無料ブログはココログ

« 夫からのお年玉 | トップページ | 2009年も今日で終わり »

2009年12月30日 (水)

今年のおせち作りは

お正月は元旦に兄の家でみんなと一緒に、年賀の祝い膳を囲む事になっている。

 今まで(結婚してから)は夫の仕事の関係で、お正月も実家に帰ることなく、

三段の御重箱を飾るおせち料理をすべて手作り(これは結構自慢!wink)して

我が家でお正月を過ごしてきた。

 毎年、ノートに前年を参考におせち計画表を作り、日にち毎に、

31日はタイムスケジュールの作業計画で、手際良く出来るようにし、

作り忘れが無いようにする。

・・・28日鰆を味噌床に漬けるとか、30日数の子の塩出しをするとか、

   黒豆を下準備をするとか・・・いった具合にね!

毎年28日頃から、おせち作りに取り掛かり、31日はほとんど台所に立ちっぱなしで

おせちを作った。二人分のおせちといっても、種類をたくさん作らなければ

ならないから、楽しみながらも大変な作業なの。

 最後に焼き物を作っている時は、疲労のピークになっている。

 でも、夫が楽しみにしている事とお正月に重箱を開けながら

”ワー!すごいね!  delicious おいしい!” と 

喜んで食べてくれる夫の笑顔を思い浮かべる事が、私の

おせち作りへのエネルギーになっていた。

一の重・・・黒豆・昆布巻き・ごまめ・伊達巻き・錦玉子・数の子

             栗きんとん・豆きんとん

二の重・・・紅白なます・カリフラワーのカレー風味マリネ・

           鳥照り焼き・鰆の味噌漬け焼き・えび塩焼き・のしどり

三の重・・・高野豆腐の煮物

        くわい シイタケ にんじん 里芋(えび芋) ごぼう 

         こんにゃく はす ぎんなんの煮物

    (それぞれ飾り切りして、華やかな煮物に仕上げる)

・・・しかし、

結婚してからずっと使っている私のおせちノートは、

          2007・12を最後に記入されていない。

         ・ ・ ・

 今年は伊達巻きと黒豆だけを作って、元旦に兄の所に持って行く事になっている。

というのも、先日 義姉が 

”お正月は伊達巻きよろしくね!”と 言ってくれたから・・・。

 今年のお正月に兄の所で、伊達巻きを作ってあげたら、これが結構好評で

みんなに喜んでもらえた。それで、義姉からのリクエストが来たのだ。

”伊達巻き待ってるからね!” 義姉がそう言ってくれたのは

うれしいことだ。これは義姉の優しさだと私は思っている。・・・快く承知した。

・・・誰かの為に食事を作れるということは、

今の私にとっては、本当に喜びに繋がる。そんな心を同じ女性として、

義姉はきっと分かってくれているのだろう。

             ・・・confident

来年のお正月は義姉自慢のおせち料理に私の作った

        伊達巻きと黒豆を添えて、元旦の祝い膳です。

« 夫からのお年玉 | トップページ | 2009年も今日で終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大きなおめめさんのおうちのおせち、美味しそうですねえ!ご主人がどんなにか喜んで召し上がっていたことかと思います。

私も人が喜んでくれる顔を見るのが嬉しくて料理をしていました。。おせちは手がかかるし時間はかかるし・・・・でも、詰め終わったときの達成感は一年の終わりにふさわしいですよね!

伊達巻と黒豆を作ってお兄さんのところでお正月なんですね。お義姉さんのリクエスト素敵ですね!

私は2年続いての喪中なのですが、京都の友人が毎年搗きたてのお餅を送ってくれるので、お雑煮と黒豆は作ろうと思っています。黒豆は主人の母のお得意でした。。

masaさんもおせちは手作りだったのですね。
おせち作りは大変でも、お重箱にきれいに詰めた時、
確かに感動に近い達成感がありましたね!

材料費と手間を考えると出来たものを買ってもそんなに変わらないかもしれませんが、やはり、一年の初めをとびきり心を込めた
お料理でお祝し、この一年が良い年になるように願いながら、
食べるのがいいですね。
  ・・・寂しいことに、結果が付いてこなかったけど

でも、最期のお正月も私のおせちを本当に夫は
”おいしい!、おいしい!”って食べてくれたんです。
「全部食べ終わって、逝っちゃった!」っていう感じです。

お雑煮は夫が大好きで毎日でもいい!という人でしたので、私も元旦の朝には作ってお供えしようと思います。

京都のお雑煮は、お餅は丸餅ですか、
つきたてのお餅美味しそうですね!

大きなおめめさん、「とびきり心をこめたお料理で・・・」って書いてありましたが、うちが使う黒豆の名前が「飛び切り」っていう名前なんですよ!なんだか面白いですね。。

ご主人は大きなおめめさんが作られたおせちを食べて、きっと満足されてあちらに逝かれたんでしょうね。羨ましいです。

うちは食事制限が3年弱続いていたので、おせちもほんの少し・・・こんなことになるなら、もっと十分食を楽しめばよかったと、とても悔いが残っているんです。来年はとびきりのお雑煮をお供えすることにします!

京都風のお雑煮は丸餅で白味噌仕立てです。

「飛び切り」なんて、面白いネーミングの黒豆があるのですね!
きっと、とってもおいしいのでしょうね。私は先ほど、黒豆を煮る
準備をしたところです。大好きなんです黒豆。

masaさんのご主人様はきっとmasaさんのお雑煮を
待っていらっしゃるのでしょうね!
   もう、食事制限なんてないのですから。
そしてきっと言っていると思います。
”masaさんの作ったものが一番おいしい!”って。

京都風のお雑煮は食べたことが無いのですが、私も
ちょっと食べてみたいです。
来年は白味噌仕立てのお雑煮作ってみようかな。
四角く切ったお餅しかないけど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47079905

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のおせち作りは:

« 夫からのお年玉 | トップページ | 2009年も今日で終わり »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31