無料ブログはココログ

« 私の庭木の害虫対策 | トップページ | 決断の捺印 »

2009年6月17日 (水)

愚痴って、嘆いて 次へGO!

・・・私は元気です!

人前ではいつもそんな顔をして、私は立っている。

突然夫に死なれて、まだ一年半。

    心から笑えた日が何日あっただろうか?

    心から楽しめた日が何日?・・・??     ・・・本当に数えられるほど。

 元気に見せていないと自分がダメになってしまいそうに思うのと、

”あの人は、夫を亡くしたかわいそうな人なのよ。” って見られるのも不本意だからと 

虚勢を張っている。 ・・・だから、人と会う事が多いと とても疲れる。

 でも、何かいつもと違う事して気分転換をすると少しだけ、心が重たくなった自分から

抜け出せる気がして いろんな場所に機会があれば出かけるようにしている。

実際、何か夢中になれる事に出会えると、いい充実感を得る事が出来るのも

本当のところ。

  

 しかし、こんな状態だから、人と会話があった時、自分とは違う世界のことを話して

いるように、聞こえる時がある。今の自分は、

<亡くした夫の存在を どう自分の中に置いていくかという事が最大の課題>

という世界に居るから、それ以外の話にはどうしても心から入り込む事は出来ない。

普通に暮らしている人から、夫の事、家族の話が楽しそうに出た時など

当然交わる接点がないのだ。

    ・・・そんな時はそれが仕方の無いことだとわかっていても気が重い。

ただ、その場を繕うための笑顔を作り時間が過ぎるのを待つ。

家に帰り一人になると、ホッとする。語る相手も今はもう居ないが、愚痴や嘆きを呟く。

<今日の話題は、私には入り込む事が出来なかったよ!>

<どうして、あんな話ばかりするのかなー>

しかし、愚痴っても嘆いても現実は何一つ変わらない。

<じゃあ!自分はいったいどう接してもらいたいの?> と 考えると、

今の自分の話をしたくもあり、語りたくもなしと・・・わがままな自分がいつもそこにいた。

  

 そうなの!・・・相手が悪いのではなく、自分自身が勝手に住み分けをしてしまっている。

<この人達と自分はは違う。この人たちは夫がいて幸せな家庭がある> と 勝手に、

住む場所の世界を分けてしまって、自分から相手の話を受け入れていないだけみたい。

<幸せな家庭生活、夫の自慢じみた話は聞きたくない>と

夫と死別した自分を守るためにバリアーを張る。

それが、虚勢を張っていない本当の自分の姿で、家から表に出て人と接しているけれど、

心の引きこもり状態」の私・・・といったところが正解か?

  

 人にはいつか愛する、大切な人との永遠の別れが必ずやって来る。

今、こうして別の世界に住んでいると思える人も、 いずれいつかは今の私と同じ体験を

するのだろう。

本当は違う世界も同じ世界も最初から無く、ひとつの世界。

              でも、夫との死別体験の時期がちょっと違っているだけ。

ただ、それだけなんだから自分の置かれた現状を嘆くことなく、

守るべきバリアーもいらないはず。今の自分を出していればいいんだ。

 自然体で、無理をせず、今の自分のままでもいいから、機会を逃さず、輪の中に

足を踏み入れた方がいい。

人と接していたら、そのうち、心の引きこもり状態も溶けていくかもしれない。

何のわだかまりもなく、会話をすることが出来るかも知れない。

いけないのは、家から外に出なくなってしまう事。

 「 外に出て多少傷つくことがあっても、一人で愚痴って! 一人で嘆いて!

   ・・・それでおしまいにすれば、それでいいじゃない!

                 気楽に考えて、毎日アンテナを外に向けようよ!」

最近、少し精神的引きこもり気味の自分にかつを入れる

« 私の庭木の害虫対策 | トップページ | 決断の捺印 »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/45285316

この記事へのトラックバック一覧です: 愚痴って、嘆いて 次へGO!:

« 私の庭木の害虫対策 | トップページ | 決断の捺印 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30