« 音の持つ楽しさを発見! | トップページ | 月命日の墓参り »

2009年6月 9日 (火)

亡き夫の大好物・・・枝豆

出回ってきました、亡き夫の大好物の枝豆。

まだ、ハウス物だと思うけど、地場産の枝豆がお店に並ぶようになった。

いよいよ、我が家に枝豆のシーズン到来!

早速買って、茹でて塩をふり、主人の御仏前にお供えです。

  

・・・茹で方にこだわって自分で枝豆を茹でるほどだった亡き夫。

亡き夫の言っていた通りに、慎重に茹でる。

  豆の歯ごたえが少し残っている程度に!

枝豆を入れた鍋が沸騰したら、タイミング良くざるにあげ、

熱いうちに塩をまんべんなく振り出来上がり。

(お下がりを頂きましたが、旬のものに比べると風味がまだ足りないですが、

    初物でおいしかったですdelicious。)

晩酌にこれさえあれば、ご機嫌な夫でした。

          枝豆をつまみにビールを飲む夫はもう、ニコニコ!

             ”最高だね!” 毎回この台詞が出ましたね。

 そんな夫が一番喜んだのが、新潟に転勤で行った時でした。

おいしい枝豆がたくさんありました。種類が豊富なのです。それまで、枝豆にいろいろ

種類があるとは知らなかった私は、新潟に行って、スーパーで悩みました。

どう見ても枝豆が並んでいるのですが、POPには 「香り豆」 と書いてあるのです。

<カ・オ・リ・マ・メって何?、枝豆じゃないの?>

これは、やっぱり私には枝豆に見える。・・・think 悩んでしまった。

 そこで店の人に確認。枝豆の数ある品種のひとつでした。早速、購入して茹でていると、

名前の通り とってもいい香りがしてくる。口にすると、香りが味を一層引き立てる。

味も今まで食べていたものより濃い感じがする。 

夫は”おいしいなー!これ!” と感激しまくり。

他にも、・だだちゃ豆(山形が発祥みたいけど、新潟にも)

     ・茶豆(薄皮がほんのり茶色がかっている)

     ・丹波の黒豆の枝豆

      (9月~10月頃の枝豆のシーズンの終わり頃出回る。)

ちょっと思いつくだけでもいくつか挙げられるけど、どれも、かなりおいしかったです。

今住んでいる所だと枝豆のシーズンは8月末頃までなんですが

新潟では、10月まで枝豆を楽しめたのが 亡き夫には何よりもうれしかったようでした。

ほぼ、毎日のように枝豆を食べた私たちでした。

             それも大盛りで!

・・・でも新潟の人たちも枝豆が、大変お好きなようで

打ち豆とかいう、保存食にして冬場まで食べていました。

     ・ ・ ・

 枝豆のおいしい新潟では、当然のこと大豆もお豆腐もとっても、おいしかった。

特に豆腐は、大豆の香りがして味が濃く、最高においしい。最近の豆腐は水っぽい

物が多いけど、ここのは適度な歯ごたえがある。

    ・・・噛んでいると大豆の風味が感じられてくる。

 同じ値段でも新潟の豆腐は今住んでいる所のものと比べ物にならないほどおいしい!

新潟ではどこで買っても当たりハズレがあまりなかったから、

             新潟の豆腐=おいしいと私たちは結論を出したのです。

      

 最近は、時期になるとこちらのスーパーにも 新潟産の枝豆が並ぶようになりました。

地場産の枝豆に比べると、少々価格は高めですが、あの味を又、味わいたくて 

見つけるとついカゴに入れてしまうのです。

       (さすがに豆腐は物産展の時しかお目にかかれませんが)

 後、一か月ぐらいしたら、また新潟産の枝豆が店頭に並ぶと思いますが、

今から楽しみです。

そんな枝豆は、いつからか亡き夫にも負けないほど、私の大好物にもなっていました。

« 音の持つ楽しさを発見! | トップページ | 月命日の墓参り »

夫の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/45214791

この記事へのトラックバック一覧です: 亡き夫の大好物・・・枝豆:

« 音の持つ楽しさを発見! | トップページ | 月命日の墓参り »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ