« お柏餅 | トップページ | 同窓会のはがき »

2010年4月22日 (木)

道の駅での会話

昨日、所用で出かけた帰りにいつものように道の駅に寄った。

先日そこで買った「たけのこ」がおいしかったので、また買って帰ろうと思ったからだ。

  

目的の「たけのこ」売りで、どれにしようか選んでいると、見知らぬ女性が、

同じく道の駅で買ったのだろうか、ソフトクリームを食べながら私に話しかけてきた。

  

 ”昨日「たけのこ」もらっちゃって、いっぱい煮ちゃったところだわ・・・

                               あら、コレ安いわね!”

 午後だったので、半額になっていたのだ。

  妙に、親しげに話しかけてくる女性に、<いったい何者?> と 思いながらも、

 ”そうですね。でも、今日のは、米ぬかが付いていないから、どうしようか迷ってるの。”

 と 私はことばを返した。

 (いつもは、掘りたてのたけのこと一緒に米ぬかが付いて、パッケージされ並んでいる)

 ”米ぬかなら、お米屋さんでもらえるわよ!” と ソフトクリームをなめながら、

                              親切(?)にアドバイスしてくれる。

 あたりを見回すと、レジの傍に米ぬかがビニール袋に小分けして置かれていた。

 ”あっ! ここに米ぬかあるわよ! 

   これで、茹でてあく抜きできるじゃない” と 何処までも私に人懐っこい。

  <面白い人だ!この人も私同様一人暮らしで、

      ふだんあまり人と接していないから人恋しいのかな>

                           なんて勝手に想像した。 

  私がレジの人に、

 ” これ、頂けるんですか?” と 尋ねると 

 ”どうぞ! 「たけのこ」を買ってくれた人に付けるものですから” と 言う。

 その会話を傍で聞いていた、例の女性は、

 ”良かったじゃない・・・それじゃあ、この「たけのこ」がいいわよ!

        あまり小さいのだと、皮をむいたら無くなっちゃうから” と 私の為に

 「たけのこ」を選別して、”これ、これ!” と 指さしている。 

  私も <それがいいかな> と 思っていたので、

         見知らぬ女性が選んでくれたものを購入して帰って来た。

  

  家に帰って、早速「たけのこ」を洗い、水を入れた大きな鍋に入れ、

 米ぬかと赤トウガラシ一本を加えながら、面白い女の人を思い出し confident 火に掛けた。

« お柏餅 | トップページ | 同窓会のはがき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/48150503

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅での会話:

« お柏餅 | トップページ | 同窓会のはがき »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ