無料ブログはココログ

« びわの実 | トップページ | 貴女もでしたか! »

2010年6月17日 (木)

サツキのお手入れ

貴重な梅雨の中休み・・・この間まできれいに咲いてくれていたサツキに

                お礼のお手入れです。

今年も見事な花を見せてくれたサツキ。ほとんどの花が咲き終わりました。

毎日枯れた花摘みをしながら、亡き夫とサツキを植えた日の事が思い出された。

夫も一緒に満開のサツキを見ていてくれていたんだと思う・・・confident

          

「サツキの剪定」

     hairsalon 

 花が終わったら、すぐ剪定というのが翌年のサツキの花の付きを良くする。

サツキは花が終わるとすぐに新芽が出てくるが、その新芽に花芽が付くので、

せっかくの花芽を切ってしまわないように、

剪定は 花が終わった後、新芽が伸びる前、なるべく早い方がいい。

剪定をすると切り口から一杯新芽が出る・・・その新芽にいっぱい花芽が付くと訳。

庭木の手入れも 「待った無し!」 です。

   

 雨の日は出来ないから、 貴重な晴れ間は 絶好のチャンス。

しかし、雨上がりで空気も澄んでいるし、紫外線も強そう。

帽子をかぶり、首にタオル、長袖Tシャツで作業を始めたが、

背に受ける太陽の日差しが、シャツを通りぬけ肌に刺すように痛い。

   sun ・・・真夏の太陽みたいだ。

これでは日焼けしてしまうと思い、少々暑いけどジャケットを着て作業再開。

うつむきながらサツキにハサミを入れていると、

顔から汗がボトボトと落ちる。

 背中の日差しは厚地のジャケットのおかげで気にならなくなった。

しかし、「午前中からいい汗流してます!」 っていう感じ。

   

梅雨明けまで待てないこの作業を終えて、ホッと一息です。

   

 作業を終えて、ジャケットを脱ぐと、中のTシャツは汗びっしょり。

作業の時、着ていたものをすべて洗濯機に放り込み、

2度目のお洗濯。昼近くに干しても、強い日差しのおかげで、

少し暑い綿のジャケットも14時前にはカラカラに乾いた。

お洗濯物にとっても、 お日様、様さまです。

   

この晴れも今日まで、明日からはまた雨模様ということです。

« びわの実 | トップページ | 貴女もでしたか! »

庭仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/48644977

この記事へのトラックバック一覧です: サツキのお手入れ:

« びわの実 | トップページ | 貴女もでしたか! »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30