無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

そうかー!

夕方いつものようにスロージョギングに、出かけようとしたら、

公園に行く手前の住宅の駐車場に一台の車が入って行った。

車のドアを開けて、その家の奥様らしき方が、

スーパーの大きな買い物袋を下げて降りてきた。

   

<・・・そうかー! 

   普通、この時間は家族の食事を作る時間帯なのね、忘れてたthink

  

毎日のように、私がウォーキングやジョギングに出る時間帯は、

普通の奥様からしたら、一番忙しい時間だったんだ。

<家族・・・ねー!!>

   

自分がとんでもない暇人に思えた。

<私って、普通じゃないよねー!この生活> 

改めて一人身の気軽さみたいなものを感じた。

以前の私だったら、たぶんここで涙sweat02が出ちゃったかもしれないけど、

<まっ!自由にやるさ!wink> なんて感じで、足取り軽くジョギングコースへ向かった。

   

好きな時間に起きて、好きな時間に食事して、好きなもの食べて、

おまけに自宅が仕事場だから、好きな時間に仕事して、

好きなことやって・・・。

   

正直、・・・ちょっと切ない複雑な想いの自由だけどねconfidentsign02

   それなりに私、 楽しんでま~すsign03

2010年8月30日 (月)

他人の力

夫が逝ってしまった時、

<相談相手である夫はもういない。これからは何もかもを自分一人で考えて、

 自分一人で決めなくてはいけない> と 思った think 。

そして、これまでそうして自分なりに踏ん張ってきた。

      

でも最近、少し心に余裕のようなものが出来てきたのか、人の話が聞けるようになった。

   

ブログへのコメントやココログ広場で本当にいろいろな人達と

井戸端会議のようなつぶやきをしている中で、

「他人の知恵を借りるのもアリかな!」 と 思うようになった。

     think インターネットという見えない空間の不安も多少はあるけれども・・・。

    

生活環境も年代も性別も様々な人の枠のない集まりの中で、

自分では思いもよらぬアドバイスを受けることがある。

<なるほどー!> と うなずくものもある。

   

もちろん どの意見を取り入れて、どのように生かしていくのかを最終的に決めるのは、

自分自身だけれども、答えを自分だけで出す事がすべてではないと思うと、

肩の力が抜けて、生きることが少し楽しくなるscissors

 

2010年8月29日 (日)

この車なの!!

結婚前、夫の住む街で、初めてデートをすることになった時のこと。

彼は、駅まで車で迎えに来てくれた。

まだ、付き合い始めて間もない頃のデートだった。

heart02ウキウキしながら、それなりのお洒落をして私は出かけた。

   

笑顔で出迎えてくれた彼に案内された車は、駅のロータリーに止められていた。

sweat01エー! この車なの!!・・・面白過ぎーcoldsweats01

心の動揺を隠しながら、私は車の助手席に座った。

<この車だったら、ジーンズで来るんだった> などと思った。

   

その車は、な、なんとimpact・・・ホンダの軽トラ!!

    ・ ・ ・ しかも、ブルー!

彼と初めてドライブした時の、日産ローレルはどうしたの?みたいな・・・。

      

実はその頃、彼は自分の車を持ってなくて、お母様の車を借りていた。

ふだんは軽トラを借りていて、遠出する時は、実家まで行ってローレルを

借りてきていた。だから、その日は、軽トラ!って・・・coldsweats01

   

道路の振動がそのまま伝わってくる。

強制的に姿勢よく座れるシート。

広過ぎない車内。

       ・・・乗り心地良過ぎ bleah

   

てな訳で、私たちは、軽トラでデートをした。

今思い出しても、あの時の事は笑ってしまう。

   

あれから結婚後、

  軽トラがマークⅡになって、2人で、いろいろなところにドライブしたなー !

          もちろん、マークX に なるまではマニュアル車で confident

2010年8月28日 (土)

引き合う力

皆さんからコメントで、大きな力を頂き、気持ちの切り替えが出来たようで、

こんな発想をしてみました。ありがとうございました。

          confident

      ☆   ☆  ☆

夫と死別して、2年8ケ月が過ぎようとしている。

これまで、二度気持ちがフッと軽くなる、ギアチェンジの感覚に似たものを感じた。

一度目は、一周忌の直後。二度目は、ついこの間。

      

ギアが、Lowから2ndに変わる。2ndから3rdに変わる。

ちょっとだけ、前より勢い良く進みそうになると、

それと同時に、同じくらい後ろに引っ張る力が生じるらしい。

自分では気が付かないうちに、バランスを取っているようだ。

・・・<そんな後ろ向きの力はいらないのに!> と 思うけど、これが大切な事らしい。

     

自分では気が付かないので、

意味も無く落ち込んだり、無性に流れる涙に戸惑ってしまうが、

実は、この引き合う力のせいなのだ。 ・・・前に引く力 と 後ろに引く力

勢い良く、前に進む前に、

「もう一度、夫の死と良く向き合って置きなさい」 って 言ってるのではないか。

そうすることの積み重ねが、

「少しずつ夫の死を受け入れていく事なんだ」 と 言われているような感じがする。

   

そう今の私も、落ち込みながら、涙を流しながら、

自分では意識しなかったけど、再び夫の死と正面から向き合い、

ここからまた加速して前に進む準備をしているんだ、きっと!confident

2010年8月27日 (金)

悲しい顔

仕事が一段落して、買い物に出かけた。

 別に何が欲しい訳でもない。いつものように、フラフラとしたくなっただけ。

気分が滅入っていた訳でもないのに、

     ・・・行った場所が、悪かったのかな。

         亡き夫と休みの度に、出かけた場所だったから。

   

人ごみの中に居たら、急に悲しくなってきた。

<悔しい・・・何で悲しくなるんだ!>

そんな悲しみを追いやる為に、心の中で歌を歌いながら歩いた。

ショウウインドウに自分の姿が写った。

・・・悲しい顔をしている私が写っている。

<どうしてそんなに、悲しい顔しているの> 自分に聞いた。

   

無理して生きてる訳でもないし、苦しい毎日を過ごしている訳でもない。

それどころか、ここのところは毎日が新鮮で楽しいとさえ思っている。

自分にウソをついているのだろうか・・・。

いや、そんなはずはない。

   

「ちょっと幸せ」 を 感じた自分が好きだ。

ジョギングを終えて、写真の夫に「笑顔でVサイン」 が 出来た自分も好きだし、

「後ろ振り返らず頑張ろう!」 と 決めた自分も好きだ。

趣味の音楽を楽しんでいる自分も確かにいるし、

つぶやき仲間のブログを見て、元気をもらっている事にも ウソはない。

仕事に熱中する自分も好きだし、

友と語り合う自分も好きだ。

最近、元気に過ごしてるのも、すべて本当なのに・・・。

 ショウウインドウに写る私は、何故・・・あんなに悲しい顔をしているんだろう。

   

時々、突然虚しくなって、

何もかもをそのまま投げ出して、消えてしまいたい、

そんな自分が心の隙間に、出没するからなのか・・・。

  そんな事をほんの一瞬でも考える自分。

  そんな自分がやってくると、自分自身が何とも心寂しく、悲しい。

   

”もっといいお顔して!”

 何処からか、夫のそんな声が聞こえてくる。

              ・・・いや、自分の声が聞こえる。

    

悲しい顔を癒す特効薬は知っている。

 でも、それはもう決して、私の手に入る事はない。使うことは出来ないんだ。

新薬は自分の手で今、ゆっくり開発中・・・。

それまでは、時薬と 走って汗を流すことが、私への処方箋。

2010年8月26日 (木)

免許の書き換え

誕生日にはまだ少し早いけど、一か月前から出来るので、

車の運転免許証の書き換えに行ってきた。

一応ゴールド免許だから、次の書き換えまでは5年間、この免許証にお世話になる。

だから、写真撮影を意識して、顔映りの良い服を選んで着ていった。

寝不足で目の下にクマが出来ても困るので、昨夜は少々早寝。

万全の体制で出かける。(チョッとオーバーbleah

   

ジャ~ン!

  ・・・しかし、

新しい免許証に写された私は、正直だ。

5年前の写真に比べて、確実に年月の過ぎている事を表している。

   ・・・ショック!

       たれ目になってるよ~!

   優しい顔になったと言えば、聞こえはいいけど・・・coldsweats01

    

免許証は持ち歩くけど、普段はあまり見る事もないので、

このショックも今日の一瞬だけだろうけど。

    

これからも、無事故無違反の安全運転を誓う 私でした。

2010年8月25日 (水)

写真に向かってVサイン

相変わらずの暑さでは有りますが、

夕方は少し風が涼しくなったような(?)気がします。

  

最近のスロージョギングは、仕事を終えて、

17時を回ってから出かけるのですが、暑さの為に、距離の短縮バージョン。

それも全部を走り切れずにウィーキングをプラスしている。

しかし、今日は久しぶりに全行程を走り切れた。

少し、気温が低かったのかな、走りが軽かった。

もう少し、走れそうだったが、

最近は日の入りが早いのと、厚い雲が空を覆ってきたのとで

暗くなってきたので、今日はここまでにした。

   

”ただいまー! 今日も頑張って走ってきました!” と 誰もいない家に

元気な声をかけながら、靴を脱ぐ。

リビングの夫の写真が、

”今日も、頑張ったね!” と 迎えてくれた気がしたので、

写真に向かって、笑顔のVサインを送った。

   

仕事が出来て、美味しく食事が出来て・・・

気持ちよく走れて・・・

夫の写真に向かってVサインが出来て・・・

思い出のバラにまたつぼみが付いて、

昨日コメントで教えて頂いた バラの「先の正面」をイメージ出来て・・・

ここまで出来て、何の不足があるのだろうと考えなければ!

      今日も素敵な一日で終われてよかった。confident

  

2010年8月24日 (火)

互いに譲らず(笑)

スロージョギング中に、近くにいた女性2人の会話が耳に入った。

”オーシンが鳴いてるね!”

”もう、秋が近いのかしら!”

ear <エー! オーシン?> 私は、夫との会話を思い出した。

   

”ツクツクホーシが鳴いてる”って私が言ったら、夫が

”あれは、オーシンだ!”と言う。

        ・・・オーシン・ツクツク と 鳴くと夫は言う。

いや、あれは・・・ツクツク・ホーシ、ツクツク・ホーシ って 鳴いているんだと 私が言う。

いや、違う・・・・・オーシン・ツクツク、オーシン・ツクツクだ! と 夫は譲らない。

だって、最後の方で、

「ツクツクホーシ、ツクツクホーシ、ツクツクシーホー、ツクツクシーホー、ツクツクツク・・・」

って 鳴くよ!

と 私も負けじと言い返す。

”もー! 譲らないね(笑)!” と 夫の笑顔は優しい。

譲らないのはお互いさま。

   

でも、今日2人の女性の会話を聞いて、夫側にポイントがひとつ加算された。

  

ジョギングコースの公園の森は、シャンシャンと鳴くクマゼミに変わって、

ツクツクホーシがいっぱい鳴いている。

   オーシン / ツクツクホーシ ・・・ 正式名は一体何というのだろう?

2010年8月23日 (月)

始動開始

夏休み気分でゆったりと仕事をしていたけど、

明日からは、本格的に腰を入れて仕事をしようと昨日早寝したのにもかかわらず、

朝寝坊。

8時45分起床で、一日が始まった。

(5時頃一旦目が覚めたけど、まだ、少し眠い。

   <眠れる時には寝ておこう!夏バテしない為に!> 

   自分に都合のよい理屈を付けて、もう一眠りしてしまった結果がこれ!coldsweats01

   

洗濯掃除、朝ごはんを済ませ、携帯とネットのメールのチェック。

また、これがイケない。メールのチェックでPCを立ち上げて、そのままブログへ。

・・・時間がどんどん過ぎていく。

お仕事の「本格的に始動開始」は いったい何処に?

   

ようやく仕事を始めたのが、11時。

             夏休みの怠け癖が・・・。一時間したら、もうお昼。

それでも、その後は順調にお仕事。

15時半頃、コーヒーブレイクをしてもうひと頑張り。

   

<夏休み気分が抜けるのは、この暑さが収まらないとダメかな。。。>

なんて、ちゃんと言い訳も用意している。

2010年8月22日 (日)

後ろを振り向かず

昨日のように泣けることがあっても、凹んでも、

今の私は、出来るだけ、その原因を夫の死に結び付けて考えないように

したいと思っている。

   

後ろを振り返りたくない気持ちの方が強いみたいです。

ホントのところは、そう言いきってしまうほどの自信もないところもあるけど、

「そうありたい」 と 思う気持ちが有るのは 本当なの。

  

 これまで思う存分、辛い気持ちを吐き出してきたから、

もうしばらくは、その事を考えたくないという気持ちが本音かもしれないけど・・・。

別に夫の死の事を忘れたいということではなくて、

夫との死別ということだけに終始したところに、自分の人生を置きたくない気がしている。

 見方を変えれば、そんな気持ちは、現実逃避かも知れないけど、

ただ、後ろを振り返りたくない、この場に留まりたくないという気持ちは持っている。

   

 前向きな自分をイメージする事に 私がこだわるのは、そんなところにある。

だから、自分の心の中に「優等生のお手本の自分」 を置くことで、自分を支えている。

  

たまに、疲れて、物事が思うように行かないのが引き金になって、

ここのところのような凹みも来るけど、

それを、あえて、もう夫の事(夫の死)には 結び付けたくないと思う。

原因は違うところにある気もするし、

そこに持っていくことは、後ろを振り返ることになるから・・・。

  

少し前までは、自分と同じ境遇の人の声を聞き、感じることに救われてきたけど、

今の私の、凹んだ時の対処法は、あえて色々な人の声を聞く事にしている。

   

具体的な例を上げれば、ジャンルにとらわれないで色々な人のブログを読む事。

そこには実に色々な、新鮮な空気がいっぱい流れている。

楽しい趣味の話、花の話題、子供の成長を優しく見守る母のブログ。

家族の写真を載せた、カメラ好きの人のブログ。

何気ない家族の日常を綴ったブログ。

 幸いにも今の私は、幸せな家族に嫉妬を感じる事も無く、

むしろ、温かな感情さえ芽生えるのを感じる。そんな気持ちを膨らめていきたいと思う。

   

 ブログは、直接その人と接している訳ではないので、

自分の都合のいいように解釈も出来き、

自分の心の浮き沈みに応じて、接点を持てるのが凹みの対処法に適している。

困難や、心の凹みに遭っても、こんな風にその時々応じた対処法をみつければいい。

困難をどう乗り切るか・・・乗り切った時の安堵感を考えれば、

それもまた、生きる事の楽しさかもしれない。

 自分の人生は、自分で切り開ける。

    そう思う自分を信じたい!

   そうすることが、夫への最高の供養になればいいなと思う。

  

 でも、こういうことを切々と語っていること事態が、

    <まだまだだなー!> という感じはするけどねcoldsweats01

   

2010年8月21日 (土)

えー!今日も・・・。

昨日のコーラスの練習に続いて、今日はボイトレの日。

昨日、不発に終わった後遺症が残っていて、いつもなら張り切っていく練習も、

何となく気が重いというか、行きたくない。

・・・でも、<ここで、休むと不調を引きずるよ!>

そんな心の声に後押しされ、リベンジに出発!

   

・・・と、張り切ってきたはずが、発声練習で何度もダメだしされて、

昨日の私に逆戻り・・・悔し~い!

何とか盛り上げなければと、深呼吸して出直し。

   <落ち着いて、落ち着いて・・・>

凹んだイメージを捨てて、自分はオペラ歌手にでもなったつもりで、

思い込ませるかように <いい声が出せるのよ!> と 心の中で復唱する。

心を盛り上げる為に、いつもの「いいイメージ膨らませる」脱出法を試みる。

   

肩の力を抜いて、力まずに、素直に声を出す。

<頑張れ!大きなおめめちゃん!>・・・誰も言ってくれないから自分で coldsweats01

   

何とか持ち直し、納得のいく練習が出来て、練習も後半まで持ったけど、

〆に、一緒にやっていた人のリクエストで「埴生の宿」を歌っていたら、

ふと、夫と暮らした家が頭に浮かんで、感極まって、泣けてきた。

  (人目があるから、もちろん心の中で・・・・)

何とかしようと前向きなイメージを持って、

あれこれやってるけど、

      やっぱりここの所、少し心が不安定みたい。

    

まっ!そのうち、晴れる日も来るでしょう。

気楽に考えてます。もう毎度のことで、慣れっこですwink

   

2010年8月20日 (金)

苦手な曲(コーラスの練習)

軽いストレッチの後、腹式呼吸で息を吐き出す練習。

発声練習を一通りするが、メンバーの集まりがあまりよくないので、

”今まで練習した曲の中から、○○さん何か歌いたい曲ありませんか?”

と 先生が尋ねた。

”あなたに逢いたくて” と ○○さんは答えた。

<ギョ!> 私の苦手な分野の曲。

軽く歌うポップス系の曲は、カラオケで歌う分には何の問題もないけど、

合唱の場合は、他の合唱曲と違って、発声の要領がつかめない。

歌を歌うということでは、同じなんだろうけど、私には、どうも思うようにいかない。

自分の中では、お腹から思い切り声を出すことが出来る、

クラッシック系の曲の方が好きだ・・・発声の要領が掴みやすい。

   

二曲目もまた、同じ系統の曲「恋に落ちて」。

もう、テンションが一気に下降です。

発声練習でせっかく、いい感じで声が出ていたのに、

すっかりしぼんでしまって、細々とした声で歌っていた。

”メロディーが聞こえてきませんよ!大きなおめめさん、しっかり歌って!”

先生から言われても、下がったテンションはどんどん下降するばかり。

声を出すのも嫌になった。

   

ちゃんとした合唱曲も練習しているのに、何で、こんな曲ばっかり・・・。

下がリまくったテンションは元に戻らず・・・coldsweats02

どうすればいいんだ!

  

人数も揃い、やっと、「カノン」の練習に入った。

救われた。やっぱりこの手の曲がいいです。

歌っていても気持ちがいい!

  やっと、満足のいく声が出せた。

   

しかし、苦手を克服するのが練習なんだろうね。

でも、歌いたくないものは歌いたくないで~す!

 

2010年8月19日 (木)

お互いの為に

お盆が過ぎて、何となく心が晴れなくいたので、

別に何の日という訳でもないけど、夫のお墓参りに行ってきた。

何もこんな猛暑日に・・・とも思ったけど、少し日も陰ったりするし、

今日行かなければ・・・という感じもしたので・・・。

  

家の庭のお花を切り取って、車でお寺に向かう。

   

何故か、いつもと違う道を走っていた。

途中、私は 自分がいつになく夫に話しかけている事に気が付いた。

”この道、久しぶりに通る道だよね。あれ!あんなお店が出来てるよ!”

”そうか、この道、○○さま(夫の呼び名)の通った高校の前を通る道なんだね”

”この歯医者さん、一緒に通院したよね”

   ・・・

ふと、思った。

      ・・・今日はこの車に夫が一緒に乗っている。

<そうか! お盆で家に帰ってきた夫は、送り火を焚いたのに、

             そのまま、私の傍に残って居たんだね>

今日お墓参りに行こうと思ったのは、これだったのかと思った。

夫を無事に送る事。

自分の心を静める為にお墓参りに行こうと思ったけど、実はそうだったんだ。

    

位牌堂でご先祖様にご挨拶して、お墓参り。

お盆の時にお供えした花は、この陽気のせいで水も枯れて、カピカピに乾燥していた。

持ってきたお庭の花を供え、水を上げて、

ろうそくに火を灯し、お線香を上げ、手を合わせた。

    

帰りはまた、別の道を走った。

ここまで送ってきたのだから、夫も今度はちゃんと帰って行ったと思う。

”大きなおめめちゃんといつも一緒に居たい!” って言ってくれてた夫だったけど、

もう今は、帰る所に帰らないとね・・・。

   私だって、一緒に居たいけど、それは出来ないんだ。 

          お互いの為に!・・・ confident 。

 <また、逢いたくなったらいつでも遊びに来てね!

            私はいつも、ここに居るから・・・>

   

しかし、自分がこんなことを考えられるようになったなんて、不思議。

それなりに私も成長したのかな。

  

夕方、ウォーキングに出た時、公園の大きな木の上の方で、

”送ってくれてありがとうね!” と 夫の微笑む顔が見えた気がした。

     < またいつか会える日まで、お互い頑張ろうね! >

           

2010年8月18日 (水)

猛暑日

昨日に続いて、猛暑日の名の通り暑い一日。

刺す様な日差しに、買い物に行く気にもなれず、

家に買い置きしてあるもので、食事も済ませた。

  

午前中は、それでも掃除洗濯と植え木の水やりなどで、

動き回らなければならないので、

冷房のお世話になる事も無く、汗を流しながら作業をした。

午前だけで、汗びっしょりでTシャツを3回着替える。

    

昼食時から、エアコンのスイッチ、ON!

やっと涼しさを味わえる。

     すると・・・一気に睡魔が襲ってくる。

こう暑い日は、ホントに仕事にならない。

眠気を我慢して、必死に机にしがみつくも、瞼が下がってくる。

だんだん重くなって、持ち上げられない。

・・・ダメだ! 眠いよ!

   sleepy

エアコンのタイマーが切れ、暑くて目が覚める。

睡魔に耐えかねて、ゴロっと横になったら、あっという間に眠ってしまった。

   

続きの仕事を片付けて、庭の植木の水やり。

   

暑い夏の一日、あまりの暑さに気力を奪われ、

どうしてもやらなければいけない事だけをこなす、淡々とした一日。

・・・夫がいたら、どんな一日になっていたのだろうか。

もう少し、生活にメリハリがあったんだろうなー・・・think

そんな考えても意味もない事を、何となく思っている自分がいた。

  

  庭でこおろぎを一匹見つけた。

     こんなに暑くても、 秋は確実に近付いている。

2010年8月17日 (火)

夕暮れの景色に包まれて

この夏一番の猛暑。さすがに暑くて太陽が沈みかけるまで、

ウォーキングに出られず、18時を過ぎてから家を出た。

家に帰る頃は、もう薄暗くなっている。

   

夫が亡くなったばかりの頃、よくこれ位の時間にウォーキングというか、

一人で家にじっとしていられなくて、そこらを目的も無く歩きまわった。

悲しみと切なさとやりきれなさの涙が流れ出ても、夕闇は消してくれるから・・・。

   

夕暮れの中を歩いていて、あの頃のことが思い出された。

あの時、涙を流しながら歩いた道を 

今は汗を流しながら、胸を張って歩いている。

家に帰っても誰もいないのは同じだけど、

誰もいない家に私は、元気な声で、

”ただいま! 今日も頑張ってウォーキングしてきたよ!”って、帰る。

埋まらない空間はまだそこにあるけれど、

あの時のように、そこを見つめて嘆く事はしない。

  もう大丈夫!

    ・・・もう大丈夫! 何度も思っている私。

   

いい眠りは、”寝る前に楽しい事を考える” って聞いて、

毎日、目をつぶって思い浮かべるのは、まだ夫との楽しい思い出ばかり。

でも、涙なんて流してないよ・・・。

            だからきっと、もう大丈夫!

2010年8月16日 (月)

気持ちを切り替えて

昨日15日 送り火をしてお盆も終わり、今年も大きな仏様の行事がひとつ、

無事に終わり、ホッとしている。

夫がまた、少し遠くに行ってしまった感じがして、寂しいのは

去年のお盆の終わりに思った気持と同じ。

これからお盆を終える度に、同じような事を感じるのだろう。

   

今日からは気持ちを切り替えて、頑張りましょう!

    ・・・って、言ったところで、何を?

まずは、お盆飾りのお片付けからかな。

後は イ・ロ・イ・ロ!

   

・・・いろんな事をしていないと、また逆戻りしてしまいそうな、嫌な空気を感じる。

だから、動き回って空気の入れ替えをしなくちゃ!

 お仕事でしょ。庭の手入れでしょ。趣味の音楽でしょ。運動でしょ・・・etc.

といっても、まだ暑さが続いているから、なかなか思うようには・・・ね。

でも、やりたい事がいろいろ出てきている今のうちに、足がかりと思う。

エンジンを温めて置けば、後で、すぐスタート出来るから。

    

また、ゆっくり、ゆっくり始動開始!

  凹んだ穴を埋めながら・・・。

    お盆で重くなった心を引っ張ってでも、動かして・・・。

        よっこらしょ!sweat01  happy02 っと。

            

    

2010年8月15日 (日)

帰省

自分の家のお盆があるので、なかなかお盆に家を留守にする事は出来ないけど、

本人の意志を尊重して、兄の故郷にお墓を建ててくれた義姉が

遠方よりお墓参りの為に来るので、

それに合わせて、みんなで集まることになり、私も日帰りで帰省した。

  

といっても、車で1時間半ほどの距離なので 

お盆の帰省ラッシュもほとんど影響もなく、快適に移動。

実家で、みんなで軽くお食事会をした。

今年は、実家の主の一番上の兄が、海外ボランティアの事前研修中の為に留守なので、

実家の義姉の子供たちを除けば、母と義姉2人と私の女性人ばかりの集まりで、

いつもと 何か雰囲気が違う。

やっぱり、主人(兄)の存在は大きいらしい。(beer・・・一番の酒飲みが留守!)

  

でも、こうして家族が元気に集まるというのは、やっぱりいい。

実家の母も ”80歳を過ぎたら、急に体力が無くなってきた” と 嘆いていたけれど、

まだまだ、好きな事を色々やる元気がある。最近少し物忘れがひどくなっているところが、

娘としては気がかりだけど、心配し始めたらきりなく気になる私の性格だから、

見て見ぬふりをしながら、見守っていこうと決めた。

二人の義姉も共に仕事を持っていて、年齢的にも責任ある立場で忙しくしているらしい。

やっぱり、みんな元気で!が一番。健康面には十分気を付けて欲しい。

   

<みんな元気で、また集まれますように!> そんな事を思いながら、帰路についた。

2010年8月14日 (土)

暑さにめげず走ってます

お盆でも、この暑さでも、走ってます。

  ・・・結構、暇人と見られているかもcoldsweats01

さすがに走っている人も、ウォーキングしている人も極端に少ない。

  (でも、0人でないところがすごい!・・・私みたいな人がいるんだbleah

こんな時に 話題の熱中症にでもなったら、恥ずかしいから、

日差しが柔らかくなった頃に出かけ、走る前にコップ1杯の水分補給を忘れずにねwink

   

我ながら、良く続いてる。

こんなに体を鍛えたことは、今までなかったんじゃないのかな。

しかも、この暑さでも走りに行こうだなんて・・・。

  夫が亡くなってから始めたウォーキングとスロージョギングは、もう2年以上続いてる。

過去最高の運動記録scissors

  

本来、私は汗まみれになってするスポーツが嫌いなはずなのに・・・。

だから、学生時代も運動部には入らず、吹奏楽を選んだのに。

   ・・・でも、見た目はどうも運動部体型らしくて、出会う人には大抵、

       ”何か運動されていたんですか?” と 尋ねられてしまうけどね。

      

仕事をしている時と寝る時以外は、エアコンはほとんど使わないので、

暑くて毎日、汗ダラダラsweat01

<ジッとしていてもこんなに汗をかくのなら、走ってこよう!> と 最近は出かける。

 体がどれぐらい鍛えられているかは、分からないけど、

始めた頃より、同じ距離でも軽く走れるようになった気がするからそれなりにかな。

走り方のコツも分かってきたので、昨年10月のように

「足の付け根を痛め、痛めた足に重心をかけると激痛が走る」 なんていうことにも

ならないと思う。

(これには数カ月悩まされ、その間は走れなく、ゆっくりウォーキングしか出来なかった)

   

しかし、運動のおかげで、洗濯物が毎日山のようです。

とても、一人暮らしとは思えません coldsweats01 。

2010年8月13日 (金)

お盆

<迎え火を焚いて、迷わず仏様が帰って来られますようにって言うけど、

  夫が我が家を忘れるはずないと思うんだけど・・・。>

そんな事を思いながら、一人で迎え火を焚くようになって、3回目。

  

お盆でみんなが帰ってくるって言ってもねー!

”ただいまー!”って、声が聞こえる訳でもないし、夫が

”元気にしてたー!”って、肩を叩いてくれる訳でもないし、

みんな、私の心の中の世界だから、正直なところ、ちょっぴり凹むのよね。

夫の好きだった、いろいろなものをお供えしても、

<もう、こういうことしか してあげられないんだthink> と いつもよりにぎやかな

お仏壇を見つめて思うし。

 

結婚してから、今までのお盆の時のことが次々と私の頭の中を駆け巡ってくる。

結婚後初めての年、夫の母に色々教わりながらお盆の準備をした時の事、

夫の父と夫と私3人で迎えた母の初盆、

その翌年、夫と2人で父の初盆を迎えた時の事、

両親亡き後も実家にしばらくお仏壇を残してあったので、お盆の度に夫と二人で、

実家に出かけ、慌ただしく草刈りや部屋の片付けながら、お盆を迎えた時の事・・・。

色々な場面が浮かんでくる。

そして2年前の、悲しみも癒えないうちに迎えた夫の初盆、

<何で一人で迎え火を焚く事になってしまったんだろう>と燃える炎に問いかけた昨年。

    ・ ・ ・ think

いろんな事を想うお盆だけど、

やっぱり、亡くなった人との語り合いの時が お盆なのだろう。

一年に一度こうして、亡くなった夫と私の距離を静かに見つめ直す三日間。

こうして改めてそれを見つめ直す事は、ここから私が、

どう、より良く生きるかということに繋がっていくように思う。

そんな意味でも、大切なお盆の3日間なのかもしれない。

     

だいぶ、いろんなことが落ち着いて出来るようになった。

<もう大丈夫だよ! 何とかやっていくからね> って、今年は夫に言えそうだ。

でも、そこに<たぶん・・・>って、逃げ道をつけ加え、甘えちゃうかもconfident

  夫はにっこり笑って、”無理しなくていいよ!”って、言うんだろうなー。

                       そんな人だったから・・・。

2010年8月12日 (木)

朝から大忙し

午後に、お盆のお経で、和尚様が来てくださるので、朝から大忙しでした。

  

朝食もそこそこに、仏様にお供えする霊供膳のお支度。

まずは、ご飯を炊いて、

昨夜から水で戻した干ししたけとレンコン、人参、こぶ、里芋の煮物の準備。

昨日、下ごしらえしてある煮豆をの仕上げ。

  ・・・グツグツ煮たったコンロ前は、あつ~ィsweat01

え~!っと次は、酢のもの。きゅうりのゴマ酢あえ。

それに大根とみょうがのお味噌汁。

以上、5品を塗りの仏様の器に盛ってお膳にのせて、できあがり~!     

     ・・・フゥ~(^-^;!

   

後は・・・仏様が乗って帰ってくる牛と馬を作らなくちゃ。

なすときゅうりにあずきで目を付けて、南天の葉っぱの耳。

エンノコロ草(ネコジャラシ)のしっぽに麻ガラ(なければ割り箸)の足。

これまでは、ずっと夫が作ってたけど、3回目ともなると我ながらちょっと上手に出来た。

 

くだもの、海の物、山の物のお供えは昨日までに並べてあるので、

今日出来たものを並べて、お仏壇の前はお盆の準備完了。

      ・・・ここまでやっておけば、ひと段落。

あれっ!・・・お布施の準備がまだだった。

これを忘れては、いけませんねぇ・・・エーっとのし袋は・・・っと(アタフタcoldsweats01)。

   

ヨシ!これで準備万端!

後は、お仏壇の前に和尚様用のお座布団を出して、

仏間のエアコンのスイッチを入れて、お部屋を冷やして、

和尚様のいらっしゃるのを待つだけ。

   

ここで、ようやく自分の身支度・・・お迎え用の衣装に着替え(アー疲れた!)。

 コーヒーブレイクcafe

  11時半、やっと椅子に腰かけることが出来た。

   朝からホントに大忙し\(;゚∇゚)/。

     あー!・・・コーヒーがおいし~い!

今日の本番はこれからなのに、ここまでで、すべて終わったみたいな感じ。

さて、気合を入れ直して、もう一頑張りといきますか。

          

          

 

2010年8月11日 (水)

ちょっと早めの御帰還かな

ジョギングを終えて家に帰り、庭の植木に水やりをしていたら、

目についた芝生の小さな雑草が1つ、2つ気になり、私はしゃがみ込んで

草取りを始めた。近くで見ると、<あっちにも こっちにも>と 無心になって草取り。

   

しばらくすると、門の所で、ガタガタっと音がした。

振り向いて、門を見たけど誰もいない。

再び草取りをしながら、

<お盆にはちょっと早いけど、迎えを待っていられなくて、夫が帰ってきたのかな?>

と 夫の事を思った。

・・・単なる風のいたずらも、お盆を前にした今は、亡き夫のしわざに思える。

   

そういえば今日、夫の最期を迎えた病院の前を通った時、

心の中で、<一緒に帰ろうよ!> 何て思っちゃったからなのかな。

でも、あそこを通ると いつもそう思っちゃうんだよね。

    あの日、二人で正面玄関から一緒に入ったのに、翌日の帰りは違ったから・・・。

2010年8月10日 (火)

幸せの連鎖

先日、このブログで 「ちょっと、幸せ」 という記事を書いた。

書いていて、自分自身楽しくなってきた。心がウキウキしてきた。

       (* ̄ー ̄*)

そしたら、

”そんなおめめさんを見ていると、私もとっても幸せ!” と コメントを頂いた。

そしたら、・・・私はもっと幸せな気分になった。

読んだお友達から、「読んでいて楽しくなった。元気が出てきた」 と言ってもらえた。

そしたら、・・・私の所に楽しさと元気が倍になって帰ってきた。

      ヽ(´▽`)/

幸せの連鎖。

自分だけで感じていたちょっとした幸せが、相手を通してまた自分の所に帰ってくる。

すると、ちょっぴりその幸せが膨らんでいた。

こうしてまた次の幸せに繋がっていくのかな。

いつもどこかで、ちょっと幸せと感じられる自分でいられたら、

ここからの道も、明るく照らされていきそうな・・・。

2010年8月 9日 (月)

浦島太郎気分です

夫と死別して、2年半。

これまで何らかの 死別のストレスとずっと戦ってきて、

それに支配されてしまったかのように、他のことに目が向かず、

ネットの検索も「死別」や「突然の死」「生きる意味」.[死について」などばかりで、

考える事も 夫の事や人生の事がほとんどの毎日だった。

   

最近、私の参加しているブログのココログでは、

アバターの登場と共につぶやき広場が登場して、ツイッターのように

その時、感じた事を気軽につぶやくと、誰かがそれに返信してくれたり、

”読んだよ!” って、「ポチッと」ボタンを押してくれるコミュニケーションツールが出来た。

  

少し前までの私だったら、たぶんこういった事には 全く反応する事の無い私だったけど、

死別からの年月と感情のタイミングが合ったのか、今回は興味が湧いて

いろいろと利用している。

  

つぶやきに返信してくれたり、読んでくれた人のブログへのアクセスもすぐ出来るので、

どんな人が自分のつぶやきに関心や興味を持って下さったのか、

いくつものブログにお邪魔してみた。

 これまでの自分の(死別という)発想では決して、覗く事の無かった世界に触れた。

竜宮城のような楽しい所に居た訳ではないから、ちょっとたとえが違うかもしれないが、 

 私は、違う世界から、現在に戻った浦島太郎になった気分だった。

   

 ここ2年半は、ほとんどといっていいほど、自分の世界の中で閉じこもるように、

生きて来て、他の世界に目がいかなかった自分が、今こうして、

「子供の成長を温かい目で見守る母のブログ」、

「独学でピアノを学ぶ方のブログ」「花の写真につぶやきを載せた、ほのぼのブログ」

などなどを 覗いてみると、

<こうだったんだな、二年半前に居た世界は!> と 再び戻ってきた感じがした。

   (おかしな表現だけど、<今まで自分は違う世界に居たんだわ> と思った)

みんな自分たちの今を楽しんでる。

もしかしたら、ブログには書かないところで色々な悩みを抱えているかもしれないけど、

日々の喜びがそこにshine輝いているように、私には見えた。

・・・それを見て、一緒に幸せを感じている confident 私もいる。

   

今、その感覚が妙に新鮮で、自分自身も何か生まれ変わったような気がしている。

こうして色々な事に目がいき、それぞれの方の感動を

素直に受け取れている自分がいることが嬉しい。

  

追伸

心配なことが一つthink

逆パターンで同じように、私のブログに訪問してくれた人は、

「重たいブログに来ちゃった!」 「場違いな所に来ちゃった!」 って、

思うんだろうなー、きっと!

・・・それでも、

  マッ、イイか!  私はハッピーなんだから。

     ゴメンナサイ、求めるものが違った訪問者のみなさん! 

2010年8月 8日 (日)

妻が家を留守にする

夫の友人のブログにお邪魔したら、奥様がしばらく家を留守にするということで、

食料品の買い置きをしたり、お料理を作って冷凍したりして、出かけて行かれた事が

書かれていた。奥様も後に残った御主人の事が心配で心配で、後ろ髪引かれる思いで、

出かけられたのではないのかしら。その想いが食品の買い置きやお料理に・・・。

やはり、夫婦は、出来ればいつも一緒がいいものね wink

  

そういえば、我が家も・・・あった。

 私が入院の為に2週間ほど家を留守にした時の事。

   

もう、7,8年ほど前の話。

 家を留守にすると、毎日仕事の夫が、まず困るのが食事かと私も思って、

留守にする前日に、酒のつまみのハンバーグや煮魚、

おかず無しでもお酒を飲んだ後に食べられるご飯の中華風おこわや赤飯、などを作り、

一食分ずつ小分けにラップして、冷凍庫へ。

        後は、レンジで「チン!」 して食べるだけに。

冬場だったので、煮込んで何日か食べられるおでんも 鍋いっぱい作っておいた。

入院当日の朝は、ご飯を炊いて、「残りはその日の夕食に食べてね!」 と

取り合えず出来る事をして、私は出かけた。

   

夫は仕事帰りに毎日病院に寄ってくれた。

「昨日はアレを食べた」とか「今日は何を食べる」とか報告してくれる。

外食もせずに、私の作り置きしたものを喜んで(?)食べてる様子の夫がいた。

まっ、取り合えず私が冷凍していった物はすべて、食べてくれた。

・・・もっとも、2週間分は作れなかったので、色々自分で買い込んでいたみたいけど。

   

退院して家に帰って、夕飯の支度をしようと炊飯器の蓋を開けたら、ご飯が入っている。

仕事から帰った夫に、

「自分で ご飯炊いたの?」 と聞いたら、「エー! 炊かないよ」 ・・・だって。

「という事は、もしかして、このご飯2週間前のあの朝ごはんの残り?」 と 聞き返すと

「そうかも・・・。」 夫はすまし顔で答えた。

<ウソー! 信じられない>

夫一人の生活って、こんなものかもと思いながら、そのご飯を片付けた。

   

おまけがもう一つ。

2階に上がると、入院当日の朝、私が洗濯して部屋干ししていった洗濯ものが、

そのままの状態であった。ビックリ!

その間 夫は洗濯をしなかった訳ではなく、ただ、しまうのが面倒だったようで、

他の場所にも、夫が洗濯したものが干されていたcoldsweats02

    

夫の名誉の為にフォローしておくけど、

夫は決して、ずぼらな性格ではなく、

一人だと何となくやる気が起きなかっただけだと思う。

もしかしたら 久しぶりの自由な独身生活を満喫したかったのかもしれなかったけど。

・・・いや、寂しかったのかな!confident

 

2010年8月 7日 (土)

有言実行(自己暗示)

こうしようと思う事を言ったり、ブログに書いたりすると、

<言ったからには、やらなくちゃ!> と 心に弾みがつく。

   

だから反対に 出来るだけ泣き言は吐きたくない。

全く泣き言を言わないという事ではなく、言い過ぎたくない。

泣き言を並べ立てていると、有言実行(悪玉バージョン)で、どんどん凹みに入ってしまう。

心の中は複雑なようでもあり、結構単純だったりするから、

変な自己暗示を自分に出来るだけかけたくない。

辛い事、悲しい事聞いてほしい、吐き出したい時もあるけど、その辺はほどほどに。

貯めて置くのもストレスになるから、吐き出すのはOK!

でも、一度吐き出したら、繰り返し繰り返し、言わない事にしよう。

   

楽しい事、前向きな事はどんどん発信する。

自分で言いながら、心が弾んでくる。

ずるい私は、自分の出来ない事はなるべく言わないcoldsweats01

出来そうなことしか言わないから、有言実行は守られる(?)。

   

まあ、出来る出来ないはともかく、

自分が今出来る事、出来そうな事をずっと考えていると、

本当に出来そうな気がして、楽しくなってくる。

ここが重要なポイントなの。

こういう事が、前向きな自分に繋がっていく。

   

夫との死別後を生きるって、そう一筋縄ではいかないけど、

<いいなぁ!> と 思った事は取り合えずやってみる事。

そこから、私の次の一歩が始まる。

   

・・・・な~んて、自分に弾みを付けている私です。

2010年8月 6日 (金)

そろそろ準備!

旧盆で我が家はご先祖様と夫を迎えるので、そろそろお盆の支度をしなくては!

夫が逝ってから、3回目のお盆。 

<こんなはずじゃなかったのにねー!> と 思いながらも、

これだけはやらなくちゃね!  

   

毎年、お盆(8月13~15日)より前に、和尚様がお経を上げに来てくださるので、

早めに準備をしておかない事には落ち着かない。

今日、明日にはお寺から、日程のTELが入るだろう。

   

霊供膳と きゅうりとナスの牛と馬のお供え物は日にちが決まってから、

直前に用意するとして、お菓子や干物類は購入しておこう。

それと、餓鬼飯を盛るかわらけ(素焼きのさら)とまこも(ござ)も買って置かなくては。

そうだ!迎え火・送り火用のたいまつも買って来なくっちゃ。

 お盆の灯篭も、そろそろ出して準備した方がいいわね。

  これを出して置けば、早くにお参りに来てくださる方がいても、恰好が付くし・・・。

   

初盆ではないので、一般的なお供え物だけ。今年はあまり凝らない事にする。

  

・ご先祖様が乗って来るというなすときゅうりで作った牛と馬。

・霊供膳と お菓子、果物

・海の物(海苔・昆布etc)、山の物(ゼンマイ・しいたけetc)、里の物(里芋、かぼちゃetc)

・素麺(3束か5束)、洗い米(ハス又は里芋の葉っぱに盛って)

後は、夫の好きだったビールと枝豆をお供えしよう。

  ・・・これさえあれば、夫はOK!のサインをくれるだろう。

  

お盆のお花は、毎年定番のミソハギとススキお供えする。

   ・・・ミソハギは 夫と植えた我が家の物が 庭の隅で

   今年もお盆を忘れずに、紫がかったピンクのの小さな可愛い花を付け始めた。

   

毎年感心するけど、我が家のミソハギの花って時が分かってるかのように、

8月のお盆の頃に咲くのよね・・・何か不思議!

2010年8月 5日 (木)

再び ギアチェンジかな

朝5時に目覚めて、暑くならないうちにと、駐車場の芝刈り。

お庭は前日の夕方、日が傾いてからやってあるので、その残り。

   お盆前に、家の周りもきれいにして、お客様を迎えないとね wink 。

   

そして、朝食とお洗濯の後、PCの前に根が生えた腰を上げて、午前中の仕事を。

   

昼食後は、1時間ほど楽譜を広げて、鍵盤の前に・・・練習というよりはお遊び!

  お盆で帰ってきた夫にまた、何か一曲聴いてもらおうかな!・・・なんて思ったりして。

その後2時間ほど仕事をして、運動開始。

腹筋とヒップアップトレーニングを15分、軽く柔軟体操をしてスロージョギングに!

相変わらず暑かったけど、ペースを加減しながら体の調整をして、

何とか目的の距離をクリア!

    ちょっと寝不足だから、距離はいつもよりちょっと短縮バージョンで。

    

他にもやりたい事があったけど、欲張り過ぎてもね・・・。

一日があっという間に過ぎてしまった。

何か、心がいい方向に向かっている感じがして、ここの所、気分が軽い。

結構いいペースです。

   また一つ、ギアがシフトアップしたかな confident !

2010年8月 4日 (水)

ピアノ、また弾いてみようかな

独学でピアノの練習をしている方のブログにお邪魔したら、

しばらく、弾く事の無くなったピアノ、何だか自分も弾きたくなった。

   

”ねェねェ! この曲弾けるようになったよ、聞いて!”

夫に言うと、夫は私の下手なピアノを一生懸命聞いてくれた。

だけど、黙って静かに聞いている夫の前では、こんな私も非常に緊張coldsweats01

練習では出来た所も、指が動かなくなって、何度かやり直したりして…。でも、

”上手になったね!” と 思いやりの一言が嬉しかったconfident

   

夫が亡くなった直後、<身の回りのものを、出来るだけ処分していかなきゃ!>と、

何かを断ち切るように、早々にピアノを処分してしまった私。

   

ある時、キーボードで、夫に聞いてもらった曲を弾いてみたら、

涙で鍵盤が見えなくなって、切なくて弾くのを止めた。

あれから歌の音取りの為に、鍵盤をたたく事はあっても、まともに曲を弾く事はなかった。

先日もちょっと弾いてみたけど、心に染み入るような美しい旋律(腕前はさておき)に

楽しかったあの頃が鮮明に蘇ってきて、途中で手を止めた。

   

でも、子供のころからのあこがれの楽器、ピアノ。

今まで習った事はないので、自己流で練習曲をやっている程度だけど、

弾けばやっぱり、楽しい。

また、ピアノ買っちゃおうかな!(今度は電子ピアノクラスで)

また、自己流練習を復活させてみようと思う。

2010年8月 3日 (火)

夏休み

夏場は私の仕事は比較的 暇だ。大きな仕事は入って来ないので、

都合のいい事に、毎年暑い8月はほとんど夏休み状態になる。

今の私の仕事は、需要と供給の世界だから、

お客様の注文が無ければ、私の仕事はない。

暑い夏は、頭の働きも鈍くデザインのひらめきも今ひとつだし、

集中力も欠けるからちょうどいい coldsweats01 。

 

仕事が暇な時に、採算度外視で自分のお気に入りの作品をのんびり気分で

製作しようと思い、以前考えていたデザインで、作品を作り始めた。

こういう作品を作り貯めて、個展が出来たらいいなと考えてはいるが、

その辺はいつになることか・・・(かなり前から、構想だけはあるんだけど)。

   

制約のない自由な発想で物作りをしている時は、楽しいけど、

歯止めが効かないので、たまに凝り過ぎてしまって、

もっと、あっさりしたデザインにした方が良かったとやり直す事もよくある。

でもいろいろなデザインを試みてみる事は、実際にお客様から注文を頂いた時に、

参考になるので、無駄な作業だとは思っていない。

   

こんな風にお金にならない仕事が多い夏休みだけれども、

そこは一人暮らしの良さ。

何とかなるものだろうと、気楽に考えている。

こういう事に関しては深読みしない、天性の楽天家の自分に戻ってしまう。

2010年8月 2日 (月)

ちょっと、幸せ!

あれから、相変わらずの一人の食事だけど、

美味しく食べられる今は、夫が逝ってしまって 食べ物の味も分からなく、

ただ体の維持の為にだけ食べていたあの頃より、ちょっと幸せ。

   

ストレスでだいぶ体重も落ちちゃったけど、スタイルが良くなって、ちょっと幸せ。

   

夫と暮らしていた頃より、仕事はつまらないけど、

いい作品が出来れば・・・やっぱりちょっと幸せ。

  

日々の小さな感動を分かち合う相手が居なくなって、つまらない毎日だけど、

こうして毎日ブロブで発散出来て、ちょっと幸せ。

  

低空飛行の記事も多いけど、

自分の思う事が上手く記事に表現出来ると また、ちょっと幸せ。

  

一人ぼっちになっちゃったけど、

何処かで、応援してくれている人がいると思うと、ちょっと幸せ。

   confident

先が見えなくて不安になるけど、

目の前のすべてのものに色が無くなってしまったと感じた夫の死直後のあの時より、

空の青さや緑の美しさ、自然の輝きを感じる今は、ちょっと幸せ。

   shine

明日の事も恐ろしくて考えられない日々もあったけど、

<よ~し、これで行こう!> と 小さな目標が出来た時は、ちょっと幸せ。

   

相変わらず、虚しくて、切なくなる時もあるけど、

いい曲に巡り合えて、いい声が出て、上手くハモレれば、ちょっと幸せ。

   

生きる意味なんて何もないと思う時もあるけど、

人の優しさに触れると、ちょっと幸せ。

   confident

<もういいかな!> って、すべて投げ出したくなる時もあるけど、

汗を流し、走れる私がそこに居ると思うと、ちょっと幸せ。

  

誰も座る事の無くなった椅子が悲しく見える時もあるけど、

夫の残してくれた思い出という宝物がいっぱいあると思ったら、ちょっと幸せ。

   

もう、夫をこの目で見る事も 夫にこの手で触れる事も出来ないけど、

心の中では いつも一緒に居られるから、ちょっと幸せ(ちょっと嘘coldsweats01)。

    

「私には何もない」 と 生きる事が虚しい時もあるけど、

いい朝が迎えられれば、ちょっと幸せ。

      shine

生きる意味の答えを探して、彷徨ってるけど、

「こうして生きていること事態が 生きる意味」 なんだと、

              自然体の自分になれれば、ちょっと幸せ!

   

「ちょっと幸せ」って

 もしかしたら、とても幸せなことなのかな・・・。

      そんな事を考えられるって、ちょっと幸せ confident

2010年8月 1日 (日)

夫の「コーヒーの木」

20100730_dvc00081  「コーヒーの木」 2010.7.31撮影

写真は、夫が亡くなる半年前(ちょうど今頃)に、

”大きなおめめちゃん、お土産!” って 買って来てくれた観葉植物。

あれから3年経って、あの時より高さが30cm強大きくなりました。今、80cmほどです。

常緑樹で、きれいな緑の葉がさわやかさを与えてくれます。

   

この木、昨年ちょっと元気が無くなってしまいました。

水やりをしても半日位経過すると葉がしなってしまい、落葉も見られるように・・・。

成長に伴って、小さい鉢の中で根詰まりを起こしてしまったようです。

慌てて、鉢を現在の一回り大きなものに植え替えました。

     (夫の思い出の木なので、植木鉢もいいものにと・・・少々奮発して)

しかしこの木、しばらくの間は、なかなか立ち直りません。

  枯れちゃうのかと・・・ もう心配で、心配で。

毎日、”頑張れ!” って声をかける私でした。

その後、しっかり根が張って、新葉っぱも次々と出て常緑を保ち、順調に育ってます。

<良かったー! 生きいきとしてきて・・・>

今は、ご覧の通り、つややかな緑の葉がきれいです。

この木が元気だと 私も何だか嬉しくなります。

   

”コーヒーの木っていうのだから、実際にコーヒーの実がなるのかなー?”

そんなことを夫が言ってたけど、

昨年2つほど、小さな花を付けて赤い実が付きました。

コーヒーの木といっても、観葉植物用なので花や実はあまり付かないようです。

   

夏のこの時期は、日差しが強過ぎるので、半日蔭の戸外。

春秋は、日中は日当たりのよい戸外に置きますが、夕方から夜は室内にしまいます。

冬は日当たりのよい室内(リビング・夫のリクライニングソファーの横)です。

葉の緑をきれいに保つために、季節に応じた環境のいい所に

あちこち移動させながら、大事に育てています。

・・・この鉢に手を触れない日は、ありません。

  

来年あたりはまた、大きな鉢に植え替えかなー!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31