« テレビショッピング | トップページ | ギ・コ・チ・ナ・イ »

2009年9月25日 (金)

楽しいこと?

先日コメントの返事を書こうと、PCに向かい「楽しいこと」とキーボードを打って、

   ・・・私の手が止まってしまった。

後に続くことばが出てこなかった。私にとって楽しいことって、いったい何?

「人生を楽しむ」って、大切な人を喪ってしまった時、とっても難しい問題です・・・think

      心の安らぎを得ること とはまた違いますからね。

  

 その日、私は何か無性に亡き夫に会いたいと思っていた。

いつものように夕方、スロージョギングに出た時のこと。

ここのところ、いつも心の中で歌を歌いながら、走っていたんだけど、その日は違った。

走り始めると心の中で、

<○○クンに会いたい!、〇〇クンに会いたい!>

と 呟いている。それも飽きることなく、くり返しくり返し、呟く。

何度もお願いしたら、もしかしたら?・・・叶うかもしれない。そんな事あるはずないと

思いながらも、走り終わるまでずっと呟いていた。

           ・・・いつもの歌が出てくることはなかった。

<心の声が夫に届け!>と言わんばかりに繰り返し呟いた。

そんな日のコメントへの返事。私は「楽しむこと」について 書く事が出来なかった。

<夫と一緒に居る時が、一番楽しかったから。>

<夫と一緒なら何をしていても、楽しかったから。>

    ・ ・ ・

 別に凹んでいた訳でもなかったけど、無性に夫に会いたいと思ったこの日に、

楽しいことについて書こうと思ったら、

<夫亡き今、楽しいことはどこへ行ってしまったのだろう?>

と 思った。

<これからやってくる私の人生の楽しみは、

     ・・・どこからやってくるのだろう。何にあるんだろう。>

と 思った。

これが、これからの私の新しい課題なのか。

夫が逝ってしまった今、<自分だけが楽しんでいいのだろうか>

                 という疑問を含めて、これからの課題かも。

                         think

これからの私の人生を 本当に楽しむことが出来ていると感じた時は、

<一人で楽しんでもいいよ!> と 亡き夫の許しが出た時かもしれない。

      「楽しむこと」一つをとってもぎこちない感じを覚える。

« テレビショッピング | トップページ | ギ・コ・チ・ナ・イ »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

大きなおめめさん こんばんは(*^。^*)

私も 夫なしの幸せや 楽しいことなんて
あり得ない・・・と、思う
まだまだ 考えられない

だけど 
夫がいた時とは違うかたちや あじわいの 「楽しいこと!」が
きっといつか
感じられる日がくる 
と、信じてる(信じたい)

夫に寄り添うゆっくりーな・・・ではなく
ひとりの人としての ゆっくりーな
これからが 私の 人としての最終章なんだと思っているのです
じっくりと あわてず
どんな自分にしていくか・・・
どんな自分になりたいのか・・・
ぶつぶつ 夫に語りかけながら
今は 迷路の中です

大きなおめめさんも ほんとはわかっているのに・・・
<一人で楽しんでもいいよ!>
・・・って
ご主人は いつも言ってくれていること

・・・☆。・・・☆。・・・☆。

はじめまして。clover
偶然、大きなおめめさんのブログにたどり着き、今までの心の流れひとつひとつを読ませていただきました。
私は結婚17年、知り合って20年目の年に夫を突然亡くしました。1年8ヶ月前の事です。私達には子供がいなかった事もあり、いつも一緒に行動していました。
境遇が似ているからなのか、大きなおめめさんの言葉は私の心の中のように感じました。
Lowからのスタートに出会えたことを嬉しく思っています。

ゆっくりーなさん sunおはよう!

<そうだろうなー!>と 私も思ってはいるのですが、こんなことを思うのは心のどこかで私自身が自分を許していないのかもしれませんね。

「亡くなった夫の愛」を信じる事が出来るということが一番の幸せに繋がるのかもしれません。以前どこかのブログで、誰かが、

”一つぐらい信じる事が出来るものがあってもいいじゃないか!”

と言っていましたが、本当にその通りだと思いました。

ponちゃんさん 初めまして!
このブログを読んで下さり、本当にうれしく思います。
コメントまで頂いて、感謝します。

1年8か月前と言いますと、私が夫を亡くした頃とほぼ同じ時期に
なるのですね。私は結婚20年を迎えたばかりの頃でした。
ponちゃんさんがご主人と出会ってからの年数とこれもまた同じ位で、なんだかとても親近感を覚えてしまいます。それに私の所も、子供がいませんでしたので、ponちゃんさんと同じくどこに行くのもいつも一緒に過ごしていました。
偶然の一致が重なりましたね。

二人でいつも一緒に過ごした日々を思うと
堪え切れないものがあると思いますが、
御主人は、いつも貴女のとなりに寄り添っていますよ。
あの時のように!

こう信じて私も毎日を過ごしながら、ブログを書いていますが、
心は行ったり来たりです。
でも、確実に去年とは違う自分がここにいます。
・・・少しは前に進めたかな?と思っています。

よろしかったら、また感想やponちゃんさんの心の声を
お気軽にコメントに綴ってくださいね。

こんにちは 大きなおめめさんcoldsweats01

自分の周りには
ちっとも 夫を亡くした人がいないのに
いらっしゃるんですよね
もって行き場のない気持ちを 抱えて ・・・

また Lowからスタートの仲間が 増えましたねhappy01
ところで・・・
痛いところをつかれましたo(><)o
「亡き夫の愛を信じる」
・・・これが 不安なんです
あんなふうに 急に私の前からいなくなるなんて・・・愛してなかったのではなどと・・・

スピリチュアル系の本など読むと 亡くなることで教える愛もあるという・・・
私を 自立させるため
えッ じゃあ 私が殺したの

などど ・・・・
また 堂々巡り

あ〜私は今も愛されているんだ ・・・と感じることができれば
強い気持ちで 生きてゆける (かもしれない)

私たちには 永遠のテーマなのでしょうか

ゆっくりーなさん こんにちは!

痛いところをついてしまいましたか?

信じましょうよ!

ゆっくりーなさんの今までのコメントを読む限りでは、
十分ご主人からheart02愛されていたように感じます。
とても、ほんわかしたご夫婦の日常が伝わってきました。
そんなご主人が、ゆっくりーなさんを見放す訳ないと思います。
ちょっと、お別れが早すぎちゃっただけです。

でも、亡くなることで教える愛というのは少々辛いですよね。
やはり、となりで微笑みをくれた方が・・・confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46302442

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいこと?:

« テレビショッピング | トップページ | ギ・コ・チ・ナ・イ »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ