« 涙から安らぎへ | トップページ | 「前向きなことば」と脳 »

2010年1月18日 (月)

今週あることを始めようとして、ふだんならあまり気にしない暦を調べて、

事を起こすのにいい日を探した。

 結婚前の私は、そんなことは全く気にしない人だったが、夫の母が、

すごく暦を気にする人だったので、夫もその影響で車の納車日、引越しの日、

家を建てる時など日のいい日を選んでいた。

 こういうことって、一度気にすると、やはりこだわってしまう。

そこで、今回の「いい日探し」となった訳。

・・・良く知られているのに、

「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の六曜があるが、それ以外にも暦十二直の

「建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉」などがある。

文字だけ見ると何のことやらさっぱりわからないけど、一つ一つに

何やら意味があるらしい。

          

色々検討した結果、今日がその「いい日」となった。

1月18日・・・「いいわ!」で選んだ訳ではありません。

先負、平(たいら)、旧暦十二月四日

「先負」・・・急用、争い事、公事を避け、平静を守って吉とされる日。午前は凶。

     祝い事は午後からが良い日。

「平(たいら)」・・・広く万事事柄を執り行うのに吉。

            ただし、穴掘りと動土(土を動かす事)は忌む。

という訳で、これから私がしようとする事に関しては今日の午後からが、

今週の中では「いい日」となった。

おまけに、旧暦ではあるが、一二月四日は結婚記念日。

                 (これは私が勝手につけたいい日)

本当は大安の日が良かったけど、今週の大安は、「大寒」。

寒の入り(小寒今年は1月5日)から節分までは「事を起こす時期ではない」というので、

もうその期間なのだが、そこのところは、私が勝手に「大寒から節分まで」と

考えることにしたので、水曜の大安の日を外した。

・・・こんな勝手な解釈だから、まったく、いい日選びも私にとっては

                              気休めみたいなものですね。

 単なる言い伝えかもしれないが、何かその日に、意味を持たせた方が、

今後の成功に繋がるパワーが増す様な気がするのはおかしなものです。

« 涙から安らぎへ | トップページ | 「前向きなことば」と脳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47328893

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 涙から安らぎへ | トップページ | 「前向きなことば」と脳 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ