« 久々の大泣きの後は | トップページ | トヨタSAI »

2009年10月24日 (土)

百歳のおばあちゃん

昼過ぎに何気なくTVをつけたら、

名古屋にお住まいの百歳のおばあちゃんが楽譜を見ながらピアノを弾く姿が

映し出されていた。楽譜を見る目には眼鏡もかけていない。

百歳と思えないぐらい流暢な指の動きで、優しい音色。

  

”ピアノが好きだから、楽譜だけは見えるのよ!” と 優しい笑顔で答えるおばあさん。

女学校に入る前は、お琴をやっていたそうだが、女学校に入ってピアノに魅せられ、

そこから専門に学び、東京の音楽学校を出て、学校の音楽の先生をし、

40代の頃からは、自宅でピアノを教えるようになったという。

 ピアノ教室では少しの音のずれも許さない、厳しい先生だったらしい。

でも多くの生徒さんが集まり、・・・98歳まで続けていたというからすごい。

現役を退いた今でも教え子たちが おばあさんを訪ねてくるほど、慕われている。

  

 そして・・・とっても、おしゃれなおばあさん!

3週間に一度は美容院に行って髪を整えるそうだ。

”いくつになっても、女性ですから、・・・おしゃれを楽しみたいの!”

と きれいに整った髪のおばあさんはうれしそうに話す。

若い時からおしゃれをするのが好きだったという。

 

そして、月に一度のデイサービスに通う。

その場のリクレーションの時間には、ピアノの伴奏を引き受ける。

デイサービス利用者の中で最高齢の百歳のおばあさんが

15曲もの童謡などの唱歌の伴奏をする。

”15曲も弾いて、お疲れになりませんか?”の質問に

”これぐらい何ともないですよ、好きですから!” と 笑って答えている。

とても素敵な百歳とは思えないおばあさん。

  毎日ピアノの練習をすることが楽しみだそうだ。

              百歳になってもしっかり自分の足で歩いている。

こんな人もいるんだ。すごいなー! 

  

今後50年私が生きるというのも保証できないと思うが たとえ生きたとしても、

こんな風に楽しみながら 毎日を過ごすことが出来るのだろうか?

やはり、このおばあさんはすごい!

« 久々の大泣きの後は | トップページ | トヨタSAI »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46569464

この記事へのトラックバック一覧です: 百歳のおばあちゃん:

« 久々の大泣きの後は | トップページ | トヨタSAI »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ