« 変な感じ! | トップページ | 雨上がりの洗車 »

2010年2月 1日 (月)

偶然の幸運

茂木健一郎さんがある番組で話をしていた中で、

<なるほど!>と思ったことです。

「全体に目を配っていないと、偶然の幸運に出会えない」

  

改めて見たら・・・ではダメなんだそうです。

ボーっと見ていると、物事の変化を掴む事が出来なくて、目の前に素敵な物が

あっても目に入らなかったりする。

どこか部分的な所ばかりに とらわれていてもいてもダメ。

全体に目をやることで、全体の絡みの中から初めて物事の変化を見つけられる。

誰かに「あそこに素敵な物があったよ!」って言われてから、改めて見たら・・・では、

幸運は過ぎ去っているかもしれないということなのです。

 

このようなことを「アハ体験」と言うらしいです。

「アハ」とは、英語の「ああ、なるほど!」ということだそうです。

・・・今まで分からなことが、分かるようになった時の体験。

物事の何かの変化に気づいた時、脳は大きな刺激を受けて活性化する>という。

一度これを体験すると、脳の中で強化学習が起こり次が起こりやすくなるということです。

(良くこの体験実験に写真の一部を超スローにて変化させて、

「何処が最初と変わったのか?」と 尋ねるのがTVのクイズ番組などでやっています。)

   

考えてみれば、夫の死から私の視野は極端に狭まってしまったかもしれません。

景色を見ても ただボーっと見ているだけで、何か関係の無いものを

見ているかのように、自分の中に何も入って来ませんでした。いろいろな物を

見ているようでも頭の中では夫の事が渦を巻くようにグルグルと回り、

実は何も見ていなかったという感じですね。

   ・・・他の事は受け入れられない状態が続いていました。

   

そんな時は、

<脳は全く活性化していないということになるのかな>と自分なりの解釈をしてみました。

   

一年、二年と時が過ぎゆく中で少しづつ物が見える様になって、

季節により変わってゆく 空の青さの変化、木々の芽吹きの美しさなど 

なかなか全体に目を配るところまでいかないけれど、少しでも見える様になることで、

再び、感動が得られるようになってきました。

   

<・・・だんだん脳が活性化してきたかな>

脳が活性化してくれば発想が豊かになって来るのかも?

    

そんな経験から言えば、確かに、全体に目を配ることが出来たら、

「偶然の幸運」とやらに出会えるかもしれませんね。

     
自ら顔を上げて、視野を広げ、しっかり見ていけば、気づきがあり、アハ体験となって

脳が活性化してくる。そして、前向きな発想に繋がっていく。

おもしろいですね、「人の脳の仕組み」って!

     ・・・confident

 偶然の幸運の積み重ねが、生きることの楽しさに繋がっていくのかな・・・!

« 変な感じ! | トップページ | 雨上がりの洗車 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

Ah・・・!今日のお話も何て素敵なんでしょう!ほんとにね、全体が見えるかどうかということは自分の受け入れ態勢がどこまで整っているかにかかってますよね。どんなに些細なことも全体を見てふとひっかかってきたらそれはきっと何かの暗示かもしれませんね!確かに私も一点を見つめるばかりで何も見えない、聞こえていても耳に入らない・・という状態でした。でも・・それも必要な時間だったのかもしれないと思います。十分に悲しんで閉じこもって、それからゆっくりと外の世界をみてみましょうか。。。

先日父の納骨の時に牧師さんがおっしゃった言葉ですが「神のなさる全ての事に感謝せよという言葉がありますが、人生の中でこれだけは感謝なんかできないということがおこることがあります。そんな時も余白にその事柄を書きとめておくことを私はしています。そうすると10年ほど経ってそれを読み返すと・・・やはりこのことも感謝なんだなと思えることがあるのです」と。じっと聞き入ってしまいました。今の私はこのことを感謝しろとは神様でも言えないでしょうとえらそうに思っています。でも、いつかほんとの意味の感謝の気持ちがおこるのでしょうか・・・ね。そういう人間でありたいとは思うのですが。。

昨日のお話、「変な感じ」私もまだ感じています。今年もまだ主人宛の年賀状が数枚届きました。「いかがお過ごしですか?」「元気ですか?」など書かれていました。ああ・・この方々の中では主人はまだ生きていたのだ!と少し嬉しいような、事実をお知らせするのも辛いような複雑な気持ちでした。私はまだ手紙の差出人のところに主人の名前を書いて、横に「内」と書いてしまいそうになります。

masaさん、コメントありがとうございます。

牧師さんのお話、さすがに意味深いですね!
  私も心に留めさせていただきたいと思います。

時は大切なものですね。その時は理解出来なくて見えなくても、
時が経つと「あー、そういう事だったのか」っていうことが
確かにあります。

人から言われたことも、死別直後は受け入れられなくて、
<何でそんなこというのだろう?>と思えた事も、
時が過ぎ、心の状態も変わってくるそんなタイミングで、
同じ言葉を掛けられたら、素直に受け入れれられたりする。
悲しみに暮れている時には、何も出来ないけれど、
その時が来れば、何かをしようという気持ちにもなります。
それが自分にとってのいいタイミングなのでしょう。

マイペースで無理をせず、自分のタイミングに合わせて、
いろんなことを行っていけば、
すべてがいい方向に向かっていくのかも知れませんね。

「変な感じ!」も
その時が来れば、無くなって行くのでしょう。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47441849

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然の幸運:

« 変な感じ! | トップページ | 雨上がりの洗車 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ