« 平成二十二年 元旦 | トップページ | 居眠り »

2010年1月 1日 (金)

雪が舞う元旦の朝

窓を開けると、外は雪が舞っています。何年ぶりかの雪降るお正月。

夫が転勤で新潟へ行っていた時以来です。

 私の住んでいる所はほとんど雪の降らない所なので、本当に珍しいです。

    snow ちょっと寒いけど・・・少し感激!

新潟でお正月を迎えた時は、真っ白に降り積もった雪を 窓越しに見ながら、

こたつに入って、おせち料理をつまみ、

”こんな雪景色を見ながら、おせちを食べるなんて、

          どこかの旅館でお正月を迎えてるみたいだね!”

と 夫と二人で感激したのを思い出します。

         ・・・confident

新年になり、新たな希望と共にまた一年が始まるという、ちょっぴり不安も抱えています。

「また」というのは、「昨年味わったような凹みが今年もまた来るのか?」

という事なんですが、年始からそんなことを考えるのは 止めにしましょうね。

 今年は<自分で線を引かないようにしよう!>

           いう事を頭に常に入れて置きたいと思っています。

<これは出来ないかも>とか、<自分はここまで>とか、<これは、私には>と

             自ら道を閉ざさないということです。

やってみれば楽しかった!、良かった!ということ 一杯あると思いますからね。

     不安を希望に変えて スタート! happy01

« 平成二十二年 元旦 | トップページ | 居眠り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらは真っ青な青空です。風もなく穏やかな日和です。

昨年は大きなおめめさんのブログに出会うことができ、ほんとに心が安らぎました。ペースが似た方というのは、長い友人の中でもなかなか少ないですが、読めば読むほどうなずくことが多くて。。。ほんとにありがとうございました。

今年もどうかよろしくお願いいたします。

「自分で自分に線を引かないこと」これも
ほんとにそうですね。私も自分に言い聞かせることにします。明日は誰にも分からない
んですものね。明日は明るい日と書きますからどこかに明るさはあるのだろう・・・と。

雪のお正月も素敵ですね!新潟を思い出されるようにご主人が仕組んだのかしら?!素敵な思い出が残っていてそれを懐かしむことが出来るのは幸せだったということですよね。「悲しみを沢山もっているけれど、幸せ」って思いもあるのかもしれませんね。

大きなおめめさんにとって、穏やかな日が沢山ある年になりますようにお祈りしています。

masaさんにとりましても、2年続けての・・・で
大変なことと思います。
心安らぐ日々が一日でも多く送れますように
お祈りさせて頂きます。

少し前までは私もいろいろ思い出すと泣けてきたけど、最近は懐かしいと思えるようになってきた。それだけ、気持ちが落ち着いてきたんだと思っています。
(まだ、泣けちゃう日もたまにあるけど!)

”前向きな発想が、明日を明るくする!”と、ある脳科学者が言っていました。
<本当だな!>と私も思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47170370

この記事へのトラックバック一覧です: 雪が舞う元旦の朝:

« 平成二十二年 元旦 | トップページ | 居眠り »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ