« ラスト・・・クリスマスイブ | トップページ | それはまだ必要な時間 »

2009年12月25日 (金)

クリスマスの虹

20081225_nec_0087 昨年のクリスマスに虹がかかった。

薄らとかかる虹。

<クリスマスの虹> 2008・12・25

(携帯で撮ったのでほとんど見えないけど

      マンションの所から白っく空に向かっているのが虹)

   xmas ・bell

世の中クリスマスで華やいでいるけど、夫を亡くした年、とてもそんな気分じゃないと

かなり落ち込んでいた午後、何気なく窓の外を見たらしたら、空に虹がかかっていた。

    ・・・confident

<夫からのクリスマスプレゼントだ!> と 思った。

空と地上を結ぶ虹に乗って、夫が会いに来てくれたよう。

<寂しいクリスマスだ> と 沈んでいたけど、何だか急に、うれしくなった。

凹んでいた気持ちが一瞬に消えた。

「一人じゃないよ!」   ・・・それを私に伝えてくれたクリスマスの虹

« ラスト・・・クリスマスイブ | トップページ | それはまだ必要な時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵ですねえ。きっと何かのメッセージだったんですね。大きなおめめさんの背中をそっと押してくれていたんじゃないかしら。

あちらの世界に行くことを虹の橋を渡るということがありますが、そうか・・・ということは、今や虹を見れば虹の橋をわたってこちらにきてくれるのかもしれないですね!

今日もこちら青い空でした。今年も残りわずかになりましたが、そのことを考えるとちょっとまた悲しみの深みにはまりそうになります。

masaさん、コメントありがとう!

自然のいたずらに心が癒されることが、夫との死別後、
何度も体験してきました。

あの空の向こうに、あの雲の上に、虹の橋に乗って、
この風に乗って・・・
どこかに夫の姿を追っているからなのかもしれませんね。

「オズの魔法使い」(オーバー・ザ・レインボー)という映画が
昔ありました。
確か「幸せを求めて虹の向こうまでいったけれども、
幸せは自分の家の中にあった」とかいった内容だったと思います。「幸せの青い鳥」と同じですね。

いろいろ求めて、探し続けているけれど、私の探しているものは、いつも私の心の中に存在し続けているのかもしれません。

今思えば、あの時の虹はそれを教えてくれたのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47106799

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの虹:

« ラスト・・・クリスマスイブ | トップページ | それはまだ必要な時間 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ