« 不器用な生き方です | トップページ | 誕生日がやってくる »

2010年9月14日 (火)

素直に

20歳の頃の失敗談ですcoldsweats02。何故今か?と思うけど、ふと、思い出しました。

   ・・・think

コヒーの専門店に一人で入った。

そこは、以前に友達と何回か来たお店で、

いかにも頑固そうな親父さん一人でやっている。

その頃の私は、専門店に行くほどコーヒーの味の違いが分かる人ではなかった。

お店の雰囲気が好きでそこに行ったのだった。

   

お店のご主人が、

”何にしましょう?”と聞いてきた。

当然、何がどうか分からない私だったが、メニューを見て あるコーヒーを頼んだ。

すると、店主が、

”今は、そのコーヒーはシーズンではありません” と ちょっと嫌な顔で言った。

”それではこれをお願いします!”と 別の物を指定したら、

店主が、

”もう、作りたくなくなっちゃったから、帰ってくれませんか!” と言ってきた。

スゴ~くショック!!coldsweats02

恥ずかしいやら、悲しいやら、居たたまれない思いで、

帰りの道をバスにも乗らず、てくてくと歩いて帰った。

  

悔しかった。

”帰ってくれ” と 言われたこともショックだったが、

悔しかったのは、それではない。

よく知らないのに、知ったかぶりをして注文をした自分が嫌になった。

”よく分からないから!” と 何故言えなかったのだろう。

   

それ以降、私はコーヒー屋さんでは、「ブレンドコーヒー」か「今日のおススメ」しか、

注文しない。

知ったかぶりの見栄を張らないことにした。

分からなければ、”これは何ですか?” と 必ず尋ねる。

極力、素直に知らない事は知らないと言う。

ちょっと恥ずかしい時もあるけど、

素直になると楽に生きられる。

« 不器用な生き方です | トップページ | 誕生日がやってくる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントします。一人で生きている大先輩です。自慢にもなりませんがブログは良く見ていますよ。親父もコーヒー通ですが今日の話は少し憤慨です。いいえ大いに憤慨かな。一杯のコーヒーは大好きですが煩いお店、失礼な接客は許せません。お客さんに涙を流させるなんて最低です。でも自分の所為にする処は感心。(内心馬鹿にしています)。そうですよね。今、お気に入りのお店がありますが味だけで勝負出来るお店はなかなかでしょう。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」。でもなかなか出来る事ではありません。

お店のご主人は「職人気質」の方だったのでしょうね。コーヒーにそれほどこだわりがあることはある意味すごいことではあるとは思いますが、職人さんは人との交流が下手だということを自覚すべきですよね。それに、職人さんのこだわりが必ずしも人から喜ばれるものをつくり出せるわけでもないし・・・・。
接客は他の人に任せるべきでしょうね、そのお店は。

いくらこだわっているにしてもこの接客態度は無いと思います。
大きなおめめさんは偉ぶって注文した訳ではないでしょう!
そんなことの前に「シーズン」でないコーヒーを載せているこの店自体駄目なんじゃないですかね。
うちの近所の「そばや」は夏になると冬のものをメニューから外します。
「今美味しくないものをメニューに載せてお客様に選ばせるのは失礼だから」だそうです。
知ったかぶりも失礼な態度も過ぎ去ればいい思い出ですしね。

くーちゃんさん 初めまして!
コメントありがとうございます。

まだ若かりし頃で、社会を知らなかった事もありますが、
恥ずかしいやら、情けないやらのかなりのショックで、当時は
誰にも話す事は出来ませでした。
この話は、私の心に深く残っています。
店主に対して、言いたい事もありますが、その頃の自分の未熟さも
否定できません。
まあ、いろんな意味で、いい教えを得たと思っています。


ジロさん 今晩は。
確かに、頑固一徹職人気質のような人でした。
その頃の若い私は、ちょっと、ビビってたのかもしれません。
今だったら、何か言い返してるかも知れませんね。
この私も、強くなりましたから!
いや、捨て台詞の一つを残して出ていくかも。

こんな経験も、後になって思えば結構自分形成の役に立ってます。

憩いを求めて、お店に入る今は、
どんなに美味しいと評判の店でも、店主が頑固者の店には決して行きません。

a1youさん、今晩は!
もちろん、偉ぶってなんて注文してませんよ。
でも、何かが気に入らなかったのでしょうね。

ほんと、<無いものをメニューに載せておかないでよー!> って思いましたよ。
<コーヒーの味が分からなくても、いろいろ頂いて比べないことには
  学習出来ないのですから!> とも 心の中で言い訳してましたけど。coldsweats02

こんな経験もありましたと言うことです。

自分も今、職人であり、かつ客商売をしていますが、
さすがに、自分の意を押し通す事は出来ません。
接客には気を使い、出来ない注文であっても、
何とかお客様の意に沿うように努力する事は心がけています。
もちろん無理な時は、丁寧に断りますけどね。

大きなおめめさん、こんばんわ!

なにはともあれ、素直が一番shine

パートのおばちゃんによく言われましたcoldsweats01

その接客はいかがなものかと思いますが、それを、プラスに持って行こうとする

大きなおめめさんを見習わなくてはshine

こっしーさん 今晩はpaper

パートのおばさんに言われちゃいますか!
おばさんはいろんな経験積んでますからね。(笑)

何事も経験。
いろんなところに教えがありますね。confident

大きなおめめさんおはようございます。

私も、ついつい見栄を張ってしまう事があるんですよね。
そうすることで後々苦労する事も多いのに…
以前職場で管理職をやっていたので部下にカッコ悪くて「知らない」とは言えなかった、と言うのが本音ですcoldsweats01
知らないとは言えない分必死で勉強しましたけどねdash
だけどそんな自分に疲れた~
そんな自分はあまり好きじゃなかったな~

今は等身大の自分でいる事が出来ます。
その方が楽だし、そんな自分の方が好きconfident
だけど勉強はサボリ気味coldsweats01
仕事復帰に向けてそろそろ勉強始めないといけないと思っているところです。

背伸びしたって仕方が無いですもんね!
背伸びしたままじゃ長時間歩けないですもんね!
そのままの自分で生きていこうup
素直な自分で生きていこうsign01

自分を振り返る時間をくれて、いつもありがとうございますconfident

juriさん おはようございます!

知らないと言えず見栄を張るのも疲れることですが、
juriさんのように勉強をして、それを本物にする事が出来れば、
見栄も、自分成長の為にいい効果がありますね。(* ̄ー ̄*)

でも、おっしゃるように、
>背伸びしないで・・・
という生き方の方が、楽しみながら成長出来そうだから、
やっぱりその方がいいかな。confident

今回の私の体験は、当時の私には少々厳しい愛の鞭(?)でしたが、
このことが私に教えてくれたことは色々ありました。
知らない事は恥ずかしいことではない。
教えてもらったり、自分で勉強したりすればいいのですから。

素直に自分を表現しながら、勉強出来ていければ最高ですね!wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/49419328

この記事へのトラックバック一覧です: 素直に:

« 不器用な生き方です | トップページ | 誕生日がやってくる »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ