無料ブログはココログ

« どうしてますか?・・・追伸 | トップページ | みかん »

2009年10月 8日 (木)

雨の中の墓参り

先日、夫の月命日の墓参りに行って来た。

天気予報では台風の影響で大雨ということだったので、

今月は月命日の墓参りは、やめにしようと思っていた。

しかし、雨も小降りで大丈夫そうだったので、予定通り出かける。

(大雨でやめようと思ったのに、小降りになったりすると 

             何か、亡き夫が”来て欲しい!”と言っているようで)

いつもの道を、いつもお店に寄ってお花を買い、お寺に向かい車を走らせる。

               car・・・

風もなく、しとしとと雨が落ちている。車のワイパーも間欠のスローでOK!の雨。

運転しながら、私は亡き夫への手紙を頭の中でづっと綴っていた。

・・・rain

雨の日のお寺は静かだ。

 誰一人いない。本堂をお参りし、位牌堂をお参りする。

<安らかにお眠りください・・・合掌>

       傘をさして、お墓参り。

お彼岸の時の花が雨の中でうなだれている。

お花を取り換え、お水をあげて、ローソクに火を灯し、お線香に火をつける。

<静かな月命日です。 ありがとう! 私に安らぎを与えてくれているのですね。

                                           ・・・ 合掌>

<お線香が雨に濡れて消えてしまうといけないから、 しばらく傘をさしています。>

小さな声で、「この道」 を歌いました。

      noteこの道はいつか来た道、ああそうだよ・・・

 「島唄」も歌いました。

      note~・・・ささやかな幸せはうたかたの波の花・・・

       ~ ・・・島唄よ風に乗り、鳥と共に海を渡れ、

             島唄よ風に乗り、届けておくれ私の愛を・・・

               ~・・・           

歌い終わる頃、雨がほとんど気にならない位になった。

亡き夫が、”傘どうもありがとう! 雨はもう大丈夫だから!” と 言っているよう。

”気を付けて、お帰り!”

     お墓を後にする私の後ろから、声が聞こえた。

        ・・・静かな雨の日のお墓参りでした。

« どうしてますか?・・・追伸 | トップページ | みかん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

島唄、は南の島出身の夫が大好きでした。
昨日までのどうしてますか?のおおきなおめめさんの記事、には泣けてしまいました。
私も意識ない夫のそばで、歌は歌えなかったけれど色んな事必死で話しかけました。聴力
だけは残っているって聞いたから、、。私達の気持ちは夫もわかってくれたんですよね。
そして、、夫もヘビースモーカーで煙草が似あう人でした。釣りも大好きで週末はいつも
犬と私と一緒で、。今ものんびりと煙草吸いながら釣りしたり、なんでしょうか!?

matuさん こんにちは!
「島唄」matuさんのご主人もお好きだったのですか。
いい曲ですよね!
詩もいいのですが、沖縄音階の何とも言えない独特の旋律が
心に響きます。
南の島の出身のmatuさんのご主人は、
この歌に、故郷を見ていたのでしょうか。

・・・そうです。最期まで残るのは聴力と言います。私もそう思って、頑張ってみたけど、残念です。
でも、きっと、いや絶対夫たちに届いていましたよ。
しかし、人生は物語のようにはうまくいきませんね。
   ・・・奇跡を信じていたのに。

釣りは結婚してから、私も教えてもらい、
ヘラブナ釣り、海でのキス、カレイ、ハゼの釣りと
二人一緒に出かけました。
くわえ煙草に釣竿を持った亡き夫の写真が、
楽しい思い出の一枚になってしまったことは、切ないですが
いい思い出をたくさん残してくれた夫たちには、
”ありがとう!”を言わなくてはいけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46412294

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中の墓参り:

« どうしてますか?・・・追伸 | トップページ | みかん »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30