無料ブログはココログ

« そんなこと考えちゃダメ! | トップページ | お祭りの前夜祭 »

2010年5月 2日 (日)

懐かしいよ

夫と結婚生活を始めた町を車で通った。

元あった家の前を通り過ぎる時、ふとあの頃のことが思い出された。

     ・・・懐かしかった。 何か温かいもの包まれるような感じがしたと同時に、

                    身をえぐられるような感覚が、ズシーンと来た。

   

 こんなにも幸せな時間が続いていいものなのかというほど、

穏やかな毎日だったあの頃。・・・家の中には、笑顔と楽しい会話が満ち溢れていた。

 世間でいう嫁姑の問題も多少抱えてはいたものの、夫の両親とは、車で1時間半ほど

離れて暮らしていたので、それほど苦になるものでもなかった。

 夫は穏やかで、怒る事などほとんどない人だったが、対照的に夫の両親は、

何事においても厳しく感情をそのままぶつけてくる人たちだったので、

今となっては懐かしい思い出だが、私なりに結構神経を使って接した。

 そんな両親も私たちの結婚後、2年目、3年目で、相次いで亡くなり、

夫と二人寄り添い、支え合うような生活を営んできた、思い出の家。

  

 今、あの時の家族はみんな逝ってしまって、一人私はこうして、車を走らせている。

        時はこうして過ぎて行くものなのか・・・! think

   

そして、これからまた何年かが過ぎたら、

<あの時、こんな事を思って、この道を通ったなー!> と 

また懐かしく思い出される事なのだろう。

    

« そんなこと考えちゃダメ! | トップページ | お祭りの前夜祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大きなおめめさん、こんにちは。時間の経過って不思議ですねえ。うちはよく引越しをしましたのであちこちに思い出があります。今の家は主人の病気療養のため引っ越したばかりなので一番短い住まいでした。。。。。そこが終の棲家となるなんて・・・

今日のお話を読んでいて、先日父の納骨の時に牧師様がおっしゃった言葉を思い出しました。「神様がなさることにどうしても納得がいかなかったり、我慢がならない時にはどこか余白に日付をつけてそのことを書いておいてください。何年後かのいつかそれを読んだ時、神様のなさったことの意味に気がつくと思います」と。そんなものなのかなあ・・・ほんとに??と思いましたが、こうやって時間の意味や「生老病死」を深く考える時、おっしゃった意味を考えます。何年も前のことを思い出している自分、そしてその何年か後には今の自分を思い出している自分がいるのかもしれませんね。

暖かい日が続いています。急に初夏になりそうですね!

masaさん 
コメントありがとうございます。

すべての事柄にはそれなりの意味がある。
それに気づくかどうかで、生き方も人生も変わっていくのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/48236364

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいよ:

« そんなこと考えちゃダメ! | トップページ | お祭りの前夜祭 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31