無料ブログはココログ

« 医者嫌い | トップページ | 月日を数える »

2009年12月14日 (月)

夫の書斎の大掃除

なかなか片付ける事の出来な無い夫の書斎。

気が向いた時、少しづつやっているのだが、片付け始めると、夫が机に向かって、

一生懸命に 仕事をしていたあの頃のことが思い出されて切なくなる。

<もうこれくらいで止めておこう> と いつも中途半端な片付けで終わる。

   

今日は久々に気が向いたので、大掃除することにした。

机の上の仕事に関する書類を破りながら捨てた。

少し心が痛む・・・think

給料明細が出てきた。頑張って働いてくれた夫の事を思うと捨てられずに

また引き出しにしまってしまった。

    ・・・<これだから、片付かないのよね!>

夫の葬儀の時の資料もすべてこの部屋に置かれている。

<これは何だったかな?> 開いてみれば、葬儀の時の喪主の挨拶のメモや

葬儀の後のスケジュールが書き込まれた物。

食事もろくに取らず、いろいろな手続きに奔走した日々が蘇る・・・。

<こうして、頑張って来たんだよ!>・・・think

あの頃のことは、思い出しただけでも心が重い。

    

本棚の本も、処分してもよさそうなものを片付けた。

腕時計・・・たくさんあって、どれを残してどれを処分していいか、

           迷ったので、すべてそのまましまう。

      

小さな書斎だからそんなに物も多くないのだが、広げてみると

かなりの物が詰め込まれている。

<たくさん処分するぞ!>と、大きな紙袋を2つも用意して取りかかったのに、

結局2つの袋は一杯にはならなかった。

      

・・・もうすべて必要ないと言えば、そうなのに!

« 医者嫌い | トップページ | 月日を数える »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

大きなおめめさん こんばんは

夫の遺品、なかなか処分できませんねー
大きいものや衣類はだいぶ処分したのですが、小さいもの腕時計、眼鏡、ライター…使わないけど処分できません。
先日、昔使っていたと思われる財布の中から結納の時の振袖姿の私の写真が出てきました。23歳の私…可愛いかったじゃん!
なんて思ったりして…happy01
写真はまた財布に戻してしまっちゃいました。
月日がたつににつれ、ますます処分できなくなるのかも… ですね。

私も夫のたくさんの本を方付けかけたんですけれど、途中で出来なくなって止めて今もまだかなり残っています。医療関係や人生考える本とかは切ないですけれど今少しずつ私が
読んでいます。心筋梗塞などのデータなども
あって、、。
あの朝着ていくはずだったワイシャツ、ネクタイもまだそのままかけてあり,眼鏡も手袋も3本残っている煙草もそのままです。
釣り道具も車にそのまま。大型車なのでいつまでも置いておけないですけれど、まだ2,3年は無理だなって思っています。
私も夫倒れてから葬儀までの事は思い出しても心が苦しくなるし記憶が飛んでいる部分も
あって、。やっぱり、まだまだなんですよね。夫のもの、はずっとそばに置いておきたいですけれど、もう少ししたらほんの少しずつ片付けもしなくては、です。

mada madaさんがおっしゃるように、
・・・もう「夫の遺品」なんですよね。
「遺品」ということばを使わなくてはいけないということ事態が まだ自分の中で納得しきれていなくて、私は「遺品」ということばを
避けてきたようです。

>財布の中から結納の時の写真が出てきました

御主人は、結婚が決まってとてもうれしかったんでしょうね!
幸せを思い切りかみしめて、肌身離さずもっていた
mada madaさんの振り袖姿。
愛されていたんですね!・・・heart04
ずっと、とっておきましょうよ!・・・いい思い出として。

夫と私、身長がさほど変わらなかったので、衣類関係は、結構私が着れるものがあるんです。最近のファッションは紳士物も結構
スリムなのが多かったから、使えます。(背広は別として)
何か一品夫のものを身につけていると、安心するので、
今日はニット、昨日は皮ジャンと着ています。

すべてを男ものでまとめるとやはりおかしいから、
一点だけチョイスして、後は自分の物とコーディネートです。
これで、夫といつも一緒です。
 ・・・それに、話題のエコ生活に貢献です。

matuiさんのお気持ちよくわかります。

>あの朝、着ていくはずだったもの
そのままにして置きたい気持ちお察しします。
少し状況は異なりますが、私も夫が緊急入院した時に、夫の為に用意した入院用の衣類や持ち物のは入ったボストンバックが
そのままベッドルームの隅に、今も置かれたままです。
    (掃除機をかける時に持ち上げる位)
一泊だけで、なんの用を足さなかった入院準備品の入ったバック。
悔しさと切なさとそして・・・夫の為に最後にして上げたことへの
愛おしさなのかな!
もうすぐ、2年になろうとしているのに、病院から持ち帰ったまま、
開ける事も無くそのまま置かれています。
・・・片付けられないのです。

釣り道具も車もmatuiさんが納得できるまで
お傍に置いておいたらいいと思います。
処分はいつでも出来ますから・・・。
そのうち、御主人が
”こっちに送ってくれないかなー”って言ってくるかもしれません。
その時までは!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/47019527

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の書斎の大掃除:

« 医者嫌い | トップページ | 月日を数える »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31