« まちがいなく食欲の秋 | トップページ | コンサートの花束 »

2009年11月 4日 (水)

食生活

食べることは、生きることには欠かせない。

 しかし、最近お菓子で食事を済ませたり、ほとんどカップ麺の食事でサプリメントで

栄養補給をしているという人がいるというのを先日NHKのTVで知った。

何かおかしいと思った。そんな食事で体の健康が保てるはずがない。今はよくても、

後になって弊害が出るのではないか?   ・・・think

 その番組ではこんな報告もあった。

脳梗塞で闘病生活をする人が、点滴ではなく自分の口から食べ物を取ることが

出来るようになると、言葉や笑顔が出るようになるという。

噛む、飲み込むという動作が脳に刺激を与え、症状の回復に効果があるそうだ。

<なるほどー!> 

食事を取ることをおろそかにしてはいけないと改めて思う。

    

 おいしいものを食べるとお腹が満たされると同時に、心も満たされる。

旬の食材を口にすれば、心豊かな気分になる。

夫の死の直後は、そんな気分になる自分も許せない気がして、食べることに

喜びを感じない事もあったが、死別から3か月ほど経ってくると、

<食べることは生きる源なんだ。食生活をおろそかにしてはいけない。>

と思うようになり、一人の食事にも手を抜くことなく、

ご飯を炊いて、メイン料理に肉か魚、汁物、サラダ、煮物・・・など 夫が生きていた時と

同じようにいろいろなものを作って食べている。

パン食の時もパンだけで済ませることなく、

           スープ、メイン料理、サラダ、デザート等を作る。

(別に、料理雑誌に載るような大した料理を作る訳では無いけれど、

                             彩りも気にしてそれなりに)

テーブルにお皿がたくさん並ぶとお金をかけない料理も 少し豊かな気分で頂ける。

      restaurant・・・cafe

”おいしいね!”と言って喜んでくれる夫がそこにいないのは張り合いの無いもの

であるが、写真の夫に向かって

”いただきま~す!・・・おいしいよ!happy01

と言いながら、食べる。

 (死別したばかりのころは、しばらくの間、こうして写真に声をかけるだけで

        泣けてきたけど、今は笑顔で声をかけらるようになった。

   そんな風にストレスが薄れた分、食べたものの消化・吸収もよくなってきたと思う。)

たくさん出来てしまったものは、何回分かに分けて冷蔵・冷凍保存しておくと、

次の食事の時に <一品足りない!> なんていう時に便利。

 料理は好きなので、夫が亡くなってから今まで 出来た総菜やお弁当を

買って食べたことは数えるほどしかない。

買ってきたものは、味が濃いという事と、脂っこいものが多いという理由もあるけどね。

 自分で作れば、どんな食材を使って、どんな調味料をどれくらい使っているかが

分かるので、安心して食べられるのが一番の理由。

それに、量的な問題もある。

夫がいた時は、買ってきたものも二人で分け合って食べることが出来るので、

適量を食べることが出来たけど、一人では、なんでも多すぎる。

デパ地下でおいしいものを目にしても、

<一人では食べきれないなー!>と思い、諦める。

     (この「諦める」が結構ストレスとなり、デパ地下も依然と比べたら、

                            あまり歩かないようになった。)

結局、食材を買って、<自分で作ろう!>となる訳なのだ。

外食は・・・あまりしない。

<亡き夫とよく行ったお店にも行ってみたいな>

と思いながらも、なかなか行く機会がなくて行っていない。

                  (一人で行っても、おいしくないしね!)

たまに、お友達とランチする時はあるけれど、いつも自分で作って食べる時と違って、

量・味ともに加減が効かないので、食後、胃がもたれてその後まで響くので、

食生活のリズムが狂ってしまう。

食べる量を調整すればいいということなんだけれど、

    <人と一緒に食べるって、楽しいなー!>って

              思っているとつい食べ過ぎてしまうようです。

   

食生活一つをとっても、夫が生きていたころと比べると

だいぶ変わってしまったように思う。

でも、時にお菓子の食べ過ぎがあるものの、

野菜中心で、肉・さかななどもバランス良く入れて、味もうす味、

結構健康的な食生活は送れていると自分では思っている。

              健全な食生活は、笑顔と活力に欠かせない。

« まちがいなく食欲の秋 | トップページ | コンサートの花束 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46652601

この記事へのトラックバック一覧です: 食生活:

« まちがいなく食欲の秋 | トップページ | コンサートの花束 »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ