無料ブログはココログ

« 仮想空間の中で | トップページ | いいお天気で・・・! »

2010年6月 5日 (土)

私の中では彼方はいつも温かい

ほとんど見る事のない一枚の大事な、「大切な写真」がある。

   

こんなことはタブーで、そんな写真を撮ってはいけないのかもしれないけど、

誰もいなくなった夫の通夜の席で、こっそり・・・私は夫の眠る写真を撮った。

 <明日には、夫の姿をもう見られなくなってしまうのか・・・> と思った次の瞬間には、

写真を撮るという行動に出ていた。<本当に夫の最期の一枚だ!> と無意識のうちに

確認しようとしていたのかもしれない。

   

これまでに3回ほど、その写真を見た事がある。

冷たくなった夫を知らない私が、夫が逝ってしまった事を事実として受け止める為に・・・。

・・・現実を確認するために。

     

病院で夫が逝ってしまってから、私は夫に触れていない。

夫の最期の時、お布団の上で眠っている夫にも私は触れることは出来なかった

ただ傍に居たり、周りを行ったり来たりして、夫を覗きこむ私。

          (何度見ても、夫は ”ウソだよ~ン!” と 言って起きてきそうだった。)

本当の所はその辺の記憶があまり無いのだが、

夫が冷たくなってしまったという感触が私の中に全く無いので、

                  やはり触れることは無かったのだろう。

   

夫の最期の時までずっと病院のベッドに横たわる夫の肩に私の手を差し入れて、

夫の肩を抱きながら、私は何時間もずっと、夫に歌いかけた。私の記憶にあるのは、

その時の温かな夫の感触だけだ。

夫はとても温かかった。それまでの夫の優しさがその温かさとして、私の心の中に

しっかり残されている。

 <これからも 私の中では、彼方はいつも温かい!

    

あの時、交わす言葉は無かったけれど、私に残されたあの時の感触が、

夫の遺言だったのかも知れないと最近になって思う。

   「いつも、温かい心でね!」

 夫はそう言って、私を温かく見守っていてくれる。

                      ・・・きっと confident 。

« 仮想空間の中で | トップページ | いいお天気で・・・! »

夫の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/48513850

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中では彼方はいつも温かい:

« 仮想空間の中で | トップページ | いいお天気で・・・! »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31