで明るくなるような気がする。

   

皆さん、どうもありがとう!!

これからも、いろんなもの見つけて、いい人生にしていこうね!!

2010年10月28日 (木)

新米が届いたよ

新潟の義姉から今年も新米が送られてきた。

兄が生きていた頃から、毎年この時期になると送ってもらっている。

(と言っても、農家ではないので、買った物を送ってくれている)

    ・・・delicious

夫が亡くなる前の年に新米が届いた時に、

応募券がついていたもので、当たった炊飯土鍋で

昨日は早速、新米を焚いて頂いた。

最初の一杯はまずお仏壇へ。

<今年も新米が届きましたよ!みなさんお召し上がりください。>

        

焚き上がった色つやが一味違う気がする。

やはり本場の新米は一段と美味しい。

一粒一粒に弾力性があり、噛むごとに味わいが増す。

兄の ”どうだ!美味いだろう!” の声が聞こえてくる気がする。

きっと夫も、”やっぱり、新潟の新米は美味しいなー!” と

東を向いて ”ハッハッハー!” と 笑っているに違いない。

(・・・これは以前「ちょっとした大切な習慣」<クリックで記事へ>にも書いたけど、

   夫の家の風習で初物を頂く時にする。

    私には意味不明?なんだけど、今は取り合えずみんなに合わせて私もするhappy01

    ・・・confident

新米はおかずがいらないくらい味わいがあるので、ついつい食べ過ぎちゃう。

<美味しいお米は罪だなー!> などと、罰あたりなことを考えながらもおかわりを。(笑)

明日は、お寿司を作ろうかなー!

このお米が無くなる頃には、私の体重がきっと○キロ増えていることだろう。coldsweats01

2010年10月27日 (水)

今日はのんびり

今回の仕事のデザイン変更で保留されていた物も、

やっと完成して、肩の荷が下りた。

楽しいと言っても仕事は仕事だから、終わるとホッとする。confident

頭の中も解放された感じで、ボーっとしている。

今日は久しぶりに一日のんびり過ごした。

       

昨日は疲れて、夜10時にベッドへ、今日の朝は4時に目が覚めた。

朝食をとり、6時少し前、まだ暗いうちにドライブ出発!

雲の隙間から、昇って来た朝陽が射して光りの筋が見える。

その光は、神様が地上に降りてくるような感じに見えた。

夫があの光といっしょに地上に降りて来ているかも!

もしかしたら、この車の助手席に乗っているかも!

なんて、思えた。

やっぱり夫も、私と一緒にドライブしたいんだろうなー!

    ・・・confident

早朝のラッシュを避け、一時間半ほど車を走らせファミリーレストランで一休み。

よくこうして夫と朝食をファミリーレストランで済ませ、ドライブに出かけことがあった。

       car ...

夫は目玉焼きにコンビーフポテトとホットサンドのセット。

私はスクランブルエッグにウインナーとベーコンとサラダとトースト。

いつも注文するものは決まっている。

注文の品が来ると、

夫はコンビーフポテトを半分、2つあるホットサンドを一組、私の皿の上に乗せる。

私はウインナーとベーコンを半分とトーストの半分を夫の皿の上に。

2人で、同じものを必ず口にする。

     

コーヒーを飲みながら、そんな事を思い出していた。

もうそうやって分け合って食べることはないんだということがちょっぴり、寂しい。

<でも、いいんだ!それはそれ> と 最近は思える。

ちょっと成長した私だ。

   

また、あてもないドライブに出発。

・・・紅葉にはまだ少し早いみたいだ。

時間に縛られることなく、のんびり運転できるのは楽しい。happy01

   

こんな風にゆったりとした時間の中には、微笑む夫が傍にいる。

一人のドライブなのに、私の心は満たされている。

   

帰り、またcloud雲が空を覆い、

夕日が雲の隙間から地上に向かって光を射しているのが見えた。

今日一日私と一緒にドライブした夫はその光に乗って空に帰って行った。

  

2010年10月26日 (火)

創意工夫

今回の仕事はお客様の予算の都合で、

出来るだけコストを抑えて仕上げなければいけない。(前にも書いたけど)

したがって、材料費も限られる。

それでも見栄え良く仕上げるのが腕の見せ所。

    shine

絶対いい物を作って、「アッ!」 と 言わせてやろうと、いたずら心に火がついて、

採算度返しの創意工夫で、限られた材料を上手に使いまわして、

製作している。

これが、パズルをやっているみたいで楽しい。

頭の中は、<次はこれをこうやって・・・> と いつもの私にない回転の速さで、

次の工程を描いている。

時間があっという間に過ぎる。

普通なら、もう少し仕事が進んでいるはずなのだけれど、

材料のない分、創意工夫の仕上げが工程を送らせている。

<う~ん!・・・これじゃ、採算合わないしcoldsweats01。>

という心の声も、この際どこかに追いやられ、

子供の頃、夢中でやった工作の時間のように取りつかれている自分がいる。

自分が楽しんじゃっているんだから、

いい仕事なんだよ!きっと。happy01

2010年10月25日 (月)

充実の日々

先日からの仕事、デザイン変更で保留になっていた物が

デザインが決まってただ今製作中。

先に納めたものは、面白いデザインに依頼者がとても喜んでくれ、

”何処から、こんな考えが浮かぶの!” と 褒められて(?)しまった。

”私、本当は普通じゃないのかも?” と 笑って答えておいた。coldsweats01

    

今、やってる残りの一点も「アッ!」っと言わせるものをと

頭の中ではイメージが出来ている。

出来上がりが自分でも楽しみ。happy01

   

気が急くのか、ここのところは朝早くから仕事をしている。

昨日も、コンサート前に仕事をして、帰ってきてからも仕事して、

こんな時はまじめな仕事人。(実は出来上がるまで落ち着かないだけなんだけど)

ここ数日は充実の日々です。good

2010年10月24日 (日)

きっといつか

心のどこかで思ってる。

きっといつか夫にまた会える。

きっといつか私の横に夫が座ってくれる日が来る。

すべてが分かっているのに、こんなことを密かに想っている自分がいる。

大真面目に考えている。

そんなことある訳ないけど、絶対ないって誰が決めたんだと反論してる。

往生際の悪い私もいる。

・・・る・る・る・る・る・である。

    

信じている。

いつかきっと・・・!

     confident

夫は死んでしまったけど、私の中ではまだ生きている。

夫の姿がだんだん記憶から薄れていくようだけど、近くにも感じる。

「もう3年近くも我慢したんだから、そろそろ顔を見せてよ!」 なんてわがままも出る。

一生懸命走って、歩いて汗ながして、自分と闘って、

この先、ずーっとこんな毎日が過ぎて、

またどんどん夫が過去の人になっていく中で、

<ゲームのようにリセット出来たら> 出来もしないことを時に考える。

    

いつかは、どれ位の日数なんだろう。

いつかは・・・どれ位の年月なんだろう。

   でも、

いつかは・・・・・いつかであって、決して訪れることがないことなんだろうな、やっぱり。

再会で来た喜びは、誰にも負けない位の自信はあるんだけどな!

それじゃ、ダメかな!

    

まあ、こんなことを考えるのも、私の楽しみであり、confident

    大げさに言えば、生きる支えの一つかもなのかもしれないけど。 wink  

2010年10月23日 (土)

楽しいばかりじゃないか

ボイトレレッスンでダメだし数回。

声を前に出す。ただそれだけなのに、それが歌となると難しい。

  ♪・♪・♪  

自分ではいいと思っていたことが、

”それではダメです!”なんて言われちゃったりする。

何回やっても「OK!」が出ない。

<どうすれば、いいんだ> すっかり落ち込んでしまう。

先生の言っている事は分かるし、自分でもそのようにしているつもりが、

どうも、出来ていないらしい。

   ♬・♬・♬

何回かやっているうちに、たまたま上手く出来て、

”そう、それよ!”   ・・・そんな事、言われても、

<あれ、今のどうやっていたかな?> って、すでに集中力の欠けてしまった私である。

情けない.。think

音楽のセンスないのかなー。

でも、「OK!」も 一度は貰えたんだから、出来るはず。

諦めずにやってみよう。

・・・

happy01楽しい音楽の時間を持つためには、

楽しいことばかりではありませんcoldsweats02

ここで踏ん張れば、一つ越えられるかも!

2010年10月22日 (金)

恵比須顔

 最近スロージョギング中、毎回すれ違う年配の女性がいる。

その女性はウォーキング。私と同じような時間に出て来るらしいので、

公園を一周するコースの初めの方と4分の3ぐらい走った所と2回、いつも出会う。

    

 公園では、ジョギング、ウォーキング、犬の散歩と多くの人とすれ違うので、

すべての人に挨拶をするのも疲れるし、あまり関係のない人に変に挨拶するのも、

変な関わりが出来たら嫌だなという防御の気持ち(一人暮らしの不安から)もあって、

必要以上に挨拶はしないことにしている。

     

 先に書いた女性とはいつからか、挨拶を交わすようになった。

初めに出会ったところで ”こんにちは!” と 声に出して、

2回目は互いに笑顔で会釈。私たちはそんな挨拶を交わす。

”こんにちは!” どちらともなく始まった挨拶。

その女性は、とってもいい笑顔で挨拶を交わしてくれる。

その恵比須顔の女性とすれ違うと何だかホッとする。confident

優しい笑顔にこちらも笑顔で答える。

その瞬間、私の中に安らぎの風が吹き抜けていく。

    

話した事もないし、何処に住んでいるのかも、もちろん名も知らぬ人。

すれ違うほんの一瞬なのに、その女性はいつもその笑顔で、

悲しみとか落ち込みとかいった私の「負の感情」を取り去ってくれる気がする。

挨拶を交わした後、心が軽くなっている自分がいるのに いつの日か気付いた。

   

神様が姿を変えて、私の前に現れて来ているのだろうか。

もしかしたら、夫が・・・。あの笑顔は夫の笑顔なのか。confident

私にはそんな風に思える時がある。

2010年10月21日 (木)

もう、一人分でいいのに

用事で出かけた帰りにいつもと違うスーパーで買い物をした。

ちょうど12時のタイムサービス開催中!

”安い!!”

あじが5匹で298円、ぶり切り身1枚100円、

国産豚肉しゃぶしゃぶ用100g78円、国産豚もも薄切り100g88円

あまりの安さに次々とかごに入れていく私。

<2人じゃないよ、一人分だよ!> と 分かってはいるけど安いから・・・つい。

<こんなに買ってどうするの?いっぱい食べる夫はもういないんだよ!>

    ・・・ でも、安いし。

心の中で、こんなやり取りをしながら、たくさん買い込んでしまった。

<あー!やっちゃった。>  coldsweats01

    

<まっ!いいさ、調理して冷蔵庫に入れて少しづつ食べれば。>

ということで、家に着くと早速調理開始。

あじの はらわたを出して、2尾は塩焼き用に、残りの3尾はこぶとしょうがでお煮つけ。

ぶりの切り身2枚は照り焼きにした。

しゃぶしゃぶ用豚肉はお豆腐と糸こんにゃくとで煮込んで、肉豆腐。

3皿分出来た。

豚もも薄切り肉は、しょうが醤油で味付けして、冷蔵庫へ。

焼きそば、焼き肉に利用することにする。

これだけ下ごしらえして置くと、後の調理時間が短いので、

一人分の食事も面倒にならず、いろいろな料理がテーブルに並ぶ。

・・・時間が無い時も、「レンジでチン!」 で それなりの食事が取れる。

後は野菜サラダなどを添えれば、OK!

   

食は私の中では、楽しみの一つ。それも大きな割合を占める。

そんな気持ちがスーパーでの買い過ぎに繋がるみたいけど、

買った物は絶対に無駄にしないが信条の私は、

すべてを使い切る。・・・ぜ~んぶ食べちゃうんだ!delicious

料理も好きだけど、restaurant食べることも大好きです。coldsweats01

2010年10月20日 (水)

ただ今帰りました

今日は長~い外出でした。とってもハードスケジュール。

4時30分起床。5時40分出発。

実家で用事を済ませ、一休み。

朝、出勤前に打ち合わせをしたいというお客様の所へ。

8時から9時までお客様と仕事の打ち合わせ。

10時から12時まで、コーラスの練習notes

昼食後、14時昨日仕上げた注文の品をお客様にお届け。

16時やっと帰途に。・・・バッチリ夕方のラッシュに巻き込まれた。

睡魔との闘いの運転になったので、途中コンビニで一休み。

19時やっと家に到着。

   長~い一日やっと家に着いて、ホッと一息。confident

   

ハードな一日にで疲れたけど、

納めた注文の品は喜んで頂けたしscissors

思い切り歌えたしnotes

ランチは美味しかったしdelicious

とってもいい一日でした。happy01

   

明日からは、また元気に頑張れそうです!

2010年10月19日 (火)

一人の友が去った

ブログ上のお付き合いだけで、何処の誰なのか本当のところは知らない友だけど、

ひと時の間、彼女の存在が私の心をあったかいものにしてくれた。

   

夫が亡くなって一人暮らしは、話し相手もいない。

ブログ内での何気ないやり取りが、落ち込んだ気持ちを癒してくれたり、

やる気を起こさせてくれたりする。

彼女はそんな相手だった。彼女とコメントのやり取りをしていると素直に楽しかった。

夫に死後、私が忘れていた何かを思い出させてくれた。

朝、ブログを立ち上げると、ブログ広場に

”大きなおめめさん、おはよう!(* ̄0 ̄)ノ”のメッセージが書かれている。

そんな一言だけでも嬉しいものだ。

音楽の会話も楽しんだ。スポーツの話も楽しんだ。仕事の話もした。

ブログを読んで大笑いhappy01した事もある。

ここ数年であんなに一人笑いをしたことはなかったかも。

  

そんな友が、今人生の新たな一歩を踏み出す為にブログを閉じるという。

せっかく出来たブログ友達が去ってしまうのは寂しいけど、ありがとうのお礼と共に

彼女の決断に応援のエールを送りたいと思う。

”頑張って!\(^o^)/”

プチ自慢は出来ないけど

急ぎで受けた仕事が一区切りついて、ホッと一息ついている。

間に合って良かった。confident

お客様の希望を満たす事が出来るものが仕上がったと思う。

明日、お届けをするのだがお客様がどんな反応をしてくれるのか、

自信はあるものの、ちょっとドキドキする。

夫がいた頃はこの時点で、夫に見てもらって、

”どう?”って、プチ仕事自慢をする所なんだけど、

今はそれが無いからちょっと物足りない。

   

一緒に注文して頂いた品は4点。そのうち3点が完成。

残りの一点あるのだが、途中デザインの変更があり、今検討中。

仕上がった作品の写真を撮り終えると、急に疲れが出てきた。

いつも、のんびりマイペースで仕事をしているので

やっぱり、カレンダーと時計を見ながらする仕事は疲れが倍になる。

でも、完成した後の達成感はいいもの。

   ・ ・ ・ confident

ホッと一息ついて、頂くコーヒーは本当に美味しい!happy01

2010年10月18日 (月)

母と一緒に

先日、仕事への集中が切れてきたので、一日休みにして、

母と一緒に兄の墓参りに行ってきた。

   

兄の月命日と思ったのに、墓石に刻まれた命日を見たら、3日も早かった。

4年近く経つと記憶も曖昧になるものだと母と二人で顔を見合わせた。

”あの時は本当に気持ちも動転して、ごたごたしてたから、日にちの感覚もなく、

 ただ動いていたから、しょうがないわね!” と 母。

自分の兄のことなのに兄の命日をはっきり覚えていないなんて私も薄情なものだ。

でも、言い訳をさせてもらえば、その翌年、同じような時期に夫の死もあって私の

頭の中は夫のことでいっぱいになり、かなり色々な記憶がごちゃ混ぜに

なってしまったようだ。

”兄よ、許してね!” coldsweats01

   

 あの時、あんなに心に深く刻まれたと思ったのに、

3年、4年という月日は それほど人の記憶を曖昧にさせる。

決して忘れてはいけないことだけれども、こうして記憶が曖昧になるということは、

ある意味いいことなのかもしれない。

それだけ、強いショックから抜け出せたということが言えるのではないか。

    

母も涙なしには語れなかった我が息子(私の兄)のことを、

今は普通に語れるようになった。

   

実家を見渡せる里山中腹にある墓から いつも兄は母を見守っていてくれる。

母の所に電話を入れる母想いの優しい兄だったから。

・・・もっともお酒が入っている時が多かったけど。happy01

2010年10月17日 (日)

苦しかったあの時

今仕事で大詰めを迎えている。

朝食のコーヒーを頂いていたら、夫が亡くなったあの時のことを思い出した。

   ・・・think

2008・1月私はお正月から仕事をしていた。

前年暮れ、12月中ごろ入ったその仕事は1月の20日頃が納期になっていて、

お正月から仕事をしないと間に合わなかったからだ。

夫はサービス業だったので正月も元旦の休みだけだったので、私も2日から仕事。

正月明けに突然夫が亡くなり、かなりの精神的打撃を受けたけど、

受けた仕事を待ってもらうという訳にはいかなかった。

舞台の公演日は決まっている。どうしても仕上げなければいけなかったのだ。

    

葬儀の翌日から仕事をした。

後半の追い込みに入っていた仕事で、一番大変なところはもう出来上がっていたので

助かったけど、集中力が欠けた身としては それでも苦しかったなー。

 ・ ・ ・think

<この仕事が終わったら、思い切り悲しみに浸ろう!

    だから今はとにかくこれを完成させることに集中しよう!

   もう少ししたら、思い切り泣ける。その時までとにかく頑張ろう!>

そんな事を何度も何度も自分に言い聞かせながら、頑張ったっけ。

それでも、溢れる涙sweat02は堪え切れず、仕事が中断してしまうこともしばしば。

その都度、自分を励ましながら完成まで漕ぎ着けた。

<よく頑張ったね!> と 自分を褒めてあげた。

しかし、あんなに苦しかった仕事は今までしたことが無い。

    

仕事が終わったら、思い切り悲しもうと思っていたけど、

その時にはもうだいぶ涙も枯れていた。

そこから、私は夫の突然の死をどう受け入れて行ったらいいのかという

長い、苦しい戦いに入った。

夫の最期、現実に起こったことをすべて書き記しておきたいと思い、

メモリアルファイルを作る作業はここから始めた。

2010年10月16日 (土)

別れも縁?

他の用事をしながら聞いていただけなので、本当に聞きかじりなんだけど、

TVで、「別れも縁ですから」って、言っていたということばが耳に残った。

相談者が離婚した夫と復縁を考えているがどうかという質問に、回答した人のことばだ。

 ”別れも縁です。結婚という出会いも縁なら、別れも縁。

  縁があって別れたのですから、それはあなたにとってそれでよかったのです。

  復縁は考えない方があなたの為になる”

と 言っていた。

   

まあ、その相談の内容は置いておいて、

そうかー、<「別れも縁」という考え方もあるんだなー!> と 感心した。

その考え方が正しいのか間違っているかは分からないけど、

そう考えると、自分を落ち着かせ易いのかもしれないと思った。

   

<そうなると、死別も縁ということなのか?>

死別という形で終わってしまった訳ではないのかも。confident

ここからまた何かに繋がっていくというのか。

<何となくそうかもしれないかな> と 変に納得してしまった。

   

一人になってしまったけど、ここからまた何かの縁が繋がって、

男女を問わず、色々な人との出会いが待っているのかもしれない。

もうすでに、その出会いがあったのかもしれないと思うと変な気もするけど、

ここから先の自分の広がりへの可能性みたいなものを感じる。

   

    縁・・・それは、

ここから、どんな繋がりを私にもたらしてくれるのだろうか。

こんなことを考えてみるのも有りなのかもしれない。

少なくとも、夫との死別後始めたこのブログを通して、多くの人達との縁に

出会えたことは本当に感謝している。

2010年10月15日 (金)

素敵なあなた

いつも微笑みを絶やさず、とっても優しくて、穏やかで、

涙もろくて、ことばづかいが丁寧で、

あなたのいいところをいっぱい上げようとしたら、写真のあなたはちょっと照れている。

  

お花が好きで、土いじりが好きで、庭仕事が好きで、

虫が好きで、釣りが好きで、吹奏楽が好きで、車の運転が好きで、

横浜ベイスターズが好きで、何回も2人で横浜球場へ応援に行ったよね!

  

日本酒の冷酒が好きで、焼き鳥が好きで、枝豆が好きで、

落花生が好きで、カニには目が無くて、

酒飲みなのに甘党で、ミルフィーユのケーキが好きで、

チョコレートが好きで、ティラミスも好き。

お饅頭も好き。

  

スパゲッティーが好きで、ピッザが好きで、私が作った具だくさんのピッザを

とっても美味しいと言ってくれたよね。delicious

お寿司が好きで、

すき焼きが好きで、生卵いつも私の分まで、割ってくれたっけ。confident

  

 私と一緒に居ることが好きで、

”いつも一緒に居たいんだ!” と 嬉しいこと言ってくれちゃって、

”一人は寂しいから嫌だ!” と 言っていたのに、

突然お腹の中の血管が破れて、

    一人で先に逝っちゃった。think

  

今日はあなたのお誕生日sign03

 お誕生日おめでとうheart04\(^o^)/

2010年10月14日 (木)

生野菜のサラダ

一人になってからよく食べるようになった物に生野菜のサラダがある。

もちろん、夫がいた頃も作ったけど、その頃以上に今は口にしていると思う。

    

定番は、キャベツ、玉ねぎ、水菜、レタスを刻んだものに、

彩りに家庭菜園のバジルと茹でた黒豆のトッピング。

ちょっとボリュームが欲しい時は

これにチーズやクルミやカシューナッツ、アーモンドのナッツ類が入る。

水切りしたお豆腐をちぎって入れることもある。

後は、ゴマドレやポン酢などをその時の気分でかけて食べる。

色々なものを入れるので、少し作ったつもりでも大皿いっぱいになってしまうが

キッチリ、残さず食べてしまう私。coldsweats01

特に、ジョギングで汗を流した後の食事には、このサラダが欠かせない。

「何が無くても、このサラダ」って感じ!

このサラダを食べたくてジョギングをする位、今は大好物になっている。

     

しかし、最近困ったことがある。

サラダに使うお野菜が天候の影響で、異常な値上がりをしてる。

スーパーに行くとレタス一玉に350円という値が付いている。キャベツもとても高い。

今までの倍以上の値段にビックリ。w(゚o゚)w

まあ、出来たサラダを買うことを思ったら、かなり安いとは思うけどちょっと家計に!coldsweats01

それでも食べたいから、結局は買うんだけど、

<早く葉物野菜の値段が下がらないかなー!> と、

サラダ好きの私は思っている今日この頃。

2010年10月13日 (水)

どちらも私

仕事に趣味の音楽に、ウォーキングにジョギングと楽しく動き回っている私も、

越えてきたとはいえ、いまだに死別後の痛みを引きずっている私も、

相反するようだけど、どちらも私。

だから、ブログ記事もあっちに行ったり、こっちに来たりと波打っている。

でもこうして何とかバランスをとって毎日を過ごしている。

   

出来れば楽しいことだけ書いて、楽しいブログにしたいけど、

一人暮らしの会話する相手もいない自分の心の発散場でもあるこの場所では、

ストレートな気持ちを吐き出したい。

・・・そうなると、うかない気分の記事になってしまうことも多い。

でも、吐き出した後の自分はかなり、リフレッシュ出来ているので、

これでいいのかなと思う。人の為より、まずは自分の為(自分本位ですcoldsweats01)。

    

人に読んでもらって、コメント頂けるのは とっても嬉しい!

それ以前に自分が元気になれれば、もっといい。happy01

2010年10月12日 (火)

夫の影

ホットカーペットを出す作業をしていたら、夫のことを思い出した。

こうした日常のふとした瞬間に夫の事を思い出す。

何がどうだったという鮮明な感じで思い出すのではなく、ファーっと浮かんでくるのだ。

ふとした瞬間という、自然な形で出て来た思い出に浸っている時は、

死別直後のように涙があふれ出ることも無く、今は微笑みの中に居られる。

<夫が私に会いに来たのかな!> って感じでconfident

  

 しかし、一人がつまんなくてとか何のために生きてるんだろうとか、

超下降思考で居る時に、夫の事を想う時は、

呼吸が上手く出来ないような息が詰まる感じを覚える。

苦しい思いをして、夫のこと思い出したくないから、思いだそうとする作業は打ち切りする。

 私は夫に助けを求めている.。

でも見守ってくれてはいても、もう、夫は助けてはくれないのは分かっている。

だから苦しい。think

夫もこういう時は、

”何かに頼らず自分の目でしっかり真正面から物事を見て、自分の足で歩いて!”

”大きなおめめには出来るよ! あきらめないで!” 

と 私に言ってくれてような気がする。  

優しかった夫の愛の鞭みたいなもの。

自分で動かずに、ただ逃げ道に夫を利用してはいけないんだよね。

どうしても出来ない時は、きっといい導きをしてくれるに違いない。

     

会話は出来ないけど、夫はいろんな形で、こうしてメッセージを送ってくるよ。

一人が寂しくないのは、やっぱり夫がいつも傍に居るからなんだね。

2010年10月11日 (月)

嫌な夢

昨夜、明日は早く起きようと、22時半ごろ眠りに就いた。

嫌な夢を見た。

   

夫が私の目の前で突然倒れた。私が抱きかかえると夫は息絶え絶えに。

大きな声で私は、遠くに見えた母と兄に向かって

”救急車!救急車を呼んで!” と 叫ぶが 声にならない。

何度も叫び続け、唸るように”キュウ・・・キュウ・・・シャ!” と言いながら目が覚めた。

いやーな感じだけが頭の中に残った。

夢の中で、もう一度夫が死を迎えるというのか・・・。

実に後味が悪い。

   

気分悪いから、もう起きて仕事でもしようかと時計を見たら、

まだ、23時50分。

ずいぶんたくさん寝たような気がしたのに、1時間ちょっとしかたっていなかった。

 

2010年10月10日 (日)

自己アピール

今回の仕事の注文は4点。そのうち1点は少し時間がかかる大物。

後の3点は時間はかかるが 比較的気楽に楽しみながら製作出来そうなものだ。

と言っても今まで作った事のないデザインなので、どういう風に作ったら

イメージ通りに出来るか、頭の中で製作過程のイメージトレーニングが

<あそこはこうやって> とか、<あの感じはどうやってだそうか?> と、

常時行われていて、仕上がるまで何となく落ち着かない。

  

今日はこれから一作目大物、一番面倒なデザインもの仕上げに入る。

これまでに作ったそれぞれのパーツの組み立てをする。

今まで作ってきたそれぞれのパーツの出来は ほぼイメージ通りに仕上がっているが、

組み合わせた時のバランスが上手くいくか、ちょっと緊張している。

ここの作業が結構楽しみなところで、腕の見せ所なのかな。

   

 今回はお客様との契約の中で工賃が低い。

出来るだけ価格を抑えた中で、素材を探し、製作過程も抑えられる所は抑えてきた。

しかし、工賃が低いとは言えども、それが人前に披露された時には、

アトリエ○○○の作品となっていつもと同じように評価されてしまう。

だから、ここまで来ると私のアトリエの看板を背負ってしまう以上、

手は抜けないし、仕上がりの良さで自己アピールもしたいとも考えてしまう。

工賃がどうのこうのいうより、仕上がりの度合いの方が気になってくる。

職人魂(ちょっと大げさかな)みたいなものが、妥協を許さないといった感じ。

見てくれた人が楽しんでくれるhappy01ようなものに仕上げたいと思う。

   

これが終わったらすぐ後半の3点の製作にも入るが、

すべての出来上りがきっといい物なるというイメージをもって、

製作していきたい。confident

2010年10月 9日 (土)

一つ一つの山を越えて

最近の充実した仕事と趣味に身を置くことが出来る平穏な日々を感じる中で、

去年の今頃は、一昨年の今頃はと心の中であの時の自分を想う私がいた。

   

 一昨年の今頃、夫が逝ってしまった年の私。

夫の姿を探し、夫と行った場所に足を運び、その場所の空気の中に夫を感じながらも、

<ここにもやっぱり居ないんだ!> と 溜息をつく私。think

それでも、また別の場所に夫の影を求め出かけていく。

何処に行っても夫は居ないけど、一緒に歩いた時の思い出が

フワーッと湧きあがってくるのが心を落ち着かせてくれた。

あの頃は、まだまだ、苦しかった。 

      ・・・でも、越えて来たんだなー!

    

 昨年の今頃は、所属しているコーラスの記念コンサートが10月の末にあって、

それに向かい一生懸命練習してた。仕事を一生懸命やっている時は何ともないけど、

趣味というか遊ぶことを楽しもうとすると、気持ちはとても複雑だった。

<自分だけこんなに楽しんでいいのだろうか?

  私にこんな事をする資格があるのだろうか? 亡き夫は許してくれているだろうか?>

疑問だらけの中で、楽しいはずの歌の練習をしながらも、

流れ出る涙が止まらない事もあった。

あの時は涙が止まるまで、練習会場に居られず、外を歩き回っちゃった。

   

今思えば、何でそんな事になったんだと思うこともいっぱいあるけど、

その時はその一つ一つが私にとって大きな山だった。

その一つ一つの山を越えて、私は今ここにいる。

これからもまだまだ、いくつもの山が私を迎えるのだろうな。

でも、だいぶ乗り越える要領を掴んできたから、きっと上手くいく。

どんな山もやってこ~い! 受けて立つよ!

2010年10月 8日 (金)

どんな仕事?

「どんなもの作ってるの?」って尋ねられて、「こんな物作っているんだよ!」って

お答えしたいけど、ちょっと、ここでそれを書いてしまうと、

何かの検索で、私の仕事のお客様に

このブログのことが知れてしまうような気もするので、なかなか書けません。

検索の機能って凄いですからね!

(作ってるものが一般向きじゃないから、書いちゃったら、

          検索かけられたらすぐ引っかかりそうなの)

    

仕事のことがメインのブログなら、作品の写真入りで紹介したいくらい。

だけど、このブログは夫と死別後の心の動きをメインに綴っているので、

それが私のお客様の目に触れてしまったら、

夢を形にしているような仕事が台無しになってしまうような気もするしね。

お客様を興ざめさせたくないから、やっぱりナイショwink

   

そんな訳でどんなものを作っているかは、御想像にお任せです。happy01

2010年10月 7日 (木)

時間が足りない!

暇な時はあんなに暇だったのに・・・!

今は、時間に追われる感じの忙しさ。

仕事が忙しいのに趣味もやりたいと欲張っているからなのですが。coldsweats01

      

昨日は今やっている仕事のデザインの最終打ち合わせに行ってきた。

お客様は仕上がってくるのを とても楽しみにしているみたい。

期待を裏切らないものに仕上げなくちゃ!

   

今日からは仕上げに向かって、一気にラストスパート。

先ほど、日毎の仕事のスケジュール立てた。

毎日きちっとノルマを達成させていかないと、納期に間に合いそうもない。

  ・・・・時間が足りない!

         でも、ガンバロッ!happy01

今回の仕事は、作るのが楽しいデザインだから救われる。

  

2010年10月 6日 (水)

みんなの背中が眩しいぞ!

海外ボランティアに出発する兄を成田まで見送りに行った時、

一緒に出発する10数人の他のお仲間たちと接することが出来た。

青年海外協力隊からシニアボランティアまで年齢も幅広いお仲間の間に、

2ヶ月間の事前の合宿研修で堅いチームワークの様なものが出来ているようで、

輝くような笑顔でみんなが、出発出来る喜びを隠しきれないかのように、

話を交わしている。

     

そんな姿を見ていて、私は兄が行ってしまうことへの不安は消えて行った。

あのメンバーと一緒ならば、大丈夫だろう。

何かがあっても、みんなで支え合ってきっと乗り越えて行ってくれるに違いない。

母も同じような感想を持ったようで、兄としばし離れる寂しさはあるけど、

”一緒に行く方々が、みんな素晴らしい人達で安心した!”

”ここに送りに来て、皆さんにお会い出来てよかった!” と 言っていた。

   

何かを成し遂げようと、自分で志を立てて、

困難があるかも知れないのに、それに立ち向かおうとする

強い意志を持った人達の顔は、どの方もとても引き締まった、いい顔をしている。

<この人たちのような生き方も有なんだよなー!> と つくづく思った。

自分の生き方をもう一度考え直してみようと思う。

   

大きなトランクを2つ、3つカートに乗せ、手荷物のバックを背負い、

搭乗手続きに向かうみんなの背中が眩しかった。good

2年後、目的を果たし、みんな無事にこの場に帰ってくる事を心から祈って!!scissors

2010年10月 5日 (火)

舞台の上で

市民合唱祭で一年ぶりに○○○ホールのステージで歌った。

オペラなどが出来る4面舞台のある大ホールとパイプオルガンのある中ホールを持つ、

この会館は音響効果がとてもいいので、ここで歌えるのは嬉しいし、楽しいhappy01

    ♪  ♪  ♪

このホールで歌うのは、大ホールで一回、中ホールで2回目なのだが、

初めて、ここの舞台で歌った時は少し焦った。

・・・どうしてかというと、

練習会場では音が部屋中に響くのでみんなの声がよく聞こえるけど、

こういった音楽ホールは音が客席の方に向かって響いていくので、

舞台の上で歌っていると、自分の声しか聞こえないような錯覚を覚えるから、

非常に心細い思いを感じるからだ。coldsweats02

実際は、ピアノの伴奏も、みんなの声も聞こえるのだが、

狭い練習会場のように音が回ってこない(上手い表現ではないかもしれないが)ので、

いつものように、みんなの声が聞こえてこなくて、不安になる。

だから、慣れないと歌っていて非常に心細くて、初めての人は大体焦るようだ。

 (今回も、初めてのメンバーが2人いたけど、歌っていて心細かったと言っていた)

でも、練習の時のように普通に歌っていれば、客席側から聞けばみんなの声が

まとまって、いい響きで流れている。

    

今回の歌い始めの時、私もそんな事を忘れていて、

声を出したら自分の声しか聞こえなくて、<あ!coldsweats02> っと思った。

しかし、すぐその事を思い出し、

<いつものように歌えばいいんだ!> と 心地よい緊張を感じながら歌えた。

この声が会場の一番後ろの席まで届きますように!みたいな感じで。

自分としては、かなり落ち着いて歌えたと思っているけど、

どれぐらいまとまっていたかな。

      ・ ♪ ・ ♪ ・

客席側からはみんなの声が どんなふうに聞こえていたのだろうか?coldsweats01

本番の演奏は後で、CDになって配られるのでそれを聞いてのお楽しみです。

2010年10月 4日 (月)

頑張って~、元気でね~!

今日は私の一番上の兄の海外ボランティア出発の日です。

しばしの別れ、いよいよその日がきました。

お互いに期待と不安があるけれども、

「困ったことは起こらない。すべて上手くいく!scissors」 

というおまじないのことば(笑)を胸に刻みましたから、大丈夫!

   

飛行機は午後4時頃の便で出発する予定。

その前の海外ボランティアの集合時間に合わせて、

兄と一緒に私たちも成田へ向かう。

    

「行ってらっしゃ~い!happy01

 私たちの願いはただ一つ、兄が無事帰国すること。

決して無理せず、自分の思う仕事を成し遂げて来てー!!confident

2010年10月 3日 (日)

これから歌ってきます

今日は市民合唱祭です。市内の合唱グループのほとんどが参加します。

50団体くらいあるのかなー! とにかく、たくさん出場します。

一団体出入りを含めて、持ち時間10分。朝から夕方まで一日やっているので、

音楽の好きな私でも、とても全部を聞く気にはなれません。coldsweats01

今のグループに入る前は、時々見に行っていましたが、

聞きたい団体の前後1時間ぐらいが限界ですね。wink

    

そんな中で、私たちの出場は最終グループなので、これから出かけます。

昨年は最初のグループのでまだ客席が埋まっていなくて、

まるでリハーサルといった状態でしたが、今年は最終グループ!

このグループには結構上手なところが入っているので、

それなりにお客様が入っていると期待してます。wink

やっぱり、せっかくだからみんなに聞いて欲し~い!

我が団体も<少人数ながらイケルぞ!good> ってところを見てもらいたいなconfident

     

今日の衣装は黒のベロアにシルバー飾りが胸元についたシックなロングドレスです。

noteカッチーニの「アヴェマリア」にピッタリの衣装で歌を盛り上げます。

衣装を身につけ、まず気分からというところですね。

今日はお祭りみたいなものだから、楽しんで歌ってきます。scissors

行ってきま~す!!happy01

2010年10月 2日 (土)

季節の香り

雨が降ったり、仕事が忙しかったりで、3日ほど走っていなかったので、

今日はどうしてもと思い、早めに仕事を片付けていつものスロージョギングに出かけた。

ここのところ、だいぶ気温が下がってきたので走り易い。

汗の量もかなり減って、顔の汗を拭うタオルも、

9月中旬位までは大きめのハンドタオルがびっしょりになっていたのに、

今はたたむと手のひらの中に入ってしまうような小さなハンドタオルで十分足りる。

しかも足取りが軽い。スピードも夏場に比べると速いような気がする。

といっても、スロージョギングなので、風を切るほどの速さではなく、

一周6.5キロの公園のコースで大体45分から50分ぐらいのペースで走りところを

いつもより5,6分は速いかなというくらい。

           ・・・ run

今日は走っていると、何処からか金モクセイの香りがしてきた。

周りを見渡しながら走ったけど、金モクセイの木は見つけられなかった。

途中の田んぼの稲穂がすっかり黄金色に色付き、こうべを垂れている。

季節を感じながら走るのは気持ちがゆったりしてくる。confident

    

傍目には、一人黙々と走っているように見えると思うけど、

いつもこうして、いろんな事を感じながら走っているんだよwink

帰りの道の街路樹のイチョウの葉がうっすらと黄色くなっていた。

紅葉の季節ももうすぐです。

2010年10月 1日 (金)

遠い昔のような・・・続き

 突然の夫の死後、何もかもが無意味なことに思えた頃のことを思えば、

色々なことに集中する時間が出来てきたことは、

生きることに前向きになってきたということなのかな。

 しかし昨日も記事にしたけど、集中する時間というのは、

夫には申し訳ないが、私の頭の中から夫の事は消えているということ。

その事に集中した時間が終わると、

<自分は何と薄情者なの!> と ちょっと自己嫌悪。

   

でも、どっちがいいかといえば、勝手な言い分だけど、

自分自身が楽しくこれからの人生が生きられる方がいい。

これまでも、<夫もそれを望んでいる> と 思ってきたけど、

今までは、なかなか心から楽しめることが出来なかった。

しかし、いざ没頭できる時間が持てるようになると罪悪感みたいなものを

何処かに感じる私の心の中は 一体何を望んでいるのだろう、勝手なものだなと思う。

   

夫の事を考え始めれば、落ち込みの要素はまだまだたっぷりだ。

考えなくても済む時間が生まれてきたのだから、

あえて悲しみの時、夫の居ない生活の寂しさみたいものを

引きづり出してくることもないかなと思う。

      

   夫を静かに眠らせてあげられる時が来たのかなー!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31