« 少し疲れて | トップページ | 感動を得ること »

2009年8月25日 (火)

コーラス全国大会

久々の大移動をして、コーラスの全国大会に行ってきた。

2泊3日の旅、何年振りかで飛行機にも乗りました。

 行く前に、心の中のモヤモヤを整理しして、気持ち良く舞台の上で歌ってきたいな

と思い、ここのところの自分をよく見つめてから出発しました。

これから先、そんなにチャンスがあるとは思えない全国大会の舞台です。

迷いのない歌声を会場に響かせたいと思ったのです。

 少し、心の迷いを引きずりながらの出発になりましたが

飛行機に乗り、空の上から地上を見ながらの移動が 私の心の霧を晴らしてくれました。

 大阪から松山までの短い空の旅、離陸する時、

<少しだけ、天に居る夫の傍に近づける!>

そんな思いが瞬間的に頭に浮かび、涙がこぼれ出てきました。

<上から見る地上の景色、夫はいつもこんな風に私たちをみているんだわ。>

       ・・・感動でした。

小さくなっていく地上の街並み、悩んで苦しんでいる人の姿など当然のことながら

見える事はない。 涙と共に自分の中の心の迷いも流れていきます。

そのうち、雲海の上をしばらく飛行。モクモクと白い雲が広がってとても美しい。

夫が言ってくれました。

<僕は、こんな美しい景色を見ているんだよ!

            大きなおめめにも見せたかったんだ。>

そのうち、雲が晴れて瀬戸内海に浮かぶ島々が見える。

もう、私の中の、心の霧もすっかり晴れていました。

         ・・・confident

 現地でみんなと合流、いよいよ全国大会です。

モードはすっかり切り替わり、私のテンションも大会モードに上がって来ました。

みんなと前夜祭で気合いを入れ、翌日の本番に向け気持ちを一つに!

 当日、別会場で練習し、本番の会場入り。

みんな旅の疲れも見せず、いい感じに声が出ています。

予想を超える広い会場で、小編成の私たちの団体の声がどこまで会場に響かせることが

出来るか心配。

<雑念を捨て、最後まで曲に集中して納得のいく歌を歌おうね!・・・集中だよ!>

と みんなに声をかける私です。一番心配なのが自分なのに。

合言葉は、「今まで練習してきたことをすべて出し切ろう!」 です。

・・・ピアノの前奏が始まりました。

気持ちのいい緊張感が私を包みます。

体の中か自然な形で声が出てきます。詩の内容を会場のみんなに訴えたい、

自分の思いを声に乗せ、届けたい。

一心に歌います。自分の声が会場の2階席、3階席へ広がっていく。

そんな感動がありました。

・・・後半のさびの部分に入ります。

note・・・地平は遠く、果てないだろう

            遠く 果てないだろう

   宇宙へと大きなロケットは昇り

             子らはかけて行くだろう

   今年も、喜びがあるだろう

   生きている限り、否む事の出来ない希望が

      あ~・・・   あ~・・・

   生きていく限り、生きていく限り・・・生きていく限りnote

谷川俊太郎さん作詞のこの曲が、皆を盛り上げていきます。

とても、気持ち良く歌う事が出来ました。この舞台で歌えた喜びが、私を包みました。

<いろんな事があったけど、ここまでやってきてよかった>

そんな思いがありました。何があってもこの大会までは頑張ろうと

思って続けてきたこの数か月です。

そして、こうして自分が満足出来る声を出す事が出来た。本当によかったです。

 感動したのは私だけでなくメンバー全員がそれぞれに感動を口にしていました。私たち

なりに、日頃の練習の成果が出せたのだと思います。

後でDVDを見るのが楽しみです。

 大会の結果は、残念ながら一番いい賞を頂く事は出来ませんでしたが、全国大会は

初出場というこで、まだその辺は多くは望みません。この大舞台で自分たちが

気持ち良く歌えたと感動を喜ぶメンバーそれぞれの晴れやかな笑顔が

一番の賞だったと満足しています。

   

 大会最後の閉会式で、松山の市長さんが

この街に嫁に来て(生きて)、お母さんになって、

  おばあさんになっても

   あなたと共にこの町に住みたい!” という内容の曲

松山市の公募で、選ばれた一般の方の詩に 「千の風になって」の作曲をした新井満さん

が曲をつけたという歌を歌ってくださいましたが、これには参りましたweep

この街で」という曲です。

自分の思いが思いっきり重なりました。

 歌い出しから、あふれる涙を止める事が出来ず、前の方の席に座っていたのにも

かかわらず、ハンカチで顔を覆いながら、泣いてしまいました。

自分たちの演奏で気持ちが高揚していたのもありますが、感動で、私は涙をこらえる事は

出来ませんでした。

      (ネット検索で今日又、聞いてみましたがやはり泣けました)        

        shine

こんな、素敵なおまけも付いた私にとっては とっても有意義ないい大会でした。

・・・airplane

帰りの飛行機の中から見えた、水平線を赤く染めた夕焼けはとても美しく、

今回の夏の思い出の最後のページにふさわしいものでした。

・・・心に残る夕焼けでした。

 

« 少し疲れて | トップページ | 感動を得ること »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^。^*)

大きなおめめさん
時間の流れと共に変化する 
あなたの心が手に取るように
こちらに伝わってきました
素敵な時間を過ごされましたね
そして 素敵な夏の想い出がまたひとつ!

「この街で」
早速 私も聴いてみました
泣けちゃいました・・・
心に響きすぎて・・・
でも 私には 切なくて・・・
叶わぬ想いに 泣きました

大きなおめめさんを追い立てるように
しつこくコメント入れてごめんなさい
勝手に 先走って心配して・・・
反省です(-_-;)

とにかく
大きなおめめさんが
元気でよかった
インフルエンザが流行っているから
お互いに 気をつけましょうね(^-^)

「この街で」 ゆっくりーなさんも
早速聞いてみてくださったのですね。
何でもないことのようだけど、それが許されない私たちには
とても切ない。
叶わぬことがとても切ない。

この街で育ち、この街で出会い・・・

夫との出会いの頃の事が走馬灯のように頭の中を巡ります。
結婚したばかりの頃、ともに白髪になるまで・・・
と夫と話したことが思い出されます。

聞きながら流した涙の中に、悲しいだけではない
暖かいものも私は感じました。
何だったのだろう?
夫が私に歌ってくれているような
そんな感じがしたのかもしれません。

「叶わぬ夢」そんな夢を見たっていいですよね!

今回も心のどこかで、大会に行かなくていい方法を
必至に探していました。
それでも投げ出してはいけないと自分に言って、
もう一度夫の死と向き合って
何とか心の調整を取ろうとしました。
そして、出かけて行きました。

投げ出さなくて良かったです。
こんな素敵な歌を
・・・夫が私に歌ってくれたのですから!

ゆっくりーなさんの思いやりとやさしさも
心にしみます。感謝します。
ありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/46022617

この記事へのトラックバック一覧です: コーラス全国大会:

« 少し疲れて | トップページ | 感動を得ること »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ