無料ブログはココログ

« 年賀状の作成 | トップページ | クリスマスの虹 »

2009年12月24日 (木)

ラスト・・・クリスマスイブ

”どこかでブランチを食べて、帰りにデパ地下で

        クリスマスディナーの仕入れをしてこよう!”

ちょうど夫の仕事はお休みで、朝寝坊した私たちは車で街中まで出かけた。

restaurantショッピング街の卵料理の専門店に入り、夫の好きなオムライスのブランチをとった。

・・・昼食後、ビルの中のお店を散策。

どの店もクリスマスxmasの装飾が

            shineきれいに輝いていた。

広場のスペースでクリスマスの特別企画があった。

「3時からクリスマスのフラワーアレンジを先着50名様にプレゼント!

”お花のプレゼントがあるんだって!

        これいいね、並ぼうか!”

”まだ、あまり人は並んでいないから大丈夫そうだよ!”

と 夫と二人30分ほど並んで待っただろうか。

   かわいらしいクリスマスのフラワーアレンジを 私たちはひとつずつ頂いた。

  夫のは黄色系のアレンジ、私のはピンク系のアレンジフラワーだった。

                

”素敵なクリスマスプレゼントだね!” 夫が優しい顔で、お花を手にした私に言った。

                  幸せなクリスマス気分 happy01

20071225_nec_0319_3

             

       

 

(夫の頂いたお花が食卓を彩る

夫の携帯に残る写真2007・12・24)

       ☆  

次はデパ地下で、クリスマスディナーの買い物。

ワインの小瓶一本と お酒は日本酒党の夫は、

冷酒用の大吟醸 4合瓶一本を真剣に選ぶ。

”今日は、作らなくていいよ! このオードブルを買っていこう!”

(毎年、シチメンチョウではないが、鳥の骨付きもも肉の照り焼きをオーブンで焼き、

 クリスマスディナーらしく 彩り豊かな料理をささやかながらも作ってきた私。)

クリスマス用に作られた彩りもきれいな、

おいしそうなオードブルのセットとサラダを買って帰った。

      car。。。

birthdayクリスマスケーキは出かける前に届けられていた。

     ・ xmas ・ bell ・ xmas ・

テーブルの上に頂いてきたお花と料理を並べていると、

夫がワイングラスを二つ手にしてくる。

・・・wine お酒はいつも夫の担当だ。

酒好きな夫は、 何よりもこれがあればご機嫌 happy01

オードブルをつまみながら 

     楽しくワインやお酒を頂き、

            クリスマスイブのひと時を過ごす。

        shine ・ ・ ・  xmas

いよいよクリスマスケーキのローソクに火を灯す。

”それじゃあ、電気を消すよ!”  と 夫。

・・・note き~よし こ~の夜 night と 夫が歌い始める。

 ケーキのろうそくの灯りを見ながら二人で歌う。続けて二曲ほど讃美歌を歌う

  (これ、我が家ではクリスマスイブの 恒例行事なの!)

”次は 「もろびとこぞりて」 notes をハモろう!” と 私。

”○○さまは、メロディーね! 私が下を歌うから!”

”ダメだ!・・・つられちゃう!” 

そう言いながら歌う夫と 何とか上手くハーモニーが取れるようになった頃には、

ろうそくが消えそうになっていた。

直径15センチほどのかわいいイチゴのクリスマスケーキ。

お酒が好きなくせに、甘いものも大好物の夫は、

”おいしいな~!” と いつものセリフを言いながら、

メリークリスマスと書かれたチョコの飾りを夫は私のケーキの上に乗せ、

”はい、どうぞ!” と 。

     confident・・・実においしそうに食べていた。

    ・・・present

8:00pm.を回った頃、ピンポ~ン!

”ゆうパックのお届けで~す!”

今頃、何だろうと夫と顔を見合わせ、玄関に取りに行くと、

新潟から炊飯土鍋が届いた。

そう言えば、10月に新潟の新米を頂いた時に、応募はがきが入っていて、

抽選により 「炊飯土鍋が当たる!」 というのがあって、

 ・・・それに応募したのを思い出した。

荷物を受け取った私は、

”○○さま、すごいよ!

     present クリスマスプレゼントが届いたよ!”

<すでにはがきを出したのも 忘れていたのに当たった。

              しかも、イブの夜に届くなんて!>

と感激しながら夫に見せた。

”お~! やったね happy01 

 サンタさんは 郵便局の人だったね!” と 夫は 微笑みながら言った。

       

       

       

  とても楽しかった!!

教会の隣で生まれ育だった夫はクリスチャンではなかったけど

幼き頃より、クリスマスには特別な想いがあったようだ。

       xmas

       

2007・12・24 夫と過ごした最後のクリスマスイブ。

   

 

« 年賀状の作成 | トップページ | クリスマスの虹 »

夫の思い出」カテゴリの記事

コメント

素敵なクリスマス・・・大切な大切なきらきら輝くような日だったんですね。目に浮かぶよう泣きがします。
私も思わず、同じ日の日記を読み返しました。その頃はもう主人は食事制限があったのでなかなか楽しい食卓というのが難しくなっていました。錦糸卵がぱらぱらしかないちらし寿司と、寒天のデザートで精一杯のお祝いでしたが・・・あっという間に終わってしまう食事。。。。ああ、今も食事制限で闘っている人達は大変だろうなあと、思いを馳せています。でも・・・何かができる・・それはやっぱりきらきら輝いた日々だったんですよね。
大切な日でした。。

masaさんの大切なクリスマスの思い出を
教えてくださってありがとう!
「きらきら輝いた日々」
それは、まさに命の輝き!
     胸を打たれます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46942991

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト・・・クリスマスイブ:

« 年賀状の作成 | トップページ | クリスマスの虹 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30