« いびき | トップページ | タヒチダンス・エクササイズ »

2010年2月15日 (月)

悲しみの共有

お隣さんの奥様の昨年12月に亡くなられたお父様の五十日祭が

昨日、お隣のご自宅にて行われた。

  

お隣さんは 我が家とほぼ同時期に家を建て、ここに住んでいる。

世代は私たちより10歳ほど若いご夫婦だが、気が合って、親しくお付き合いさせて

頂いている。

 奥様のご両親は近くに住んでおられて、週末になるとよく尋ねてこられ、お庭のお花の 

手入れをしたり、お孫さん達と遊んでおられたりしていた。

そんなお母様の元気な声が我が家にも聞こえてきた。

   

我が夫の死の一年前、来期の自治会の役員が私たちの隣保班に回ってきて、

みんなで集まり役員を決める事になった。

お隣さんが班の中の順番で役員に推薦されたのだが、その会議の席で、

お隣の奥さんが私にそっと、耳打ちしてくる。

”私(お隣の奥さん)の母がガンになっちゃたの! 役を代わってくれないかしら?”

<エー!>私は耳を疑った。<だって!あんなに元気なのに!>

                             ・・・心の中で私は呟いた。

そう、奥様の母上様はいつも元気いっぱいで、大きな声で挨拶をして下さるし、

頭が下がるほどパワフルな方だったから 本当にびっくりした。

  

最近、退職されたお父様が体を壊され、人工透析に通うようになり、お母様が

大変ご苦労されている事は聞いていたけれども・・・

        まさか、そのお母様がガンなんて、何という事だと思った。

  

それから一年後、私の夫の急死があり、お隣の奥様が

”うちの方が色々あって大変だと思っていたのに、

    大きなおめめさんの御主人が突然こんな事になってしまうなんて・・・!” と

夫の死を我が事のように悼んでくださった。

 

我が夫の死から11ヶ月後、奥様の母上様は旅立たれ、

昨年12月に御母上様の一年祭を終えられてすぐに、・・・御父上様が旅立たれた。

お父上様は「奥様の一年祭は何とかご自分の手で・・・」 と 頑張られたと言う。

  

12年前、私たちがここに引っ越して来た時の みんな元気で

幸せを絵にかいたような風景は、お隣さんも我が家も

                       ここ2年の間に一変してしまった。

  

”こんな事もあるんだよね!!” が、お隣さんと私の合言葉のようになってしまったが、

本当に数年前までは予測すら出来ない今である。

今は互いに、悲しみを共有する同志であり、時に一緒に泣き、思い出を語りながら、

”お互いにこれから、頑張ろうね!”と 励まし合っている。

« いびき | トップページ | タヒチダンス・エクササイズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47573536

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみの共有:

« いびき | トップページ | タヒチダンス・エクササイズ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ