« 雨上がりの洗車 | トップページ | 春がちらり »

2010年2月 3日 (水)

何も無い

「今の私には、何も無い!」そんなことを思い、

       何をするのも嫌になってしまう事が時々ある。

 夫の死後、夫との生活がすべてであったような、子供もいない私にとっては、

「目の前からすべての生きる支えみたいなものが無くなってしまって、

                         すべての事がむなしくなってしまう」

そんな時があるのです。

 今日はいい日と思っても次の日、ガクっとくる時もあるし、さっきまで良かったのに、

急にヨレヨレと気持ちが なえてしまう時がある。

それは、いつも予期することも無く私に訪れる。

    

何をする気も無くなってしまうから、こんな日は早く寝てしまうのが一番なのだけれど、

そういう日に限って、寝つきが悪い。こういう日は、夫の最期の時が頭の中を駆け巡る。

否定しようとする頭の中の私は、「いやー!」と大声をあげて、

その画面を打ち消そうといつも逃げ出す。

    ・・・あの日は忘れてはいけないけど、認めたくない時なのですね。

   

また、引き続き、いろんなことを考えている。

 

そんな時の支えは、何?

もちろん私自身の母がまだ健在だから、母に元気な姿を

いつも見せてあげたいというのも支えの一つでもあるけど、

・・・今の私には「物」かもしれない。

物に執着してはいけないようなことも言うけど、

「夫が残してくれたこの家」

「夫が好きだった車」

「夫が選んでくれた着物」

他にもいろいろあるけれど、

・・・家を守っていかなくては!

買ったばかりの車なんだから、もっと、もっと乗らなければ!

まだ着物に袖を通してないよ!

と思う事が、逃げ出したくなった私の心を留めさせてくれる。

  

実に単純なところに支えを置いているけど、自分には考えやすくて、分かり易い。

<ああ、そうか!> 

<自分には何も無いけど、もう少し頑張らないとね!>

もうひと踏ん張りしてみようかなという気分になる。

大した支えじゃないけど、取り合えず・・・明日には繋がって行くみたい。

明日になれば、又気分も変わるから・・・。そんなことの繰り返し。

   

「物への執着」も何も無いところでは、生きる支えになるみたいです。   

« 雨上がりの洗車 | トップページ | 春がちらり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47458574

この記事へのトラックバック一覧です: 何も無い:

« 雨上がりの洗車 | トップページ | 春がちらり »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ