無料ブログはココログ

« 人の幸せはどこにある | トップページ | 百歳のおばあちゃん »

2009年10月23日 (金)

久々の大泣きの後は

今日は久しぶりにたっぷり涙を流した。

<そうそう毎日快調に過ごせる訳ではないか、やはり> というところだろうか。

 

コーラスの練習で歌を歌っていたら、何となく気分が落ちてきて、そこから少しずつ沈む。

この日は朝から、気分が盛り上がっていなかった。・・・情緒不安定!

 なんとか歌に集中して、入り込もうとするが今日はどうしてもうまくいかない。

歌うことが切なく、悲しい。そのうち、堪えた涙が喉の奥を流れていく。

練習中だから、その場で涙を流すわけにはいかないので なんとか堪えていたが、

しばらくすると堪え切れなくなって

           weep・・・席をはずした。

 会場の外へ出て、気分を晴らすために建物の周りを散歩をして、戻ったが、

歌おうとするとまた泣けてくる。・・・また席をはずす。

結局練習が終わるまでドアの外にいた。苦しかった。無性に悲しかった。

 今日はコンサート前の本番会場でのリハーサル。みんなとても盛り上がっている。

その中に居る自分は どうしてもそこまで気持ちを持っていけない。

どう頑張っても気持が落ちて行ってしまう。持ち上げなければと焦れば、焦るほど

気持ちが沈む。

・・・自分の中で何かがうごめいている。

     楽しもうとする自分を許すことが出来ないかのように。

     その場に立つ自分を許すことが出来ないかのように。

   

そんな中、隣で歌っている人が4年前のコンサートを前にした時の自分の姿と

ダブって見えた。彼女は練習の時、毎回録音をしている。

多分、家でそれを聞きながら、次の練習日までかなり歌いこんできているのだろう。

練習に前向きな姿勢が隣で歌っていて ビンビン伝わってくる。

4年前には私も毎回練習の時に、練習を録音し、録音したものを家に帰って、

何回も何回も聞き、復習し、次のレッスンまで毎日練習する。

時には夫にも 聞いてもらいアドバイスを受けた。

       ・・・そこには意欲的に取り組む自分がいた。

 それなのに今の自分はコンサートを目前にして、

           自分の気持ちをコンサートに持っていくことすら出来ない。

 それでも何とか頑張ろうとするそんな自分の姿が 何か自分でも哀れに思えて、

情けなくて、自分で言うのも変だが、健気でかわいそうで 無性に泣けてきた。

  

 夫の死以降、自分なりに頑張ってきたのに、やはり歌を歌って楽しむ事を

亡き夫は許してくれていないのかもしれないと思った。

 この日どうしても自分の気持ちをコントロール出来ない自分が悔しかったのか、

夫との幸せな日々の中で楽しく歌えていたのが 奪われてしまったことに、

やりきれない思いを感じたのか、帰りの一人運転する車の中では、

人目を気にしなくていいので もう我慢できなくて声を出して、泣いた。

拭っても、拭っても涙がこぼれてくる。

                久々の大泣きだった。

泣きながらの運転、とりあえず事故に合わずに家に帰った。

       ーーー crying ーーー car

<こんな日もあるさ!>と  家に帰ってホッとする。

コンクールは10分間の勝負だけど、コンサートは2時間だ。

体力的には日ごろのジョギングが効いているから大丈夫だけど、

気持ちが長時間続くか・・・こんなことがあると、不安になってきた。

今までの練習の時には大丈夫だったのだから、

     気持ちの切り替えさえ上手く出来れば・・・きっと大丈夫。

やらなくては!

だって、チケット買ってくれた人に申し訳ないから、今更、逃げ出す訳にはいかないもの。

  

コンサートまであと一週間ある、それまでには 気持ちよく歌えるように

なれるだろうと思う。・・・・思うではいけない、何とかしよう。

とりあえず、冷却期間を置いて、

一日二日、歌のことは完全に忘れて、ドライブでもしてちょっと気分転換してみようと思う。

・・・まったく、直前に来て、こんなピンチがくるなんて!

本当に参りました。

   ・ ・ ・ confident

そんな一日の終わりにメールが届いた。

コンサートチケットを買ってくれた友達からだった。

”もうすぐだね、今度はあなたが頑張る番だよ!

            コンサート楽しみにしている、頑張ってね!”

今日の私の凹みを知る由もない友から、なんとタイムリーなメール。

その友は、自らも大病を克服し頑張っていて、今日、自分のフラダンスの発表会を

成功させたという、お知らせに続いての言葉だった。

今日の私には、かなりのプレーッシャーを感ずる内容だったものの、

<そうなんだ、彼女は多分、私を励ますために快くチケットを購入してくれた。

   そんな声援に私は応えなくちゃいけないんだ。こうして 支えてくれる友人がいる> 

 ・・・感謝の気持ちで胸が熱くなる。

  

涙をたくさん流し辛い一日が、今日も友への感謝の一日となった。

« 人の幸せはどこにある | トップページ | 百歳のおばあちゃん »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

頑張り屋の大きなおめめさんには必要な大泣きだったのではなかったかと思います。
頑張りすぎてパンパンになったからチョイとガス抜きしておきましょって心が涙を噴出させたのかも…
ガス抜きできたから本番は大丈夫scissors

しかし一人で運転中rvcarって何で号泣なるんでしょうね?

mada madaさん
コメントありがとうございます。

まあ、そんなところなのかもしれませんね。

車の中って結構、自分の世界に
入り込み易いところなんですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46546725

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の大泣きの後は:

« 人の幸せはどこにある | トップページ | 百歳のおばあちゃん »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31