無料ブログはココログ

« どう整理していったらいいのだろう? | トップページ | おむすびが食べたいな! »

2009年5月23日 (土)

虫が付く前に、庭木の剪定

 ワサワサとたっぷり茂った庭木。重そうなくらい若葉を付けている。

中の方まで枝が込み入っている様なので剪定をしようと思いたった。

日差しが強くならないうちにと早朝から作業に取り掛かる。

  

 脚立を立てて、のこぎりと剪定ばさみを持って作業開始。

この時期はまだ、毛虫・アブラムシなどが発生していないようなので、作業がやり易い。

(毛虫がいると軍手をしていても、刺されてしまうし、

 気がつかないでいると、木の間に顔や手を入れて刺されてしまうので、

 虫がいるかどうか葉の裏など見ながらかなり注意なければいけないのだ。)

木全体の形を整える事が庭木としては一番大事だが、

hairsalon葉っぱ全体に太陽の光がうまく当たる様に、枝の間引きをする。

つまり重なる枝を取り除く。そうすることで、木の中まで風通しが良くなり

虫が付きにくくなる。(虫がついても薬がかけ易い)

hairsalon枝を切る位置も考えなければいけない。

切った所から、数本の新芽が出てくるので、その時のことを頭の中にイメージしながら

枝先だけだったり、幹近くからだったりと剪定していく。

 時には少し離れた所から枝ぶりを見て、切る場所を決める。

・ ・ ・

 昨年は夫の急死があって、この時期にはまだ立ち直れず、

庭木の剪定どころではなかったから、かなり伸び放題になっていたので、

ビシバシ切った。

とりあえず、マテバシイとモッコクの2本の選定が終了。

   

・・・ひと汗かきました。

コーヒーを飲みながら、リビングの窓越しに見る2本の木は、

     なんだか床屋さんに行って来たばかりの夫のようで、少し照れていたbleah

« どう整理していったらいいのだろう? | トップページ | おむすびが食べたいな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/45100607

この記事へのトラックバック一覧です: 虫が付く前に、庭木の剪定:

« どう整理していったらいいのだろう? | トップページ | おむすびが食べたいな! »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30