無料ブログはココログ

« 笑い | トップページ | 不安と悲しみと時間と(前記事コメントを受けて) »

2010年9月10日 (金)

ただ、答えているだけ

夫亡き後、今こうしてやっていけているのは、夫がこれまでに私に与えてくれた

夫の愛の深さ」があるから、なのではないのか と 最近つくづく感じている。

   

夫の愛は大きく私を包み込んでくれていた。私はその中で、伸び伸びと生きてきた。

でも、あらゆるものから精神的に私を守ってくれた夫はもういない。

しかし、私はここにちゃんと生きている。

あんなに、別れの直後にはあんなにも恐れと不安を抱えていたのに、

ちゃんと生きている。

   

<私は強い?> 

<私なら、出来る?>

決して、そんな事はない。私の力や能力では無い気がする。

夫は今、この世には居ないが、これまでに夫が私にくれた、「深い愛」 と 私の

「今も、夫の愛を信じる心」 が 私に力をもたらしている。

その力が、私の根本を支えている。

   私は ただ「夫の愛」に答えているだけなんだと思う。confident

 

« 笑い | トップページ | 不安と悲しみと時間と(前記事コメントを受けて) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おめめさんおはようございます。

おめめさんの文章から伝わる雰囲気で、 おめめさんの暖かい心と旦那様のとても 大きく深い愛が感じられます。
今も包まれている。それに答えているだけ
私もそう思います。


でも そんな穏やかな気持ちよりも、不安や悲しみが強くなってしまう時 おめめさんはどうしていますか? 時間が解決してくれたとゆうことはありますか?

こんな質問 すいません。
私も おめめさんのようにゆっくりと歩きたい。

そう 思うので 参考にさせてもらいたいんです。

マーサさん コメントありがとうございます。
 
こんな私の生き方が参考になるかどうか分かりませんが、私なりの
考えを綴りたいと思います。
長くなりそうなので、記事にしますので読んでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/49387569

この記事へのトラックバック一覧です: ただ、答えているだけ:

« 笑い | トップページ | 不安と悲しみと時間と(前記事コメントを受けて) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30