無料ブログはココログ

« お雛様にごちそうを! | トップページ | 仕入れ »

2010年3月 2日 (火)

ただいまー!(の声は・・・)

今日は夫が帰ってくる。うれしさで落ち着かない。

あの「ただいまー!」の声を 再び聞く事が出来る。

  

・・・あっ!車が駐車場に入った。いよいよ聞ける!

いつものように夫が玄関のカギを開ける音。

バタッ!・・・ドアが開いた。私は”お帰りー!”と迎えに行くが、

夫の「ただいまー!」の声は無かった。

夫はとても疲れた様子で、うなだれる様に靴を脱いでいた。

<そうだよね! あんな大変な手術をしたばかりなんだから、

         まだ、会社に行くのは無理だったんだよね> と 私は心の中で思った。

”お疲れさまでした! 大変だったね。”の ことばをかけ 食事の支度に私は向かった。

食事をテーブルに並べたのに、夫の姿がない。

隣の部屋を見ると、夫が私のベッドで死んだように眠っていた。

  

・・・何だ!夢か。ここで目が覚めた。

  

<久々に夫が夢に出てきてくれたけど夫の声は聞けなかったし、

                  あの笑顔も見られなかったなー>と落胆した。

起きるにはまだちょっと早いなと思っているうちに、また眠ってしまった。

  

夫住むマンションを訪ねる私。夫には何も言わず着てしまった。

久しぶりに夫の顔が見られる喜びを抑えきれずに足取りが軽る過ぎて、

間違えて他の部屋のドアを開けてしまった。男子寮の様なマンションで、

その部屋には夫ではない3人の男性の姿。

”失礼しました!”と ドアを閉めると、通路の向こうのドアが開いて、夫らしき人が

出てきた。その人はこっちに居る私の存在に先に気づき、私の方を見ながら

少しだけほほ笑んで、手を振っている。

<こちらを向いて手を振っているのは、夫に似ているが私の夫なのだろうか?> 

その人は、夫と出会った頃、私が初めてプレゼントしたセーターを着ていた。

夫の顔を忘れてしまった訳ではないが、初めは分からなかった。

・・・どうも夫のようだ。

<ちょっと、顔がむくんでいるけど、 間違いなく ○○さまだ!> 嬉しかった。

こちらからも大きく手を振った。

でも、夫は何も言わずそのまま階段をおりて、

コインランドリーの様な所に向かって行ってしまった。

<嬉しそうなそぶりを見せてくれたのに、 何だか、そっけないなー!>

  

朝陽が顔にあたって、目が覚めた。

<これも夢だったのかー>

しばらくの間、ボーっとしてしまった。もう、夫には夫の生活があるんだと思った。

夫と死別後の私一人の生活が 少しづつ出来てきたように。

« お雛様にごちそうを! | トップページ | 仕入れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47703610

この記事へのトラックバック一覧です: ただいまー!(の声は・・・):

« お雛様にごちそうを! | トップページ | 仕入れ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30